#46 冷蔵庫のドア・ハンドルのメンテ

FRZ3_00_IMG_7843a.jpg
またまた冷蔵庫ネタである。National NR-E40G1-Hの記事3つ目。(過去の記事、その1その2
今度はドアのハンドルが固くなってきた。

症状:
・ハンドルを引く際に負荷か掛かり、ちょっと固い。
・ドアを開けた後、ハンドルが完全に戻らない。
・ドアを閉じると、その勢いでハンドルは戻る。

何処か摩擦で負荷がかかっているか、内部のスプリングがうまく働いていないか。そんな感じ。
10年以上使っているし内部に汚れが溜まって悪さをしているのかな?
これだけ長く使ってきたのだから、稼働部分の不調ならメンテナンスは必要であろう。
と言う事で、分解~メンテナンスを行った。

今回のメンテナンスは絶対にお勧めしない
皆さんは真似しないでね。
何故なら、正しいパーツの取り外し方法が分からず大事な箇所を破損してしまったから。
もし同様のリカバリーが出来るのならどうぞどうぞ!(笑)


◆分解~メンテナンスの作業

【カバーの分解】
隙間がとても狭いので、小さなマイナスドライバーとピンセットの2つを駆使してツメを外していった。(ピンセットである必要は無いのだけれどね)
イキナリ、カバーの下のツメを破損してしまった!・・・リカバリーは後ほど説明
FRZ3_10_IMG_7847_2a.jpg
(恐らく、隙間から細い工具を入れてツメを外す方法が有る)
2016/8/13 追記
同様の修理をされた方のコメントより、カバーの爪を破損しなかった方法として隙間に「潤滑剤(CRC)注入」で爪の滑りをよくしたうえで「スクレーバー挿し込み」でうまく外せたそうです。



【フレームを外す】・・・ハンドルの軸を押さえている
なるべく上下少しずつ(気持ち揃えて)ツメを外して右側に引っ張る。
FRZ3_12_IMG_7852a.jpg


【ハンドルを外す】
まずハンドルを引いて左側の小さな板を出したままつかみ、ハンドルを閉じる。
すると、内部でハンドルと繋がっているその小さな板が外れる。
FRZ3_14_IMG_7854a.jpg


そのままハンドルを右側へずらせば外れる。
FRZ3_16_IMG_7854b.jpg


外したハンドルの様子。汚い(笑)。
ハンドルを戻すスプリングの動きがちょっと固い。
そして、ハンドルの軸の下で抑えている部分が破損している!
取り外しの際に壊したのか?それともハンドルが固い原因の1つだったのか??
FRZ3_18_IMG_7855a.jpg


【破損箇所の補修】
過去何度もやっている金属クリップを使った補修方法を行う。(コレとかコレ
この様に適当なサイズに切って軸を包む様に熱でハメ込む。さらに半田ごてで押し込む。
FRZ3_20_IMG_7862a.jpg


【メンテナンス】
全体の清掃と、摩擦部分に樹脂対応のグリスを塗布。
軸のズレも収まったし、スプリングの動きが軽い。
FRZ3_22_IMG_7871a.jpg
(金属用のグリスは使っちゃダメ。変形や割れの元になるから。)
(こんな安くて良さげなモノもあるんだね→モリブデングリス 87022 10g


【作業中に破損したカバーのツメの修復】
冒頭の分解で破損したツメを修復。これも金属クリップを利用。
仮止めに瞬間接着剤。この様に切ったクリップを熱で串刺しした骨格で補強。
この時に内部でちょっとだけ樹脂同士が溶けて接着するのも狙った。
FRZ3_24_IMG_7880a.jpg
(クリップはちょっとだけ長めのサイズを突っ込む。そして出ている方の先端を熱してさらにずぶずぶっと押し込み、無駄な部分は切る。)
(普通は諦めるところだろうね。でもやる。)


【ハンドルを元通り取り付け】
左にスライドして押し込むとハマる。
そして左側の小さい板はこの通り前から押し込むと中でハンドルにハマる。
FRZ3_26_IMG_7895b.jpg
(取り付け前に、内部の見える部分は清掃済み。軸の周辺とかも。)


【フレームを取り付け】・・・ハンドルの軸を抑える役割
なるべく均等に左へスライドして押し込む。(困難なら上下のツメにちょっとグリスを付けても良い)
FRZ3_28_IMG_7898a.jpg


