スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#61 リモコンネタ!ボタンの反応改善&ボタン隠し

rem_0000_DSC00140d.jpg

リモコンネタ2本立て

「アルミ貼りによるボタンの反応改善」
「ボタン隠しカバーの取り付け」

アルミ貼りの方は、多くの先人たちが実績を残しているボタンの接触不良に用いる方法なのでご存知の方も多いと思う。
ボタン隠しカバーは、頻度の少ないボタンを普段は隠したいために考えたもの。 意外と使える感じに仕上がった。


アルミ貼りによるボタンの反応改善

参考記事 でも使用しているMicrosoft MCEリモコンのボタン反応の改善。(MCE=Media Center Edition)


以前、秋葉原のこの辺の通りで思いがけず発掘し光の速さで購入たMCEリモコン。 500円ほどだったか?
レジにて店員から「使えるか否か保証しませんよ」のお墨付きだったのだが(笑)、伏線だったのだろうか?
非常に程度の良いものを手に入れたのだが・・・
rem_10_20141227_132924.jpg



音量調節ボタン2つの反応が悪いというか、深く押さないと機能しない。
不具合・故障ではないのだが個体差なのだろうか? 
rem_11_DSC00142a.jpg



そこで思い立ったのがボタン裏へのアルミ貼り!
導通反応の改善と言うより、ボタン(裏)に厚みを足して早めの反応を期待しよう!



T形トルクスレンチT6でネジ1本外したら、テープはがしカッターを側面に挿し込み、パカッとこじ開ける。
テープはがしカッターは、幅広く・薄い のでキズが目立たないこじ開け作業に最適なのだ)
rem_13_DSC00166a.jpg


ボタンに貼るアルミはダイソーのアルミテープを使う。 測定してみると僅かに抵抗値があったがこの程度は問題ない。
rem_16_DSC00157a.jpg


アルミテープを適当な形状に切る。 このリモコンのこの箇所はLEDの光を通す必要があるので中央は開けた。
rem_18_DSC00162a.jpg


そして問題の音量調節ボタン裏の導通部分に貼り付ける。 これだけ。
(アルミをカッターの先端に乗せながら貼り付け、もしくはピンセットで)
rem_19_DSC00163a.jpg



結果:
これだけで反応が良くなった。普通の押し込み量でも機能する。
アルミテープの厚さは0.1mmに満たない感じなのだが確かな効果だった。






ボタン隠しカバーの取り付け

リモコンで悩むのが、ボタンが複雑だったり普段使わないボタンがあると、高齢の親が
「ボタンが多くて操作に戸惑う」
「誤って操作してしまう」
と言うこと。
説明するより半分隠してしまえ!なのである。


まずは、こんな仕上げを想定する!
rem2_00_DSC02183a.jpg



カバーの素材は厚めの(0.5mm程度?)PETシート(ポリエチレンテレフタレート)を使う。
カッターやハサミで切れるし曲げれば形を保つので利用し易い。 絶縁用途にも使うことがある。
PP(柔らかめ)と並んで良く商品の梱包パッケージに使われる素材なのだが、自分は買い物で梱包素材がPPやPETだと普段からセッセと収集しており(解体・展開してシート状に伸ばして)、何かと重宝している。 厚めのものはなかなか巡り合わない。


PETシートは想定するカバーのザイズに切る。(角は部分的に若干丸めて当たりを優しくしたり)
rem2_10_DSC02167a.jpg


曲げ加工は厚めだと硬いモノを利用しないと綺麗にできない。 今回は適当な金属製のモノを利用した。
rem2_12_DSC02170a.jpg


仕上げはカバーの下を3M 強力片面テープでリモコンへ貼り付ける。
このテープを使う理由は、非常にしっかりしており経年劣化がとても少なく何年も持つので負担感が無いから。オヌヌメ。
rem2_15_DSC02205a.jpg



開閉出来て良い出来具合(笑)
透明がダメならカバーに前出のアルミテープかシールでも貼ってしまえば良いね。




◆感想など

秋葉原のあの通り周辺はジャンク品リモコンがよく売られている。 使うボタンが生きていれば良いか、という感覚で買ったのだが完動品だしアルミテープ利用の改善程度で良かった。
始めに書いた通り、導通不良にも良く用いられているアルミテープ貼りはオヌヌメ。 先人たちに感謝!

ボタン隠しカバーについては、実はコレ親父のTVリモコンなのだが、以前は親父が同じ部分をボール紙で包みセロテープで止めてあり裏の電池カバーまで覆っていた。 汚いし電池交換の際にはソレを剥がさねばならない。 そんな状態のものを見てしまい、もうちょっとスマートにならないか?と思案した結果だった。 手間をかけずに満たすバランス。
自分にグッジョブと言いたい (๑•̀ㅂ•́)و✧



◆活躍した道具たち

テープはがしカッター精密ヘクスローブレンチ(使ったサイズはT6)
(ヘクスローブレンチ、自分はトルクスレンチと言っている。 3.5インチHDDにはT8ネジが多く使われており、廃棄の際の分解(破壊)にも使えソフトウェアで隠蔽作業するよりも早く済む 各種サイズをセットで持っていると何かと重宝する。)
rem_90_DSC02546a.jpg


ハサミ、カッター、カッター作業台(シート)
rem2_90_DSC02180a.jpg


アルミ定規、それと右側のコレは何という名称なのだろう?
rem2_91_DSC02178a.jpg


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

Re: タイトルなし
ほえほえ さん

コメントありがとうございます。
私も受け売りなのでこの方法を編み出した方に感謝しています(笑)
接触不良は、初めは清掃で済ませますが2度3度再発するならこの方法が簡単かつ費用かからず最善だと思います。

> リモコンを分解してみると点灯ボタンが縦長で丸い導電ゴムが3つ並んでいる
> んですが、押す回数で100% 75% 消灯になるだけなのでアルミテープを3mm x 20mm
> くらいに切って3つとも接続されている状態にして組立直しました。

その同列の3ボタンを同じアルミテープで導通してる点、ちょっと気になりますね。 と言いますのは、いずれか2箇所とか同時押し(普通やりませんが)した場合には基板側でも同時押しの2箇所が想定外に導通しちゃいますし。 まあ、電気的に壊れることはありませんので誤動作なければ問題はありませんが。

リモコン、末永く使えると良いですね♪
リモコンボタンにアルミテープ、役立ちました。
うちのNECのシーリングライト付属のリモコンは、とても反応が悪く困っていました。

リモコンを分解してみると点灯ボタンが縦長で丸い導電ゴムが3つ並んでいる
んですが、押す回数で100% 75% 消灯になるだけなのでアルミテープを3mm x 20mm
くらいに切って3つとも接続されている状態にして組立直しました。

テストしてみるとボタンの上の方、真ん中、下の方のドコを押してもばっちり
照明が反応するようになったので本当に助かりました。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。