スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#40 風呂場の床タイルの目地を修復

meji_00_IMG_6970a.jpg
2014/8/20 記事追加

風呂場のタイルの目地を3日がかりで修復! 最後の丸1日は乾燥だけね。
広さは 80cm x 110cmの決して広くはない面積だけれど、経験が無いから「大胆かつ繊細に」の大胆が出来なかった。 それと、古い目地を削る道具の選択を誤ったため時間が掛かってしまった。
慣れれば作業1日、乾燥1日の2日間で済むかも知れない。

今回の修復作業の肝はタイルのマスキング。
普通は目地材をそのまま(マスキングせず)溝に埋め、タイルに残った目地材を手早く拭き取る。
がしかし、WEB上の経験者談を調べると、タイルにハミ出た目地材の拭き取りに苦労している様子をみかける。
うちはタイルが正方形かつ一定で大きめ(約10cm x 10cm)だったので、綺麗に仕上げるマスキングを選んだ。
引き換えに4時間も要してしまった。
プロには笑われるけれど、いいのだ!早さを追求する必要は無いのだ。

作業を終えて先に感想を述べると、小学生の図画工作の様だった。
目地塗りをじっくりと綺麗に仕上げていく感覚は、造形物の作品の出来栄えに満足するかのよう。
楽しく作業が出来ればいいと思う。


◆気がつけば横ハマ・・・横縦の方向にたくさん欠けが!!
ある日何の気無しに風呂の床に目を凝らして見たところ、異常に気が付いてびっくり! 目地がボロボロだ!!
どこかで部分的には気がついていたが、その症状が広がっていたなんて。

しばし思案し詰んだ。
早急かつ自力でやらねばならない!

・こんなの放置しちゃまずいでしょう。(タイルの下地が心配だ。その修復はやりたくない。)
 ↓
・プロに依頼したら万札が飛ぶでしょ?(相場は知らないけれど。)
 ↓
・こんなモノ自分で出来ない事は無いでしょ?
 ↓
・間もなく猛暑がやってクルーーーー!! 作業が大変。
 ↓
・直すなら今でしょ!!

修復方法をネットで調べ、材料・道具の調達に走った。


具体的にタイルの目地を直すとは?
WEBで確認したところ、おおよそこんな段取りだった。

・古い目地は削る・・・状態の悪いまま埋めても剥がれる可能性が大きい
・湿った状態で目地材を埋める・・・目地材をしっかり付着させる
・修復した目地は十分感想させる・・・使用に耐える状態にする


目地材を買う
目地材は近所のホームセンターに訊いた。思い立ったら吉日!
風呂場なら壁でも床でもこれで良いらしい。(セメダイン㈱にも確認済み)
一箱500gで1~1.5平方メートルが目安のため、現場の0.8x1.1mなら一個で十分と判断。
「施工後12時間で硬化」とある。素人には速乾よりこの位余裕があった方が失敗しないだろう。
価格は348円(税抜き)だ、安い!!
meji_01_IMG_6969a.jpg


準備として重要なのがタイル目地削り。古い目地を削る道具。
ただし今回は使わず。
meji_06_IMG_7095a.jpg
この存在に気付くのが遅く、目地修復後にホームセンターにて購入した。(次回のために)
WEBで調査したDIYの例ではドライバーなど有りモノで対応していたものばかりだったため、自分も真似したのだった。
ドライバーの先が削れて原型を留めなくなるので真似しないこと! ああ失敗!



◆目地の修復(1日目)

準備(前夜)
・最後の風呂上がりで床&目地をシッカリ清掃。自分はカビ取りスプレーを使った。
・そして、バスタオルで床の水分を拭き取る。 ・・・マスキング目的
・朝まで換気扇をかけっぱなしにして終了! ・・・マスキング目的


当日
目地全体を削る。完全でなくともとにかく全体を削る。
meji_04_IMG_6976a.jpg


専用の工具でないとこういう事になるのだ。元マイナスドライバー(笑)
meji_08_IMG_7001a.jpg


そしてタイル全てをマスキング。
(カッターはテープを浮かせて切る。ハサミの方がキズ付ける心配はないかも。)
マスキングテープは「粗面用 得々シーリングテープ4本入り」を購入し、2本目ちょっとを使用した。
meji_09_IMG_6998a.jpg
実は、タイル全体を囲むマスキングテープを貼り忘れている(笑)
翌日気がついて貼った。


