スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#58 あったらいいな!電源ランプ

HEAT_00_DSC01728b.jpg

流れと出来心で手を付けた結果です(汗)
オヌヌメしない、電気製品への電源ランプの取り付け
必要なお方は初めから電源ランプのある製品を選びましょう(笑)

我が家の極寒の地、冬の脱衣場をある程度暖めたい。 でも場所があまり無い。
昨年の2014年モデルの旧製品 山善 ミニセラミックヒーター DMF-J072(W) をたったの3880円で購入(価格は刻々と変化している)。 本年2015年はDMF-J073 4280円が出ているけれど、スペック上は違いが見当たらないのでお買い得な方を選んだ。
このサイズ&価格にしてセラミックヒーター650Wはいいし仕事をしてくれそう。

・本体サイズ:幅14.5×奥行10.5×高さ24.9cm ・・・小さい!!
・本体重量:1kg
・消費電力:650W
・電気代目安(1時間当たり):18円(1kW/h当り27円として計算)
・安全装置:転倒OFFスイッチ、サーモスタット、温度ヒューズ

購入早々これを見たオフクロさんが開口一番「ランプが点かないとわからないねぇ」。
電源ランプが無い、無いねぇ・・・。 このタイプの安いファンヒーターは無いモノが多いみたいだ。
じゃー、電源ランプ付けましょう!!


もう一度言います。
オヌヌメしない、電気製品への電源ランプの取り付け。


では経緯をば。


◆LED追加の作業

ダイソー150円サージ吸収タップを持っていた事を思い出し、LED基板そのまま流用。
HEAT_10_IMG_7407a.jpg


特殊なネジだが小型4mm幅のマイナスドライバー(ダイソーでも売っている)があれば何とか外せた。
HEAT_11_IMG_7408b.jpg


ご開帳♪ スペックには記されていない、この様なモーターである事も選定理由。(事前にホームセンターで背面から確認)
安い海外メーカーはPC用の格安ファンを使っているものもあり、耐久性に疑問で風切音がうるさかったりするので家族用には選ばない。 やはり日本メーカーがベター。(生産国は問わない)
HEAT_13_DSC01734a.jpg


配線を辿ってざっと仕組みを確認。 LED基板の配線を決める。
HEAT_14_DSC01975a.jpg


重要なのがLEDの配置。 ここが良いだろう。
HEAT_15_DSC01744a.jpg


ハンダ吸い取り器を使いLED&LEDサポーターを一度外す。
LEDサポーターをヒーター本体内の高さに合わせて切る。
元の短いケーブルを外して耐熱ケーブルへ付け替える。
外した短いケーブルはバリスタの足に付けてバリスタを寝かせる。
HEAT_16_DSC01748a.jpg
こっそりガラスチューブをケーブルに履かせているが、無くても良さそう。 通常本体内は高温にはならないと思う。


LED基板を配線する。
HEAT_17_DSC01763a.jpg


LED用の穴あけや、基板のぶつかる部分のカット。
HEAT_18_DSC01773a.jpg


LED基板は特に固定しない。開けた穴に突っ込んでそれで固定。
HEAT_19_DSC01778a.jpg


この通り、電源点けてLED点灯♪ 画像ではわかりにくいが小さくても結構目立つ。
HEAT_20_DSC01781a.jpg


初めからランプがあった様な出来栄え(笑)


以上で作業終了♪





冬、我が家の極寒の脱衣場。 二畳ほどだろうか、空きがここしか無い!て所へフィットしていて早速いい仕事してます♪
電源はアナログなタイマー(オフタイマー)へ接続してON-OFFするのがベター。 例えば、入浴1時間以上前にON~風呂から上がるくらいの時間でOFFになるよう時間をセットする。 これなら高齢の両親も使いやすい。
実は「ヒートショック対策」が目的で置いた。
HEAT_21_DSC01954a.jpg

もう一つ、この大きさならトイレにも人感センサー点けて置きたい。
試運転の限りでは木造2Fなら6畳(木造)でも650Wの効果でほんのり暖めてくれそうだ。

1つ難点を挙げるなら、このヒーターは風切音は静かな方だが、モーター音の低音域が若干「うーーーん♪」と出る。 脱衣室では全く気にならないけど、静かな部屋に置く場合は接地面に防振材(ふかふかな雑巾でもいい)を置かないと響いてしまうだろう。 低音域に過敏な人は注意。



◆感想など

既成品に何かを組み込む場合、電気的な配線は比較的簡単。 だが物理的な取り付け方法はどうしたものか?と悩むことが多い。 今回は高さ調整してLEDを穴に入れただけでうまく収まってしまい、ラッキーだった。





◆活躍した道具たち

プラスドライバー、ニッパー
94_FAN_NIPPER.jpg


ライター(熱伸縮チューブに)、ペンチ類
FRZ3_92_IMG_7912a.jpg


OLFA ホビーのこ 167B(ボールペンほどの大きさ)
OPN_90_DSC00901a.jpg

半田付けセット(参考)
calk_91_HANDA_KOTE.jpg

充電式ドライバドリル マキタ DF440DRFX
(2015/12/1 現在の売れ筋は充電式ドライバドリル 10.8V DF330DWSP バッテリー1個付属 家庭のDIY用途に活躍する)
90_WATCH_TOOL.jpg
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。