スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#54 ホントはもっと出来るヤツ!LEDタッチライトのプチ改造

3LED_TL_00_DSC00050a.jpg

言わずと知れたダイソー「LEDタッチライト」。 これは単3電池4本仕様の大きい方。
手のひらで「タンッ!」と押すと、部屋全体が薄明かりで照らされ便利な・・・はず・・・なアイテム。

だが使ってみるとこんな事が、
・暗闇で使うのにどうして端の指定箇所を探してタッチせねばならんの?
・連続使用するとLEDが切れてしまうぞ!

それに対し行った改造2点。
【端押しON/OFF仕様 → ぷち改造で中央押しに対応】
【過電流でLED切れ → 抵抗値を上げて長寿命化】
made in 中国の不思議仕様を改めた。
今更感だが、前者のプチ改造のアイデアは他では無いと思う。

100均商品はアイデア満載だし「思った通りに(理想)」「末永く使えれば」良いのだけどね、手に入れてみると想定外の仕様(というのは想定内w)だったりして、使い難いわ壊れるわで、
・買い替え需要見込んで作っているのか?
・廃棄物を製造しているのではないか?
なんて思う事が多い。日本人の物を愛でる精神がどんどん崩壊しますな。

自分は親が高齢なこともあり「全ての商品は万人に使いやすくあるべき!」なんて最近良く思うのだ。
所詮は100均!? いやいやそうではないと思う。 自分が改造した作りでも価格は全く変わらない。

ま、いつもの通り粛々(笑)と小細工しますわ!


◆改造2種でより便利商品に!

底面のネジ4本を外す。(プラスドライバー小)
まず中華の謎仕様1つ目がコレ。 透明樹脂の風防?を支えるスイッチ1個とスプリング2個。 何故そこはスプリングなのだ? 設計が大雑把過ぎてカラカラとうるさいから?
3LED_TL_10_DSC00052a.jpg
(元の画像が無かったのでボール紙は切った後のものになっている(汗) )


スイッチと反対側のこのスプリングは、ON/OFFの際は役に立たない余計なストロークである。これが中央押しがし難い理由の1つ。 ここはスプリングの代わりに同じ高さのモノに差し替えてしまおう!
3LED_TL_12_DSC00053a.jpg
※本来、スプリングを差し込んでいる棒がちょっと長ければ(17~18mm程度?)それだけで良い部分のはず。


そのスプリングと差し替える材料。
手持ちの円筒形の材料があったので長さ17mmを2つ用意した。(18mmでも良いかな?)(穴は4、5mm径)
無ければPPとかPET素材(よく製品パッケージに使われている薄いもの)、もしくはボール紙を丸めてテープを巻けば代用できるかも。
3LED_TL_13_DSC00066a.jpg


中華の謎仕様2つ目は、LEDが壊れること間違いなしの抵抗値。
LED保護抵抗を値の高いものに交換するのだが、自分の場合は過電流で切れたLEDを所有のものに交換。
※これは元々付いていたLEDの倍電流を流せる高輝度タイプ。
3LED_TL_15_IMG_6735a.jpg
こっちの方が高輝度でありながら定格の電圧&電流値がノーマル輝度のLED同様だから期待できるかも
→ 「白色 LED 超高輝度 大光量 特大チップ 5mm 帽子型 25ルーメン 20個 50個 100個 セット (20個)


以上のプチ改造を施す。
●スプリング2個を外し前述の円筒形のモノに差し替え。
●抵抗値を20オーム→33オームへ付け替え。(今回は保護ダイオード1N4007も挿入した)
→ 元のLEDのままなら差し替える抵抗値は47オーム1個でオケ。(ダイオード挿入せず)
3LED_TL_16_DSC00057c.jpg
※元のLEDのままなら、抵抗47オームでLED1つにおおよそ20mA流れる計算。
※保護ダイオード1N4007は電池を誤って+-逆にセットした際の保護。無くとも良い。


もう一つ!
実はこの円形のボール紙が災いしていて、外周部分の接触のせいでスイッチのON/OFFがしづらいのだ。
なので、スイッチの内側に収まる円周にカットする。
3LED_TL_17_DSC00061a.jpg
※外れないように3つの穴に微量の接着剤を塗布しLEDの根元付近に固定した。


元通りに組み立てると、手のひら「タンッ!」の中央押しで楽にON/OFF出来た♪
LEDも長寿命化され安心して使える。(LEDが元のモノだと当然暗くはなるが)
3LED_TL_19_DSC00073a.jpg



◆抵抗購入先の例 2015/6/1数量訂正

1) 47Ω 43円(税込)/20本 送料別
2) 47Ω 53円(税込)/20本 送料別
3) 47Ω 50円(税込)/10本 送料別
いづれもワット数は1/4wで問題ない。

参考に、別件で買い置きしていた高輝度LEDはコレ。電池逆挿入を無視して保護ダイオード不要でもいい。
LED 4.8mm 帽子型 白 KD-05W-50MA
Vf:3.0-3.3V If:50mA(50mAまで流せる) 5000~6000mcd 120°
50本セット 1000円

共立エレショップが定形外郵便物の発送に対応していた!こちらでも探してみてはいかが? ・・・2016/4/11追記


このライトは100円の倍以上の価値がある!と思うから多少の出費が出来るワケです。



◆感想など

このLEDタッチライトは優れたアイデア商品だと思う。 寝ぼけ眼の無造作なタッチ1発で6畳程度の部屋全体がボンヤリ浮かぶ。 災害時でも、危険なロウソクを使うよりは良い。
こんなプチ改造で生まれ変わるのだから勿体無い商品だ。 やはり買い替え需要を見越した中華の不思議設計としか思えない。 ダイソーはどう考えているのだろうね?
2008年頃だろうか?LEDを高輝度ドライブする「3LEDランチャーライト」を初めて目撃した年は。 その頃からすでに高輝度ドライブ=過電流で切れたLEDのクレームを訴える客を目撃しているのだから、少なくともお店の従業員はLED商品の不具合を認識している。
実際の仕様面の話をすると、高輝度ではないLEDは約5mA位から光りだし20mAまでが限度。 その範囲なら抵抗値をどこに設定するかは自由で、実用輝度と寿命のバランスの折り合いをどうするか(電池の持ち具合もね)、である。 上述の抵抗値47オーム程度以上でなければならない。 付いている20オームだと計算上も過電流で中華のワナなのだ。(ダイソーのワナ?)
逆に、光らなすぎて困ったLEDライトも若干存在するのだけれど、なんだろね(笑)


◆活躍した道具たち

ニッパー、プラスドライバー小
3LED_TL_90_DSC00784a.jpg

OLFA ホビーのこ 167B(ボールペンほどの大きさ)
OPN_90_DSC00901a.jpg

半田ゴテセット(参考)
calk_91_HANDA_KOTE.jpg


あと、ハサミ(出演辞退されました・笑)

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。