普通はこんな事しませんよー(笑)目地材を塗り込んでタイルを拭きまくるのがセオリー


朝9時から始めてすでに夕方!家族が風呂に入るために保護の処置をしなければ。
マスキングテープを維持したいので100均のレジャーシートで覆った。
ビニールテープで周囲の壁に貼り付け、排水口だけに水が落ちる様にセット。
(ビニールテープは透明のやつ。新しいものが良いでしょう。他はノリが残るものがあるので要注意。)
meji_10_IMG_7010a.jpg


風呂を使い終わったら
・レジャーシートの水分は拭き取り、シートは取り除く
・床の水気を拭き取る。
・換気扇を朝までかけっぱなし・・・マスキング保持のため

1日目、終了~!
目地削りに4時間、マスキングに4時間もかかってしまった。
工具が悪かったのと、不慣れが原因。



◆目地の修復(2日目)

床は乾燥している。
前日、マスキングテープが若干剥がれているところを貼り直し2日目の作業を開始。

目地材の調合は「目地材500gに対して水150~106cc」とある。
具合を確認のため、半分以下の「目地材150gに対し水50cc」で練り合わせた。
あまり水っぽいよりも「粘土」に近い感じに調整 2015/12/4追記
目地材を運ぶのに使用するのはちょっと大きめのスポイト。100均の灯油関連コーナーにあったもの。
当時はこうしたが小さいヘラで取って塗る方法で良い 2015/12/4追記
meji_15_IMG_7026a.jpg



先に目地材を埋める範囲の溝に水分を微量吹き付けておき、それから目地材を埋める作業を行う。
・スポイトで目地材を埋めていく。・・・当時はこうしたがヘラに盛り埋めていく方法で良い 2015/12/4追記
・目地材をしっかり埋めるためにヘラを突っ込み気泡を追い出す。
 ↓
・ならして整える。
meji_17_IMG_7035a.jpg


十字部分は四方が盛り上がってしまうので、交差点から四方に押し出す感じでならしてみた。
注)普通こんな小さなヘラは使わないが、マスキングから外さず細かく補修する事を選んだ。
meji_18_IMG_7040a.jpg


全体を埋めたら、一時的に乾燥を早めるために扇風機を利用した。
meji_19_IMG_7053a.jpg


2時間経過した頃、乾燥途上だがマスキングは取ってしまう。
大量に出るクズは速やかに掃除機で吸い取る。(ノズルは溝に当たらぬ様注意。)
meji_20_IMG_7056a.jpg


ダンボールに乗りながらの作業(笑)
meji_21_IMG_7062a.jpg


微妙にタイルに飛び散った目地材を濡れタオルで拭き取る。
meji_22_IMG_7066a.jpg


よく全体を見ると、目地材を塗りこんだ際に気泡が残り穴が出来てしまった箇所があった。
meji_23_IMG_7074a.jpg


速やかに穴に目地材を入れ込み(軽くたたき)、ならす。
そして扇風機で修復場所へ風を当てる。
meji_24_IMG_7082a.jpg


ここで2日目の作業終わり。
床いっぱいにダンボールを敷き直接目地に圧力を掛けない工夫をしたうえでカバーを掛ける
試しに100均のバイクカバーを使ってみた。(昨晩の様にビニールテープ止め)
meji_25_IMG_7085a.jpg


2日目、終了~!
この通り、風呂場はいつも通りに使えるのだ♪
風呂を使い終わったら、昨夜同様に床を乾燥させる。
・カバーの水分は拭き取り、ダンボールと一緒に除去する
・床の水気を拭き取る。
・換気扇を朝までかけっぱなし




◆目地の修復(3日目)

昨夜から6時間は経過しただろうか。
換気扇に加え、朝から扇風機で床の空気を流し乾燥を早める。夕方までこのまま放置!
meji_28_IMG_7087a.jpg


 ~夕方まで放置!~


夕方、昨夜からの乾燥を含めて18時間以上はかけた。もう実用に耐えるだろう。
念のため、使用前に目地全体にロウを塗った。 →今はコレ続けていない。中途半端に残ると汚れが付くみたい。
事後処理でブラシで清掃するより、事前に汚れを回避できればベターだと思う。
meji_29_IMG_7141a.jpg
修復によって一旦綺麗にすると、ずっと綺麗でいて欲しいという思いがとても強くなるものだ。

3日目の夕方、作業完了である♪


◆ところで、何故目地がボロボロに欠けていたのか

タイルの目地は扱いに注意せねばならないそうだ。
・セメント系目地は酸性洗剤に弱い。もし洗浄に使う場合はしっかり流さねばならない。
・頻繁にブラシで力をかけて洗うと摩耗が早い。→これが一番マズイらしい

