スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#10 カローラII Windy スターター動作不良の修理

01_COL2_IMG_3828d.jpg
2015/2/24 リンクをいくつか追加・修正
2016/3/22追記 リアマフラー交換・・・してもらった事後報告!


カローラ2 Windy E-EL41 相棒の愛称はカナブンと呼んでいる(笑) お気に入りのシンプルMT。
素人がスターター不良の修理にチャレンジしたお話。

症状・・・動画はこちら 2015/3/1追記
イグニッション・キー初回ONでスターター・モーター(セルモーター)が回らない
    ↓
2度目で回る(エンジンかかる)

処置
スターターモーターを交換[改善せず]
    ↓
スターターリレーを交換[完治!]

そんな顛末どーでもイイっすという玄人なお方は笑ってスルーしてくだされ。
素人さん、似た症状で参考にされたい方、いらっしゃい!


↓ 完治までの顛末 ↓


◆一発でエンジンがかからない

・イグニッション・キー回す・・・エンジンルル-ム「カチッ」の音はしない
     ↓
「ウーン」と小さな音・・・スターターモーター回らず
     ↓
・再度イグニッション・キー回す
     ↓
「ギュ・ギュ・ギュブルルル」・・・エンジンかかる。回転初動が重い様な気がする。

イグニッション・キー2回目OKがお約束なのは何故だろう?
そして10分以上とか運転を続けた後は症状は出なくなる。

3か月ほど様子をみたがバッテリー消耗交換の後も症状は変わらず。
素人には関連する全ての部品・回路を知らないから何が起こったのか全く想定できない。


◆何が起こった?

グーグル先生に聞いてみよう!
似た症状でスターターモーターを交換されたお方がいた。プランジャーの不具合との事。
別名マグネットスイッチ、セルモーターには必ず付いている。
「マグネットスイッチ」には2つの役割がある事が分かった。知らなかった、お恥ずかしい・・・
運転席のキーONで、 
a.磁力でモーターの歯車をエンジン側の歯車までスライドしてかみ合わせる 
b.その動作でスイッチが入りモーターへ電流を流し回転、エンジンを回す。 

 aの不良の多くはこう言う事らしい。 
→ プランジャーは「カチッ」と動作はする
→ しかし、スイッチの接触不良でモーターへ電流が流れない(モータは回らず)
うちのはaの不良なのかな?でも「カチッ」という音はしない。 

ディーラーさんに聞いてみよう!
丁度車検の時期なので近所のディーラーへ訪ねたが、症状は出なかった。・・・ちと運転したからね

不具合の可能性について2点挙げていただいた。
a.スターターモーターの不良(プランジャーの可能性)
b.なんらかの電気系統の問題で、最初にキーを回した時の電圧が正常値に至っていない

bの要因は何だろう?理解できない。電圧・・・?
先へ進めたいのでスターターモーターの不良としてしまおうか?・・・遠回りの判断をしてしまった


◆費用はいかほど?・・・スターターモーターの交換だとして

a.丸投げなら?「スターターモーター+交換修理」
ディーラーへ費用を問い合わせてみたら、5万円位だった。痛い・・・

b.ディーラー交換作業だけなら?(要c)
4500円位との事。

c.スターターモーターを自分で調達したら?(要b or d)
[中古品] 1万円以下で買えるが、品質は保証できない。
[リビルド品] 再生品で新品同様の性能。安ければ1万円台で購入でき、古い方は販売店に送る条件だ。

d.自力で交換作業をしたら?(要c)[レンタルガレージ]
入会費2100円+リフト800円(1時間)=2900円

自分で修理したいという気持ちが強くなった。任せっぱなしで高額になるよりいい。
今後の保守を考えればチャレンジは有意義だし。
目的が、修理そのものよりチャレンジに変わってきた。


◆スターターモーターの位置、交換作業って?

ところで、スターターモーターのありかが分からない。エンジンルームを見たが・・・どこに?
交換作業もわからない状況だった。
WEBでカロIIのオーナさんを探して、なんと教えていただいてしまった。段々分かってきた。
・交換作業はセルモーター周辺は狭いので思考錯誤がいりそう
・リフトUPを想定しての作業環境が必要

改めてエンジンルームを見たところ、お陰さまでスターターモーターを発見できた。
なんとありがたい。
06_COL2_IMG_3810b.jpg

実際にデジタルカメラで撮影し、ようやく取り付けボルトの確認ができた。
締め付けトルクは100kg/cmらしい。
07_COL2_IMG_3809.jpg

問題は作業場所。
駐車場は自宅ではないしエンジンルーム下からの作業は無理。
話は前後するが、お隣埼玉県のレンタルガレージの存在に辿り着き、リフトも道具も利用できる事が分かった。
(費用は前述の通り)


◆スターターモーター到着~通電チェック
リビルド品スターターモーターも注文しちゃったし、そのレンタルガレージも予約した!
後には引けない!

リビルドの純正品28100-11010の納品、まるで新品の様だ。送料込¥12,285也。
歯車が確認できる これがキーONで前方へスライドする
11_COL2_IMG_3859.jpg
楽天のこちらから購入。リビルド品購入の約束として所有の品と交換となるため期限内に発送せねばならない。
Amazonならこちらからリビルド品購入可能。
※ 注文前に車の型式を確認すべし!



