#52 Xperia Tablet Z SO-03E でお手軽充電をしたい!

03echg_00_DSC00195b.jpg

↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑   ↑  
Xperia Tablet Z (SO-03E)でこんな手軽な充電をしたかったので作ってみた。 いや改造してみた。

所有者の多くの同志はモヤモヤしているのでは?
後継機「Tablet Z2」の充電端子はスマホのXperia共通端子に合わせ「Xperiaマグネット式充電端子」に戻している。 がしかし、何故か「Z」は異なるのだ。
価格が下がった1世代前の「Z」を最近(2014年12月)購入したのだけれど、良く使う充電コネクター周りには目が行き届きませんでしたわ。


Xperia Tablet Z (SO-03E) の充電はこの2通り。
クレードルまたはUSBどちらかで行う仕様。 がしかし、、、
03echg_10_DSC00167b.jpg


クレードルは単純に+5vをこの側面の端子に給電しているだけなのだから、同様なコトをもっと手軽なモノで出来ないだろうかと思った訳です、ハイ。
03echg_11_DSC00205a.jpg


電気的にはとても簡単なコトだけれど、問題は取り付け部分の仕様。 乗せるのではなく側面に挟むものを1から作るのは容易ではなさそう。 そんな思いを抱えつつ、日々の行動で何か流用ができないものかと色んなモノに目を配っていると、、、

秋葉原のジャンク屋で出会ったコレに白羽の矢が立った。 380円くらいだったろうか?
これならその2点の端子に合わせて容易に接触ができる!
03echg_12_IMG_8322a.jpg

5、6年前だろうか?これと同様のものを昔一度デジカメのバッテリー用に買った事があるが、挟むところがゴムではなく固定に難があってすぐに捨ててしまった経緯があった。 改めて手にすると、その部分にはゴム状のシートが貼られ固定方法は改善されている。 イイネ! これで目的の半分は果たしたようなもの。

メーカー、型番が無い非常に怪しいいかにも中国製なのだが、調べてみるとこんな通称で売られている。
日本では「USB なんでも チャージャー mini
海外では「Universal USB Mini Charger Keychain

箱には携帯電話のリチウム充電池なら対応しまっせ~、と書いてある。(それだけかよ!!) 同じ箱が掲載されている海外のHPを見るとやはり「携帯電話、 PDA 、カメラなどのリチウム充電池なんでも来い!」みたいな説明だけ。(ホントかよ!!) 電池の電圧は無視ですかい?
唯一気が利いている点、+-極性は内部の回路が判断して給電する仕様なのだ。
まあいいや、中身の回路は使わないのだから。


で、これならば Xperia Tablet Zどころか・・・以下省略。 イケる!!
03echg_13_IMG_8330c.jpg



◆改造して入力5vを出力させる

目的は、USB入力5vをそのままスルーで出力する結線をしたい。
シールに隠れている2本のネジを外し、分解。
電子パーツは半田ごてで全部除去する。
03echg_15_IMG_8331a.jpg


後ろから見てこの様に配線するべし。
03echg_17_DSC00178a.jpg


接触時のノイズ吸収用に電解コンデンサーを配線するのだが、先ほどの入力側USB基板ではなく上部の端子側を選んだ。
ここのネジを外し端子2つに半田付け。 そして配線を通す部分に少し穴を広げる。
03echg_18_DSC00182a.jpg
(USB基板へ半田付けしない理由: 集中してしまい力がかかるとランドが剥がれかねないから)
(画像は無いが、2つの端子の先端を金属用紙ヤスリで若干研磨して丸めている。Tablet側の端子を傷だらけにしないために。)


そして、電解コンデンサーを半田付けして下のこの空間に収める。 +-極性を絶対に間違わない様に。
この空間に収まる10v以上のなるべく容量の大きいもの。自分は手元に25v 4.7μしか無かったが少々心もとない。10v 100μFなどが良いかも?!
03echg_19_DSC00187a.jpg


完成! 早速通電してみるとタブレットは赤ランプを点灯して充電を確認できた。
この様に本体直付でも、本体後ろにケースカバーを付けて多少厚みがあっても取り付け可能だ。
03echg_20_DSC00194a.jpg


自分が利用するのだから良いのだが、念のために出力5vのラベルを貼った(笑)
03echg_21_DSC00199a.jpg



◆感想など
これならば、ケースカバー付けて建てた状態でも手軽に取り付けられる。 クレードル無しでいい。 注意点としては、あまり固いUSB延長ケーブルを付けてしまうと力負けしてタブレット本体から外れてしまうので、なるべく細く柔らかいケーブルに接続する事。

本体下のUSB端子で良いのでは?とも言われそうだが、いちいちこの小さなフタを外さねばならないのも面倒だし、立てた状態では不可能。 あまりお手軽ではないと思う。

ところで、他の方法はあったのうだろうか?
SO-03E に関しては、いくらググってもお手製のこんな記事は見当たらない。 しかも、充電端子の+-極性の記事すら見当たらない。 なので、使うつもりの無いクレードルSGPDS5をヤフオクで落札してまで(4500円なり!)仕様の確認をしたのだが、ちょと無駄だったかな~~。 極性の確認くらいは質問サイトへ問い合わせれば良かったっと今頃後悔している。



◆活躍した道具たち

極小のマイナスドライバー(USB基板を外した)
MOUSE_90_IMG_7637a.jpg

プラスドライバー、ニッパー
94_FAN_NIPPER.jpg

半田付けセット(参考)
calk_91_HANDA_KOTE.jpg
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)