#34 炊飯器のロック機構を補修

cooker_10_IMG_6805a.jpg
「炊飯器の蓋がしまらない」
そう聞かされ、蓋の裏でご飯粒がミイラ化しているのかと思いきや、言われて見てみればこの通り!
2009年8月に購入したタイガー炊飯器なのだけれど、2014年5月現在、5年経過してこんな所が壊れた。
炊飯器の寿命に突入しているのか?新手のタイマーなのかも知れない(笑)
がしかし、さらさら買い替えるつもりなど無いのであーる!

◆早々に修理!
破損したスプリングは見たところステンレス製。
そりゃそうでしょう。熱帯雨林の様な蒸気にさらされるのだから。
さて、所有のスプリング・コレクションの中から近い直径のものを取り出してみた。
長さを合わせる(テンションを合わせる)ためにカット。
cooker_12_IMG_6802a.jpg

他には、、、
応急処置でよければボールペンのインクの先にあるものが直径が合いそうだ。
切って長さを合わせれば代用可能。
恐らくステンレス製では無いが錆びる前に交換すればいい。
cooker_13_20140521_114008a.jpg

スプリング取り付け!
ピンセットで落ち着いて、丁寧に。
(ロック機構を外す手もあるが、両側の突起物など破損したら嫌だしそのままで行った)
cooker_14_IMG_6816a.jpg

ロック機構は修復完了!
炊飯機能としては使えているし、炊飯器さま、これからも何卒よろしくお願い致します♪ m(_ _)m
cooker_15_IMG_6821a.jpg


◆感想など
スプリングは消耗品である。
欲しい時に同じものが手に入る確率なんてまれだから、色んな廃棄品からスプリングは取り出して保管している。
だから、こんな風に即時補修が出来る訳だ。
DIYな人は普段使う予定が無くても捨てる事はありませんよー。アンチこんまり(笑)
言いたいことはそれだけかな(笑)
炊飯器に感謝しつつ、これまで通りこれでご飯をいただけると思うと有り難いです。

2014-6-12 記事追加
あーそうそう!この炊飯器は時々蓋が閉じなくなる。原因の100%は蓋と本体の間に「ご飯粒」が挟まるため。
過去何度も買い替えているが、そんな事は無かったぞ!!
何が問題なのだろう?いや、逆に過去使っていた炊飯器は何故そのような事が全く無かったのだろう?


◆お世話になった道具

ペンチ・大(刃の部分を使用)、ピンセット
cooker_90_IMG_6824a.jpg
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)