通電チェック用にこしらえたワニグチクリップ付きケーブル。
(100均の100v延長ケーブルを適当な長さへ切断)
(赤色のプラス用はスイッチを間に入れる)
21_COL2_IMG_3867_CHK2.jpg

実際にバッテリーへ接続して動作確認を行う
歯車が前方にスライドしモーターが回れば正しい動作だ。

あと、作業前日までに2柱リフトの操作を予習しておく!! ・・・重要
リフトの使い方 リンク切れ
ジャッキアップ・ポイントは車の取扱説明書を見るべし。


◆いざ、レンタルガレージ

- 準備したもの -

マジックバンド・・・作業中バッテリーから外したケーブルを止めておく
エンジンルーム内部を照らすライト、吊り下げ用のワイヤー(出来れば金属むき出しでないもの)
30_COL2_IMG_3906b.jpg

- 借りたもの -


リフト(1時間800円)(リフトの使い方
そして工具類(これで事足りた)・・・埼玉県RG ADVANCEにて
40_COL2_IMG_3879b.jpg

-- スターターモーターの交換作業に入る --

電装系の作業はバッテリー(-)側を外しておく。ケーブルはマジックバンドで適当な場所へ固定しておく。
42_COL2_IMG_3886.jpg

ライトを吊り下げ、エンジンルーム内の作業箇所付近へ投下する。
43_COL2_IMG_3881.jpg

下側(運転席側)のボルト14mmをゆるめ、外れる手前で残しておく。(後で外す)
44_COL2_IMG_3885.jpg

上側のボルトは完全に外す。(注)ワッシャーを無くさないこと。
45_COL2_IMG_3887.jpg

エンジンルーム下からの作業へ。リフトを上げる。
46_COL2_IMG_3890.jpg

エンジンルーム下からは、この様にモーターへ手が届く空間はあるが片手しか入らない。
先ほど残したボルトをワッシャーと一緒に完全に外すが、 モーターの重さで傾くとボルトに圧力がかかり手で回せない。 
ラチェットを下から突っ込みモーターを支え、もう一方の手を突っ込みボルトを回す。 
47_COL2_IMG_3891.jpg


リフト1時間の予約で45分経過しちゃった・・・
あと15分じゃ取り付け終わらない! なので撮影は中断
実は取り付け作業が一番困難だった。

・スターターモーターからS端子とB端子を外す。・・・取り外し完了!
 S端子・・・コネクターを横から押して引き抜く(引っ掛かりを外す)
 B端子・・・12mmナットを回して外す

~ここから、リビルドのスターターモーター(以降、Rモーターと呼ぶ)を取り付け~

・RモーターS端子とB端子へケーブルを取り付け。
 ※B端子のゴムカバーを元通りかぶせる

・Rモーターは下側のボルトを取り付け半固定の状態にする。・・・一番困難な作業!
 →右手でRモーターを下から支える
 →左手で左のスキマから14mmナット&ワッシャーでRモーターを取り付け、可能なだけ手で回す(グラグラ状態)

・リフトを下げる・・・エンジンルーム上からの作業へ移る

・下側のボルトをさらに締める
 →左手でスキマからRモーターをちょっと持ち上げながら・・・
 →右手で下側のボルトを締める(8割締める感覚、グラグラしない程度)

・上側のボルト&ワッシャーを取り付け~締める
 →右手で上側のボルトを締める(8割締める感覚)

・下側のボルトを完全に締めて完了

・上側のボルトを完全に締めて完了

・最後に、バッテリー(-)へ元通りケーブルを取り付ける

レンタル・ガレージの費用は1時間15分で¥1050だった。15分超えた分を加算して。
未体験なら、最初は余裕を持って2時間とすべきだった。失敗。


スターターモーター交換の結果は?

症状変わらず交換前と同じじゃん!

もちろん外した方はチェックしたが、問題なく動作してしまった。
48_COL2_IMG_3935.jpg
まあ、でも交換作業はとても良い経験となった。これはこれで満足。
捜査ケイゾクだ。


これまでの費用!
スターターモーター ¥12,285
レンタルガレージ会員入会費 ¥2,100
リフトのレンタル ¥1,050
[小計 ¥15,435


◆ふりだし、回路の問題?

実は、今回オークションで資料を集めていた。合計3500円ほど。
今頃あるんだねぇ、ありがたい。欲しかった整備書は無かった。
50_COL2_MANUAL3.jpg

これまでの勘違い。
スターターモーターに着目していた理由は、スターターの動作に係わるパーツは3点だけだと思っていたから。
 「イグニッション・スイッチ」
 「ヒューズ50A」
 「スターターモーター」

例えばコレ。赤線引いて確認したライン上にはその部品が3つある。
51_COL2_CIRCUIT1-MT-START(2).jpg

エンジンルームのヒューズボックスの図にも「ヒューズ50A」
52_COL2_CIRCUIT2-MT-BOX(2)b.jpg

でも、ヒューズが原因ならキーON2度目でスターターモーターは回らない。
なら、スターターモーターが原因だ!って思うでしょ?? (誰に言ってるの?)