そんな事、全く知りませんでしたよ。
ここ数ヶ月は頻繁にゴシゴシ洗っていました。私が悪うございました(泣)
そして、セメダイン㈱に目地材の話を訊いたときにヒントをいただいた。

目地材はわざと強度の弱いものにしているらしい

理由、
僅かな家のゆがみなどの時に、タイルに大きな力がかからない為にはタイルと同じ硬さではダメなんだと。
つまり、モロさゆえに掃除には気を使うし消耗品と考えるべきだと理解した。
なるほど!


◆感想

1日で終わらない作業であるし、未経験の事だから、
事前に段取りをしっかり想定して材料と道具は漏れなく用意したつもり。
心身のためにミネラルウォーターとラジオも用意した。
初日の作業が手間取り焦ってしまったが、最後、想像以上に綺麗に仕上がったので安堵した。
目地材は長時間で硬化するタイプを選択して良かったと思う。
かかった費用は3000円程度だろうか?
さて、どの程度費用が浮いたのだろう?
これも満足度の1つね(笑)


◆材料、道具

1日目
・タイル目地削り
・ハケ(目地削り後の掃除)
・掃除機(目地削り後の掃除)
・マスキングテープ(うちはタイルが細かい凹凸のため粗面用にした)
・カッター
・レジャーシート
・ビニールテープ

2日目
・目地材(セメダイン タイル目地材 箱 500g 白 HJ-114
・計量カップ(メモリの数値は、目地材の量を考慮して)
・スポイト(大)(100均の灯油関連コーナー) ・・・適当な大きさのヘラで良い 2015/12/4追記
・スプーン(プラスチック製、100均)
・スプレー(目地材を塗布する箇所へ水を吹き付ける、100均)
・ヘラ(大きさは作業方法に合わせる。自分は接着剤添付品を利用)
・扇風機
・ゴミ袋(乾燥した目地材のゴミの掃除)
・ダンボール(目地を痛めないため床に敷く)
・濡れタオル、またはウェットティッシュ(タイルの余分な目地材を拭き取る)
・レジャーシート
・ビニールテープ
・タオル(床の水気を拭き取る)

3日目
・扇風機
・ロウソク(これはお好み。目地に塗る)


◆その後のタイルのお掃除 ・・・2014/8/20 記事追加

何しろタイルの目地は消耗品。
小まめにブラシでこすらず、たまにカビ取り剤の力でガツン!と汚れを落とすのがベター。ブラシは優しく。
自分はダイソーのこれだが、意外にも強力。(詰め替え用は400ml)
他の製品同様、酸性の製品と混ぜて揮発する気体を吸い込まない様注意が必要だ。
meji_30_20140820_115621a.jpg
2014-9-20 記事追加
ダイソーのソレが製造終了してしまったらしく(店員さんの話)販売していない。
100均ならセリア、その他のスーパならトップバリュで400mlの税抜き価格が119円だった。
2014-10-01 記事追加
ローソンストア100でも販売中だった。


こんなローテーションになりつつある。
<毎日>
○入浴最後に温水シャワーを強めにタイルに当てつつ、手でなでて流す。・・・効果大
 (夏、熱気が気になるなら冷水シャワーをかける)
○タイル全体の水気を、手で(ヘラの様に)排水口へ流し出す。・・・早めに乾く!
○換気扇をかける。(スイッチはタイマー式に換えてあり2時間かけ、あとは窓で自然換気。)

<週一>
○入浴最後、カビ取りスプレーをタイル全体にかけ5分ほど待ち(風呂に浸かりつつ)、軽くブラシでこすり洗い流す。
 (ブラシの重みx2で洗う感覚)
○タイル全体の水気を、手で(ヘラの様に)ワイパーで排水口へ流し出す。・・・早めに乾く!
○換気扇をかける。

<月一>
”週一” 同様の掃除を行った翌日、目地全体にロウを塗る。・・・今は様子見でやめている 2015/12/4


<毎日> ・・・2017/10/15 記事追加(改定)
段々と、最小限で効率的なやり方に変わってきて、最近では入浴最後に温水シャワーを当てながらスポンジで洗浄。(四方の壁も目線の高さまで洗う)
カビ取りスプレーはほとんど使用しなくなった。半年に一度くらいだろうか。


せっかく綺麗になった目地だから、綺麗な状態は維持していきたい。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。