#41 内蔵電池を普通の充電電池へ!電池ケースを改造してみた。

MOUSE_00_IMG_7326a.jpg
レアな記事かもです、ごめんなさい(笑)
いやいや、色んな内蔵電池を使う機器に適用可能かも知れませんよ!


◆劣化した内蔵電池の代わりをどうすべきか

使用中のマウスの充電電池のもち、充電の挙動が怪しい。
充電器側の接点には気をつけ稀に清掃するので電池側の劣化だろう。
使っているマウスはコレ。

空中でもカーソルを操作できる無線マウス!
BUFFALO BOMU-W24A/BL

2006年発売の製品なのだがとっくに販売終了しているし、バッテリーパックBOMU-Bは探したが見当たらない。
海外ではまだ同様の本体とバッテリーも売っているが、ハテ??
いや、純正品はもうどうでも良かった。
結局!
電池ケース内を汎用の単三電池仕様にして(端子を作って)、エネループに交換してしまった。

~ 思考ルーチン ~
だって、本家と思われるココでも専用バッテリーは$24.99だよ!
最近のドル円相場は103円台だから単純計算で2500円程度。
(いや輸入品注文を想定しているのではなく基準のために計算しただけ)
国内で見かけたならもっと高価だろう。
 ↓
どうせこのニッケル水素電池は単三サイズ1.2vを2個押し込んでいるだけでしょ?
 ↓
結論!
①コードレス電話のバッテリーを流用する?・・・コネクター除去して半田付けで完了
    or
②エネループでも入れてしまおうか?・・・ケース内を加工する


あー!
「エネループに半田付けしてコードを付ける」
なんて馬鹿な事しちゃだめだよー!! 加熱は科学的にアウトだ。

  2014-09-11 追記
  尚、上の専用バッテリーパックの様に電池同士を接続する加工は半田付けではない。
  「スポット溶接」と言ってバッテリーセル内部に熱を伝えずに物理接着する方法だ。
  スポット溶接機はあるお店に伺うと100万円するとの事だった。
  んな事考えるのは我々庶民には無駄である。欲しいケドね(笑)

しばし迷った挙句、適当な材料も道具もあるので②を選択した。
どうせならバッテリーは、
 「国内製造」 「適当な容量」 「充電可能回数」
は選びたいからね。
もし道具や材料が無いのなら①でお手軽に済ませるべきだ。
「ニッケル水素 子機電池 2.4v」でググって同じサイズ(単三 2個分)を探すべし。

電池の容量に注意!
実は充電回路は様々なタイプがあり、例えばリスク回避などのためにある充電時間を超えると充電を停止する回路も存在する。 このマウスの充電回路は不明だが・・・
さて、電池パックをこじ開けたところ(下の作業を参照)1300mAhだったので同じ容量のものを買うべし・・・って、そんな容量の製品は無いのでより近い容量を探そう。
①の場合、その容量以上だとコードレス電話の電池は2000mAhばかりだが、もしくは1800mAhだと
N-113/UBATN0113AFZZ という製品もある。
勿論1000mAhでも良いがそれじゃーねぇ。

と言う訳で自分はこの仕様のエネループをマウスの電池ケースに押し込む事にした。
 「ニッケル水素」「2本直列で2.4v」「1900mAh」「日本製」「繰り返し約2100回可能」 
MOUSE_02_IMG_7356b.jpg


◆手術・・・ではなく、殻割りと電池交換の作業!

この電池ケース本体は、キズを付けずにどう開ければ良いものか??
持っている一番小さなマイナスドライバーを継ぎ目に差し込み、スライドして接着を剥がしていったらあっさりと開いた!
MOUSE_10_IMG_7329a.jpg

電池の仕様などはこの通りである。
「ニッケル水素」「2.4v」「1300mAh」「2006年10月18日充電」
MOUSE_11_IMG_7336a.jpg

電池ケースに取り付ける端子を作る。
土台の基板を用意。(サイズは画像参照)
MOUSE_12_IMG_7339a.jpg

端子は燐(りん)青銅板、厚さ0.2mmの板をハサミで切り出して加工。
MOUSE_13_IMG_7355a.jpg

端子を土台に取り付ける。
スズメッキ線でくくり半田付けを行い、画像には無いが若干銅板を基板に半田付けしている。お好みで。
MOUSE_14_IMG_7354a.jpg

試しに端子を一度セットしてみて、厚みを確かめる。
MOUSE_15_IMG_7363a.jpg

逆側の端子は、付いてるバッテリーを外し、残っている半田を除去する。
この端子はそのまま電池へ接触させるため、いい具合に曲げる。
MOUSE_16_IMG_7368a.jpg

先ほどの基板の端子はグルーガンを間に落とし、素早く押し付け接着させる。
MOUSE_17_IMG_7372a.jpg

すると、具合良く単三サイズが収まる。
(接点洗浄剤、復活剤などを塗布しておくと良い)
MOUSE_18_IMG_7374a.jpg

迷ったのが、ケースのフタをどうするか?
取り外しを簡単に出来ないか考えたが思いつかなかったので普通に接着した。
(劣化する何年か後はコレ使っていないでしょ)
MOUSE_20_IMG_7376b.jpg

無事、充電ランプは点滅~点灯で充電完了!
MOUSE_21_IMG_7642a.jpg


終了♪


◆お手軽に電池の端子を調達する/他の充電式の製品について

電池の端子は、例えばこんな100均のランプで単三電池タイプのものが使えそう。
MOUSE_24_IMG_7629a.jpg

電池ケースの端子を流用できそうだ。
MOUSE_25_IMG_7630a.jpg

最近、劣化したコードレス子機の電池を何も考えずに交換したが、これも端子を用意してしまえばエネループ化は可能だろう。 などと思ったりしたが、互換電池はたかが870円だったから無理する事は無い(笑)
MOUSE_30_IMG_7379a.jpg



◆パーツ購入先の参考
共立エレショップが定形外郵便物の発送に対応していた!こちらでも探してみてはいかが? ・・・2016/4/11追記



◆感想

またクダラナイ改造をしてしまった(笑)
純正品(専用)とか費用がかかるとか嫌いなのね、わし。


◆活躍した道具たち

マイナスドライバー(極小)
MOUSE_90_IMG_7637a.jpg

半田ごてセット(参考)
MOUSE_91_HANDA_KOTE.jpg

ヤスリ、プラスチックカッター(参考: OLFA PカッターS型 204B
MOUSE_92_IMG_6838h.jpg

金属クラフト
MOUSE_93_IMG_6261.jpg

グルーガン
MOUSE_94_TOOL3.jpg

クランプ(小、ダイソーで購入)
MOUSE_95_clamp_a.jpg

半田吸い取り器(参考)・・・半田付けやるなら漏れ無く揃えるべき
MOUSE_96_IMG_7643a.jpg
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)