【最後にカバーを取り付け】
力をかけてしっかりとツメをはめ込む。
浮いていないので修復したツメは問題ないみたい。
FRZ3_30_IMG_7903a.jpg
(ドアハンドルの開閉に問題がある場合、フレームやカバーがしっかりハマっていないと思われる)


完了!
開閉動作がとても軽くてスムーズ♪



◆感想

なんかもう、冷蔵庫のメンテナンスを続けたせいかナメているかも知れない。(基幹部分じゃないけれど)
手を付けてとうとう部品を壊してしまった(笑)
まあ、対応できる補修の下地があったから焦りはなかったけれどね。
処置のポイントはハッキリはしなかったけれど、結果が良いのでおそらく恒久処置はできたと思う。
あまりにスムーズに仕上がったので、しばらくドアハンドルいじって無駄にドアを開け閉めしてしまった(笑)

もし部品交換で処置するなら「ハンドルセットCNRMD-107040 1,800円」(本体NR-E40G1-H グレー色専用)を電気屋さんから手に入れるべし。 私の様に「カバー」を破損する可能性もあるので、あらかじめ手配可能か確認した方が良いかも知れない
※コメントいただいたmisoさんによるとハンドルセットには「カバー」も同梱されていたとの事、ありがとうございます。


◆活躍した道具たち

ピンセット、小型のマイナスドライバー
FRZ3_90_IMG_7909a.jpg


ターボライター、ラジオペンチ、ペンチ・大(刃の部分を使用)
FRZ3_92_IMG_7912a.jpg


半田ごて(参考)
FRZ3_91_IMG_7911a.jpg


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

Re: ツメを破損したパーツについて。
miso さん

コメントありがとうございます。

> 我が家の冷蔵庫も同じ症状になり、だめもとで大手家電量販店に部品を発注。
> 妻の実家がかなりの御得意だったからなのか、誰にでもか、不明ですがすんなりOK。
パナ製品の修理対象部品を取り寄せできるだなんて、運が良いですね。不思議です。


> 先程、引き取りに行き、中身を確認すると、ツメを破損されていたカバーも同梱されていました。
ナルホド、一式揃っていたとφ(..)メモメモ
ツメを破損したパーツについて。
我が家の冷蔵庫も同じ症状になり、だめもとで大手家電量販店に部品を発注。
妻の実家がかなりの御得意だったからなのか、誰にでもか、不明ですがすんなりOK。
先程、引き取りに行き、中身を確認すると、ツメを破損されていたカバーも同梱されていました。
Re: 参考になりました。ありがとう
kitchy さん投稿ありがとうございます。

NR-E400S の販売時期は我が家のNR-E40G1と同時期っぽいですね。 映像探してみると外見が似てますし構造も似たものなのでしょう。 記事がお役に立てて良かったです。

分解方法についてはヒントとなる電気店さんのHP画像を見ていたので、半分は受け売りみたいたものですね。 ただ眺めただけでは無理っぽく思ってしまいますホント。

自分は器用ではないしせっかちなので部品を壊す事が多いのですが、あのカバーを壊すことも無く修理されたとの事でビックリしました。 潤滑剤の注入とスクレーバーの作業はとても参考になるので、是非記事追加させていただきます。
参考になりました。ありがとう
我家の冷蔵庫はナショナルNR-E400Sです。ドアハンドルにガタが出てきました。
修理をしようと思い立ちましたが、さて、取っ掛かりが見つかりません。さすがはナショナルというべきか、隙間もみつかりませんでした。
本記事でカバーのはずし方や爪の形や位置がわかり、分解することができました。特に、爪を折ることがあるという記述は参考になり、慎重に力を加えて無傷ではずすことができました。その後の、部品のはずし方の写真も参考になりました。無ければやり方を捜すのにもう1日を要したことと思います。ガタの原因は本記事と同じように金属棒の支え部分が割れていたことによります。
無事に修理ができました。ありがとうございました。
作業に当たって、外観を傷つけないように隙間の周囲にマスキングテープを貼りました。隙間に薄い金属板を差し込みますが、百均で買ったスクレバーを使いました。その隙間からCRCを吹き込んで、爪のすべりを良くしました。役に立ったのかどうかわかりません。まあ、おまじないのつもりで。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)