スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#27 自転車用ヘッドライトの盗難防止

10_CIC_LIT_IMG_6314b.jpg

小ネタだけれど大事な対策。

ハンドルに付ける様々なメーカーの乾電池式ヘッドライト。
着脱簡単な設計思想は20年位変わっていないと思うのだけれど、どうなのよ?
世の方々は自転車を降りると毎回ライトをブラケットから外して持ち歩くのだろうか?
バッグを持つ事前提?
盗られる事を考慮していない設計、と思ってしまいますね。
自分は買い替えるまで付けたまんまで良いですわ。

過去何度も買い換えたのだけれど、初めはやっぱり盗られた。
今回のお題のお品である「CATEYE HL-EL510」もやはり工具を必要としない着脱構造だから、そのままだと直ぐに外されてしまう。
がしかし、この製品は盗難対策にはとても良い作りをしていて、少ない加工で済んでいる。
2005年に買って今まで盗られていない。


◆盗難対策の加工

2005年に買った時の標準ブラケットは「H-32」で、これは盗難対策が可能。
現在はオプション品になっている。
自分の自転車はハンドルの径が約24mmだったがこれで調度良い。
径がより太い30mm前後なら「H-31」の選択になる。
現行品の添付は「H-34N」らしいが、これは盗難対策の可能性については不明。
15_CIC_HL-EL510b.jpg

盗難対策・その1
ブラケット「H-32」のネジに注目!
このブラケットをハンドルへ取り付け、ねじ回しのハンドルを閉めきると、ネジ穴から出る。
すると、ライト本体のロックレバーが動かなくなる=外れなくなる。
(取り付けるハンドルの径が25mmより大きいと、はて?)
17_CIC_41IqepYHOsLc.jpg
ライト本体はこんな感じでネジが当たり潰れてしまうが、ネジを下げて強くボタンを押せばなんとか着脱は可能。
生産終了モデルなのだが「H-32」を利用できる同じロック機構の現行モデルも可能かも知れない。
狙い目は、HL-EL540、HL-EL340だろうか??


盗難対策・その2
そのねじ回しのハンドルに穴を開けて、ハンドルに取り付けたホースバンドと一緒に小さな「南京錠」で固定する。
これでブラケットのネジは回せない。
11_CIC_LIT_IMG_6298c.jpg


ところで、、、

上記画像のタイプのホースバンドは現在販売していない様子。
別にホースバンドで無くても代用できる物があれば良いのだが、、、
以前の記事で紹介した「ステンレス曲げ板」約10cmでも良さそうだ。
ハンドルに沿って曲げ、鍵を通す穴の部分は曲げ板の両端の穴を重ねれば対応出来ると思う。
21_CIC_bar.jpg
ダメな例はナイロン製の結束バンド。耐候性が無いタイプは半年ももたずに割れる。

あ、何故南京錠である必要があるかって?
考えた末これが防犯には簡単確実だから。他に何があるだろう?


最後に盗難対策・その3
2005年に買った「CATEYE HL-EL510」は電池蓋(フタ)(LEDのある)はネジを外す様に回して外すのだか、本体の前方下に穴が開いており、3mm径のネジを突っ込むと蓋が回らなくなる。
よく見ると画像の様に蓋側の下に半円形の溝があるのだが、本体側の前述の下の穴に合っている。
これなら勝手に電池を盗られない!
18_CIC_IMG_6302b.jpg

1つ懸念があるとすれば、ライトを水平に取り付けていると電池は出て来ない。
自分はセオリー通りに地面に向けて照射する角度だから、フタを取れば電池が勝手に降りてくる。
まあ、水平だと前方の人に迷惑だから下向きにすべきだ。
※ヘッドライトだし、下向きでも光源は前方から認識できるから問題無し。


自転車のライトを盗むなんて、出来心だからね。
わざわざ計画的に道具を持って盗るヤツは・・・なかなかいないと思う。


◆感想

まず一言。
必要なら鍵くらいは買うよ!だからメーカーさんには設計思想を改めて頂きたいね!
出来心の盗っ人対策だけで、ほぼ盗難は防げるよ。
儲けたい気持ちは分かるケドさ。
ゴホン!
これの一つ前に付けていた他社製アルミボディーの場合はワイヤーを巻いて引っ掛け処を作るのに苦労した。
加工を考えるとヘッドライトはプラスチック樹脂の方が有利。
そして、余裕のある作りが良い。
輝度ばかりに注目するのではなく、全体を良く観察してから購入すべし。


◆お世話になった道具

プラスドライバー(小)
92_crs3_IMG_4987.jpg
充電式電動ドリル
91_FAN_E_DRILL.jpg

今回も道具に感謝!
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。