#26 自転車のチェーンからズボンの裾を守ろう!

00_crs3_sl_Lb.jpg
日常でお世話になっている物。自転車は間違いなく上位ランクだ。
小学生の頃から数えて8台目だろうか?
そんなに買い換えているんだねぇ。結構びっくり(笑)
いつも有難うーーー♪

今所有の自転車は2004年に買ったロードバイク「GIANT SRC3」。気が付くともう9年も使っている。
大幅に記録更新中だ!またびっくり(笑)
トラブルはBB(ボトムブラケット)不具合とパンクが最初の一年目にあっただけでその後は何事も無い。奇跡かも。
BBって両クランクの間にある軸の部分ね。カクカク違和感が直らずに無償交換してもらった。
しかし、日常で乗る自転車としては唯一泣き所があった。


◆標準でチェーンカバーが無いなんて!

購入するまでに全く気が付かなかった事がある。
以前の自転車には標準で付いていたチェーンカバーが無い!
そんなものなのか?コレじゃズボンの裾が油まみれになるじゃんか!
衣服に優しくない自転車もあるもんだと思った。
自転車が趣味の方から言わせるとそれが標準なんだろね。

しばらくスーツやジーパンの裾にバンドを巻いていたりしたけど、それも何だか面倒になってきて、
こんな物を付けた。ギアカバーとチェーンカバーだ。
10_crs3_mg10_2.jpg

これで済めば良かったのだけれど、衝撃や何かの拍子に引っ掛けて壊して何度か買い変えた。
そして、やはり時々裾を確認すると油汚れが付いてしまっていた。
チェーンに当っているとしか思えない。
自転車は趣味ではないし、基本、面倒くさがりで数年間放置してしまった。
原因はこの↓隙間だろうなーと考察はしていたケドね。
12_crs3_20130907_173210b.jpg


◆逃げちゃダメだ!

車とか自転車の事って、基本面倒であまりいじらない。
でも、物事の解決にはちゃんと正面から問題を見ないとイケナイ!
どっこいしょ!と重い腰を上げて自転車の観察からしてみた。

調べると、この自転車は純正のチェーンカバーの類が無いらしい。(今頃かい!)
何か適当な部品を用意して、右の足元とチェーンの間を仕切って接触を避けたい。
・自転車のチェーン周り、ネジ穴とか、何か取り付け出来るかを想定してみる。必要な寸法を書き留める。
・ホームセンターで、取り付けられそうな部品を手当たり次第に物色する。
・出来上がるモノが「美観」としてはどうか?考慮する。

部品の取り付けの想定とか、寸法のメモは必ずやろう!←コレ大事
12b_crs3_20130930_005610c.jpg
自分にしか分からない(笑) ケド、毎回何かしら組み立てが必要な時は描かないとアイデアが出ない。

アイデアを練った挙句、ホームセンターで部品を調達。
結局、長い棒状の物でチェーン付近を覆う事にした。
特に足元付近は十分な対策を。
ネジ穴の無いところはパイプを掴(つか)む部品を探した。→パイプセッタークリップ
13_crs3_IMG_6017b.jpg
・曲げ板 481mm 300円 /曲げ板 193mm 220円
・パイプセッタークリップ 径25 DB2125K 48円 / 径36 DB2136 100円
(ねじ類は持っていたからタダ)
(ATBギアカバー MG-10 1300円くらい)

自分の場合、上図のチェーンカバーの取付金具を流用するので、ネジ穴は5mm必要。
後輪付近のネジ穴も5mm。パイプセッタークリップは4mm穴。
だから、ステンレス曲げ板は、元々の穴を広げた。
14_crs3_IMG_6018b.jpg
どうしてもドリルを使いたくない(持ってない)場合は、部品の調達をもっと検討してから本題に入ろう。
↑ ココ大事!
15_crs3_IMG_6017.jpg


◆取り付け

元のチェーンカバーを外す。
取り付け金具は流用し、ネジ穴が自転車の側面になる様90度曲げる。
17_crs3_IMG_6020b.jpg

更に、取り付け金具は曲げ板のネジ穴が合う様にペンチで曲げて調整する。
(元から何も無い場合は、パイプセッタークリップを取り付けて曲げ板の方を曲げてネジ止めかな?!)
18_crs3_IMG_6023b.jpg

もう1つ、短めの曲げ板を縦方向へ付ける。
ネジ止めは、この様にパイプセッタークリップと長い曲げ板のどこか、2箇所。
曲げ板は上の方が余ったので、内側に曲げてみた。
19_crs3_20130929_134426b.jpg

!! 以上、終了 !!

2014/06/26 記事追加
一番長い481cmの曲げ板が、足を引っ掛けて曲がってしまった。
支障は無いのだが隙を見て交換しよう。他の制作で余った材料が丈夫で弾力があり、良さそう。
→ 【アルミ平棒 15mm x 2mm厚 x 1m 440円(ドイト)】を切断した余りの約54cm
20_crs3_IMG_6864a.jpg


◆感想

たったコレだけで、ズボンの裾は意外にチェーンに当たらないものだ。
これだけの事。費用もかからない。
何故何年も放置してしまったのかと、出来てしまうと思う。
実は以前別のやり方でカバーを付けているのだが、失敗している。
構造上ズボンの裾が引っ掛かり部品が曲がってしまったり、ネジが緩んだり。
それを踏まえて数年間アタマの隅でどんな形・部品が良いのかを時々思考していた。
今回は構造が非常に簡素で取り付けはネジ止めでしっかりしている。
無理がない感じ。美観も悪く無いと思う。いいんじゃない?!


◆お世話になった道具

マキタの充電式電動ドリル
91_FAN_E_DRILL.jpg

ペンチ(パーツを支える、曲げる)
90_crs3_3760V2_2451b.jpg

ラジオペンチ(ネジ止めの際に後ろのワッシャーを押さえるだけに使った)
90_IMG_1914.jpg

プラスドライバー
92_crs3_IMG_4987.jpg

小型の六角レンチ(ドライバーセット)(ネジ止めに使用)
91_crs3_IMG_6046.jpg
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)