スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#47 Excelアドイン「テキスト貼り付け」「csv読み込み後の整形」

昔作ったExcelアドイン2種。

Windows XP & Excel 2003 の環境で作った。 Excel 2010でも機能する事を確認済。
Excel 2013で動作確認済 ・・・2015/12/10 追記

大きな目的は共通で、
「画面コピー」や「CSVファイル」などのデータベース情報をExcelシートへ移すと、不要な文字列や書式が含まれてしまう。 不要な文字列があるととても不便なため、どちらも効率よく純粋なテキスト文字列を得るために作った。


【 「テキスト貼り付け」アドイン 】

Download : PasteText.rar

WEBページの表(データベース)などをコピーしテキストのみExcelシートへ貼り付けるケース。
テキスト以外の書式がセルに含まれると面倒な場合に。
 ↓
ボタン一発で、
コピー内容からタグなどの属性を無視してテキスト文字列のみペーストする。

【 CSVファイル「空白文字&接頭文字除去」アドイン 】

Download : CHR-EDIT.rar

csvファイルをExcelシートで開くケース。
各セル内の前後の空白や先頭の「'」がある場合。
 ↓
ボタン一発で、
・各セル内の左右の空白を除去する。
・接頭文字「'」があれば除外、そうでない列の属性は”標準”に定義(どちらも標準書式テキストとなる)
 ※ 上から数行のセルをチェックして列毎にどちらかの処理をする。



「テキスト貼り付け」アドインの動作説明など

【 「テキスト貼り付け」アドイン 】

例えば、WEB画面の表をコピーする。
この中には、色、属性、罫線、文字の大きさ、などなど色んな要素が含まれている。
EX1_WS000a.jpg

そのままExcelへ貼り付けると、こうなってしまう。
(各列の内容を見せる都合で、列幅は手動で合わせた)
EX1_WS001a.jpg

だがしかし!!
アドイン「テキスト貼り付け」のボタンを押すと・・・
EX1_WS006.jpg

この様に、文字テキストのみ貼り付けされるというワケ。
(各列の内容を見せる都合で、列幅は手動で合わせた)
EX1_WS002.jpg


多用する仕事なら、この1アクションがどんなに楽かわかって頂けるかと思う。
アドイン導入方法は一番下に記した。



「空白文字&接頭文字除去」アドインの動作説明など

何らかのデータベースから変換したcsvファイルをExcelに読ませた例。
(アドインと一緒に収録したサンプル「DB_SAMPL1.csv」を使用)
こんな風に、文字の先頭にシングルクォーテーションや前後に空白が入る場合があるとExcelの処理上望ましくない。
EX1_WS010b.jpg

だがしかし!!
アドイン「空白文字&接頭文字除去」のボタンを押すと・・・
不要な前後の文字はサクッと除去され、Excel形式で保存を促すダイアログを表示する。
通常はそのまま「はい」を選択するべきだ。(これには意味がある)
EX1_WS011.jpg

前述の保存を「はい」で答えると、シートはExcel形式で保存済となる。
EX1_WS012.jpg


「Excel形式で保存を促すダイアログを表示」の意味。
変換直後にそのままExcelを終了してしまうと閉じてしまう。アドインの編集処理はExcelに履歴が残らないためだ。
また、その後編集が終わった際にcsvからExcel形式にして保存し忘れる可能性もある。
始めにExcel形式で保存してしまえば安心なのだ。




◆導入方法・・・「テキスト貼り付け」アドイン(代表でこれだけ解説)

WindowsXPとExcel 2003の環境で解説。

1.Excelは閉じておき次のバッチを実行。

 [ setup_addin.cmd ]


2.Excelを開き、ツール→アドインを実行
EX1_WS004.jpg


3.「PasteText」にチェックを入れて[OK]を押す
EX1_WS005.jpg

4.シートに「Text貼り付け」ボタンがある事を確認。バーに貼り付けるなどお好みで。
 ※ 他のバージョンだとメニュー「アドイン」に収納されるのかな?




◆感想など

勘の良い人ならお分かりだろう。メニュー操作で出来る事をワンボタンにしただけ。
でも必要に迫られて作った。
PC以外のデータベースからExcelへの情報の引き渡しがシームレスに出来ない場面があって、
人に仕事をしてもらうのに毎回効率と正確性を求める作業が求められたのだ。
システムを作るほどでも無いが、小手先で何とかしたい部分だった。
でもこれは個人的にも使えるので最近自宅で使っている。やはり便利(笑)

作った時の事を思い返すと、アドイン作成の作法というものが訳が分からなくて困った。
VBもVBScriptもある程度出来る。Excelマクロも何となく分かる。
がしかし、Bookを閉じてもそのマクロが残る仕組みとか(コーディングを記録すべき場所とか)、ボタン化したりとか、vbaファイルを作成した後も元のxlsファイルは保管しておくとか、分からなくてWebの情報だけで何とかした。
そして作った後は全てを忘れてしまった。
ビルド&スクラップである(笑)
もう作らないと思うからいいや。

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。