#07 ICF-M760V 電池室の錆びた端子を修理

00_760V2_TOP_2355.jpg

お気に入りのICF-M760V。同じものをまた入手してしまった。ヤフオクで2800円也。
運よく「電池室のみ使えない」ものをお安く落札できた。ただの接触不良ならほぼ完動品だ、ラッキー・・・か?
以前、電源がまともに入らないPanasonic RF-U70のジャンク品を落札した事もあるが、内部のバーアンテナが無茶苦茶な配線だったのを直したらすべての機能が復活してしまいおいしい思いをした経緯がある。
ジャンク品ってなんて素敵なんだ!

さて、ICF-M760Vを入手して数か月保管していたが、ようやく電池室の修理を試みた。
最適なパーツの探索で時間が経ってしまった。



【電池室の不具合】--------------------

電池ケースの4か所の接点のうち3か所が思い切りサビていて通電しない模様。(A、B、C)
アルカリ電池の液漏れが原因だけれども、これ程酷いものは見たことが無い。
01_760V2_PRB_2368.jpg


スプリング2箇所については他の製品のパーツを分解して流用するのだが、近い形状、サイズのものがこんなものから入手できた。
・100均懐中電灯(単一電池) ・・・ダイソーで購入。
・単一電池ケース     ・・・秋葉原で購入。ホームセンターでも売っている。工作用。
02_760V2_PARTS.jpg


最適なパ-ツを見つけるのに日常の行動の中でモノを観察するのだが、何カ月も時間を要した。
最初は100均で探し、近所のホームセンターとか秋葉原のいろんなところを巡った。
準備OK! ラジオのケースを開けて、問題のA、B、Cを順に処置していこう。



【端子Aの修理】--------------------

端子Aは腐食部分のみ新品なものにすげ替える。

ラジオペンチで持ち上げた。
先端ほど腐食が激しく折れて短くなっている。
05_760V2_2388.jpg


スプリングの部分を新品なものにすげ替えるべく、ダイソーの懐中電灯を解体。
中からマイナス側の端子を取り出し、利用できそうな形状に加工する。
07_760V2_2377.jpg


元の端子は不要となる部分をワイヤークリッパーで切断。(小さなニッパーは使わないで!)
15_760V2_2411.jpg


新しいスプリングを半田付けする前に、元の端子とスプリングを仮に置いてみた。
その継ぎ目の状況(位置関係)を覚えておく。
16_760V2_2412.jpg


スプリングの素材は、物によっては半田付けしにくい場合があるので、軽く紙ヤスリで研磨して事前にペーストを塗布する。
18_760V2_2416.jpg


半田付けを行い、触るとケガをしそうな部分はヤスリで磨きバリを除去。
取り付けたら、裏側から余計な部分を切断して端子Aは修復完了!
20_760V2_2420.jpg



【端子Bの修理】--------------------

ここは一番作業が簡単だった。
一旦外し、紙ヤスリで磨いて修復完了!
25_760V2_2396.jpg



【端子Cの修理】--------------------

一番奥まったところにある端子C。これは丸ごと新しいものに交換する。

基板に直接半田付けされているので半田を吸い取ってから外す。
31_760V2_2430.jpg


新品の端子は、工作用などに使う汎用の電池BOXから流用する。(ホームセンターの電子パーツのコーナーとか)
品定めのコツは、スプリングから伸びる部分がなるべく長いものであること。
これを外すには、留め金の部分をマイナスドライバーでこじ開けたり、ペンチで思い切り引っ張ったり臨機応変に力をかけねばならないのでくれぐれも怪我の無いよう注意が必要だ。
さて、そのままの形状では取付不可能なので、ペンチで純正品を真似て加工する。
余計な部分はワイヤークリッパーで切断し、半田付けの部分にペーストを塗布し、半田付け。
38_760V2_2442.jpg


すべての端子が修理完了となった!


39_760V2_2444.jpg



【通電確認】--------------------

単一乾電池をセットし電源を入れたところ。完動品となった。
日曜日は「TBS安住紳一郎の日曜天国」を聴くのだ!
41_760V2_2447.jpg


磨いた端子は接点復活剤を塗布した方が良いかも。
こうしてモノが再生するのは、とても気持がいい!



【活躍した道具たち】--------------------

紙ヤスリ、細工ヤスリ(金工ヤスリ)・・・端子の研磨とバリ取り
90_760V2_2448.jpg


ミニバイス(手の代わり)、半田ごて、こて台、ペースト、半田、半田吸い取り器・・・参考:はんだこてセット
91_760V2_2449.jpg


金属クラフト(はさみ)、ワイヤークリッパー
92_760V2_2450.jpg


クラフトのこ、ラジオペンチ、ペンチ大・・・ペンチは端子の加工に使った
93_760V2_2451.jpg


テスターCD-720C ・・・導通確認
94_760V2_2452.jpg

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

コメント

Re: 応用してみます
堀さん

訪問ありがとうございます。
乾電池(主にアルカリ)の困ったあるあるですよね。出品者にも困ったものです。
液漏れが回路まで侵食していないと良いですね。
私の記事もあるあるっぽいやり方なのでいづれは似た様な事を考えると思いますが、ショートカットに貢献できたのならありがたいです。
応用してみます
ありがたい記事です。

予想していたとはいえ、フィルムカメラの中古を落札したところ電池室を抜き取りずらく、えいっと引き抜くと電池液漏れと接点のサビでした。一気に暗い気持ちになりましたが、パーツ取り寄せ不可とのことで何とか使えるようにするには・・・とイメージをつくっていたところでした。

電池は単3ですので、それ用のパーツで取り組んでみます。

コメントの投稿

非公開コメント


(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)