スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#37 クローゼットのヒンジ交換

00_crz_IMG_6705a.jpg

クローゼットの扉が閉じた状態で表から押し込むとグニャリとたわんでしまう。
ヒンジの力だけで保っている感じなのだが、最近ちょっと深くたわむのが気になっていた。
よくよくヒンジの様子を見たら、外れかけている?!いや、一番上のは完全に壊れていた!!
びっっっくりしましたわー。
こんな重たいドアが倒れて来たら怪我をしてしまうぞ。

もう一つ危険な事。
後日、金属疲労で欠けたヒンジの破片に触れたのだが、非常に鋭利で指に刺さり痛い思いをした。
知らずに家族が破片を踏んでしまったら大変だ。
とにかく放置せずにすぐ処置をする必要があると思った。

顛末は、、、
取り付けられているヒンジの規格は知らないので、
・【処置その1】一旦汎用の蝶番へ付け替え・・・角度ごとに止まる機構が無いのでしっかり閉まらない。
・【処置その2】調査のうえ後日改めてヒンジの交換
を行った。

もう一つ。
このタイプのクローゼットのドアには欠点があるので、【処置その3】で補強を行った。


◆処置その1

ドアの内側へ手を回してプラスドライバーでクローゼットの軸を固定する金具を緩め、この様に外す。
10_crz_IMG_6714a.jpg


ヒンジが壊れて開き気味になっている。
スズランテープ(ビニール紐)できつめに縛り、ヒンジをガッチリ噛み合わせた状態にして、、、
12_crz_IMG_6718a.jpg


ヒンジは3箇所外してしまい、ごく一般的な蝶番を3箇所取り付けた。
(これは取り付け位置が元のヒンジと近すぎて失敗。1cmは離すべきだった。)
壊れたヒンジの破片が無いか良く探してテープにでも貼り付けて捨てるべし。
14_crz_20140516_132027.jpg


壊れたヒンジは破片が飛び散らないように直ぐに包んでおく。
この少し前に指に刺さった破片は回収した。
17_crz_20140513_142136a.jpg

以上が暫定的な処置!


◆処置その2...このヒンジは何??

我が家は17、8年は住んでいるから、まず壊れたヒンジがまだ生産されているのか?代替があるのか?
WEBで検索すると似たような壊れたヒンジ、そしてどうやら後継となる製品が出ている情報が見つかる。
がしかし、どの記事読んでも規格や型番がボンヤリして確証が得られない。
オイオイ(笑)ブログに掲載する皆さんは写真載せて「買った!」「取り付けた!」で自己満足??全くもう。

どうやら、
・ドアはパナソニック電工らしい事、
(設置当時は松下電工。裏側にラベルがあったが製造番号らしきもののみ。)
・ヒンジは販売されておりムラコシ精工らしいこと。
・そのヒンジは後継となる製品が出ているらしい事。

を頼りにムラコシ精工のサイトを調べた。
製品の図面から壊れたヒンジの寸法と比較して、この製品の注文にこぎつけた。
→ 収納センターヒンジ2 FE-B(掘込み型) ムラコシオンラインショップ
木ねじも確認のうえ手配。
20_crz_20140516_121058a.jpg


もちろん、掘り込み部分の形状・寸法は一緒だ。
22_crz_20140516_123132a.jpg


ドア側の掘り込み寸法はヒンジより微妙に大きめ。深さは7mmである。
23_crz_20140516_132500a.jpg


さて、処置その1で仮に付けていた蝶番を外して「収納センターヒンジ2 FE-B」を3箇所取り付けた。
(仮に取り付けていた蝶番が元々のヒンジに近すぎてネジ穴が厄介な重なり方をしてしまい、苦労した)
24_crz_20140516_132027a.jpg

修理完了~♪
25_crz_IMG_6783a.jpg


◆店舗で見つけたヒンジ

後日東急ハンズ(池袋店)で何気なく色んなパーツを眺めていると、何と同じ物を発見。
需要あるの?!
27_crz_20140520_150812a.jpg


◆処置その3・・・クローゼットのドアの欠点を補う

そもそも何故ヒンジは壊れたの??その答えは容易に想定できる。
閉じた状態でドアに寄りかかればこんなテコの原理で異常な負荷がヒンジにかかる。そりゃ17、8年も経てば壊れるわな。
30_crz_WS901.jpg


処置は簡単である。表からの力に対し中で支えれば良い。
100均で購入したT字の金具を、ドアの下、中央近くに取り付ける。
(何故T字の金具なのかは↓を見るべし)
31_crz_20140507_114028a.jpg


支えるパーツは手近にあった木材を使った。
適当なサイズへ切って加工して、ネジの頭を隠す浅めの穴を開けた。(支えは1個だけ使った)
32_crz_20140418_225509a.jpg
33_crz_20140418_234103a.jpg


さて、ドアを閉めた状態でキッチリ支える位置でネジ止め。
何故T字の金具を使ったのか。
”支え”をドア内側の面に取り付けただけだと、開閉するドアの先頭がぶつかるのだ。
ドア先頭が通過時ぶつからない位置に”支え”を取り付けてしまうと遠くなり、ドアを閉めた内側の面が当たらないのだ。
34_crz_20140516_224135a.jpg

支えるのは下側だけ。上の方は天井面の構造上取り付けられなかったが、実際試した感じではこれでも十分。
これで、ドアを閉めていくら表から寄りかかってもガッチリ支えられてヒンジの金属疲労は心配ない。
後継の「収納センターヒンジ2 FE-B」は壊れたも旧製品より相当頑丈に出来ている様なので今更だけれどね。


◆感想など
ブログに製品載せるなら閲覧する人のために型番や規格を載せるとお役に立てるよ!
って事です。


◆活躍した道具たち

プラスドライバー(セットの中で一番大きなもの)
90_crz_drv.jpg

カンナ
91_crz_kanna_a.jpg

OLFA クラフトのこ 125B
(歯が細かく小さな物を切るのにいい。)
95_iph_CRAFT_SAW.jpg

紙やすり
94_FANMT_IMG_6392.jpg

電動ドリル(参考)・・・自分はマキタのハンディコードレス掃除機とバッテリー共有のためこれ
91_FAN_E_DRILL.jpg
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。