#23 猛暑対策!有りモノ活用でノートPCクーラー

00_FAN3_IMG_5885b.jpg

「今年の猛暑で、ノートPCの電源が落ちたりフリーズする症状が多い。」

毎朝聴くラジオ番組で、様々な現場の声を届けるコーナーがあるのだけれど、
一昨日、パソコン修理専門店へのインタビューで返ってきたその言葉が自分の出来事と重なった。

遡ること2ヶ月前の7月初旬。ノートPCの電源が2度も勝手に落ちた
2階の部屋で年中無休で起動しているものだ。
夏の午後2時頃は平気で外気温の35度を軽く超える場所。
(屋根裏の熱をファン1個で逃しても全然追っつかない!)
なので、容疑者はおおよそ絞られていた。
夜電源を入れてみるとHDDには不具合は無いし、いじっていて何とも無い。
PC内部には放熱が必要なCPU、チップがあるし、9割方犯人は「熱」だろうと行き着いていた。
ここ数年の猛暑は気にしていたので、どこかで”冷やす”対策をせねばと考えてはいた。


◆作るなら今でしょ!

そんな2度目のダウンがきっかけで直ぐ組み立てに踏み切った。

普段から対策を考えていたので、こんな格安12cmファンを1つ買い、他の材料も全て揃っていた。
滅多にないワゴンセールの380円だ!
10_FAN3_IMG_5573.jpg

大事なのがこの100均のキッチン用整理棚。
以前テーブル代わりにノートPCを置いていたモノを後生大事に持っていた。
この高さ、風が通るスリットは使える!!
20_FAN3_IMG_5574b.jpg
金属の足は不要なので外した。

組み立て前に、この通り整理棚の高さはファンの厚さより十分ある事を確認した。
22_FAN3_IMG_5576b.jpg

電源はDC6Vのアダプターからいただこう。→ファンの規格通り12Vだと風量が強過ぎる!
冷やそうとしているノートPCのUSBから5Vをいただくのは何だか避けたかった。
ファン側の配線は短く切断し(元のコネクターは捨てる)DCジャックをハンダ付けする。
DCジャック・・・外経5.5×内経2.1対応のマル信無線電機 MJ-14
24_FAN3_IMG_5887b.jpg
DC6Vアダプターは持っていた。秋月電子で600円くらい。

整理棚へのファン取り付けは結束バンド4本であっと言う間! なんと気軽な。
取り付け位置は、自分はこの通り中心からずらしているが、お好みでどうぞ。
あ"、画像にはDCジャックの片側に抵抗を付けているけど不要。この後直ぐ外した。
25_FAN3_IMG_5587b.jpg

DCジャックはこの通りグルーガンでさっさと固定。なんと気軽な。
26_FAN3_IMG_5882b.jpg
以上!作業完了だす。大して時間は掛からない工程だ。
パーツ代は合計700円弱だろうか。


◆効果、感想

ファンの風量は手をかざしても強力では無いことが分かる。それでも、、、
冒頭の画像の様にして使っているけれど、2ヶ月経過してもノートPCの電源が勝手に落ちる事は無い。
実は今までクーラーの効果はバカにしていたので、ちょっとビックリ。
安心感が得られ、こんなものでも作った甲斐があると感じている。

かかった費用については、
ノートPC用のクーラーは既成品なら秋葉原で最低1000円で買える。(自分が知っている範囲)
他だとそれ以上する。
作った方がお得か、既成品を買った方がお得か。普段から思考を巡らせているかどうかだ。
・自分にとって使えそうなモノは後生大事に取っておく
・自分にとって使えそうな安物に出会ったら買っておく

整理整頓も必要だけれど、目的が断捨離な人は多分得はしない。


◆お世話になった道具たち

ニッパー(結束バンドの切断)
90_FAN3_IMG_4987.jpg

グルーガン
92_FAN3_TOOL3.jpg

ハンダゴテ・セット
95_FAN3_HANDA_KOTE.jpg

道具たちよ、いつもありがとう!
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)