念のため、ヒューズボックス周辺を点検することにしたのだが・・・ん??
ヒューズボックスの表示には上の図面に無い「STARTAR」。(配置も違うが)パーツはリレーだ!
スターター用のリレー?!何故配線図には無いのだ?
53_COL2_IMG_3997_RL-BOX.jpg
図面と現実が違うのは、同じ型番でもバージョンが異なる感覚なのかな。勉強勉強!

素人さんは、この存在には気が付きませんでした。知っていれば始めに着手していたでしょう、多分。
リレー劣化により通電が不安定になる事はあり得る。
イグニッション・キーのスイッチも可能性あるか?これは後回しだ。順番に片付けようと思う。


◆スターター・リレーの手配

TOYOTAへの問い合わせで型番変更になった事が分かった。価格は2594円。

ヒューズボックス内のリレー
EFI
 90987-02010
STARTER
 28341-11010 → 新:28300-10020 これを手配する!
MAIN
 90987-04002
AC FAN3
 90987-02006
AC FAN2
 90987-04002

右側が新品(中古ならヤフオクでも良く出品されている)
55_COL2_IMG_4036.jpg

交換! 元のリレーはプライヤーで思い切り引っこ抜いて割ってしまった。
56_COL2_PARTS.jpg

スターター・リレー交換の結果は・・・完治!
イグニッション・キー初回ONでエンジンは勢いよくかかる。音が違う。
日を置いてもしっかり回る。終了~~~~~!!

これまでの費用!
スターターモーター ¥12,285
レンタルガレージ会員入会費 ¥2,100(※1)
リフトのレンタル  ¥1,050(※1)
スターター・リレー ¥2,594(※2)
 ※1 レンタルガレージRG ADVANCE) ・・・こんなところこんなところ もある。
 ※2 近所のディーラーに型番聞いてトヨタ部品埼玉共販株式会社で購入
[合計 ¥18,029] ※マニュアル類は除く

◆感想
2月下旬から修理の検討を始めて1カ月と10日ほどかかってしまった。
ただのパーツ交換だけれど、これまで人命を預けるメカに手を付けるなど考えもしなかったし、
とても有意義なメンテナンスだった。
¥18,029は修理兼お勉強の費用と考えればお安いと感じた。


◆活躍した道具

●門型2柱リフト(↑参照)
背丈ほどの高さでもしっかり車体を安定させ下から作業が出来る。操作は簡単!欲しい!
※ リフトの操作についてはこちらから左側のリンク(リフト使用法)をご覧下さい。

●工具類はリフトのレンタルで借りたラチェットとソケット2種類
・スターターモーター取り付け部分 ソケット14mm
・スターターモーター電極 B端子のワッシャー ソケット12mm
91_COL2_IMG_3883s.jpg

あと、バッテリー端子のワッシャー外しにはプライヤーも使用。(その工具箱から)
92_COL2_PARTSs.jpg


スターター・モーターの動作確認で作成した配線に使用したもの。
半田ゴテ、半田、コテ台、ニッパー、ブチルゴム(絶縁に使った)
(参考:はんだこてセット
90_C_LIGHT_TOOL1e.jpg

以上!





2016/3/22追記
リアマフラー交換・・・してもらった事後報告!


車検と一緒にリアマフラーの交換をしてもらったレポート。
MUFF_00_IMG_3776b.jpg


実は5年ほど前から原因不明のリアマフラー「カラカラ音」が時々発生していた。(2年前トヨタへ確認したが症状出ず)
リアマフラー「カラカラ音」の動画
時は流れ、2016年3月修理工場で車検の事前確認中に、
「リアマフラーから漏れるエンジン音が大きく、マフラー異常の可能性・大」
を指摘された。 この2つの状況から、リアマフラーに何か異常があると判断。 車検の流れで手配&交換を依頼して無事終了してしまった!
ああ、終わちゃった(笑)


これが外したリアマフラー。 振ると「カラカラ」音がした。
MUFF_03_20160319_163912a.jpg


そしてこれが交換した状態。2箇所の吊りゴムは元のを使ってもらった。
リアマフラー24500円、ガスケットが300円也。
リアマフラー交換後の動画
MUFF_05_20160319_170330a.jpg


あっけなく終わったわけだが。
だがしかし、1993年の旧車だしリアマフラー手配の段階で頓挫されてしまった場合を想定して、自力でモノを探し交換するルートも並行し模索していた。 まず、例によってヤフオクで該当するパーツカタログを探して落札。(あったよ!びっくりしたな)
MUFF_10_DSC02725a.jpg


パーツカタログから必要な型番が判明。(確認に手こずったけれど)
うーむ、これだとリアマフラー15400円、ガスケット270円、吊りゴム450円の前後なのか、あ・・・。

ちなみに、リアマフラー社外品ならばYahoo!やAmazonなどで「大栄テクノ リアマフラー MTO-1476」が互換品を販売していた。 ガスケットは添付されているのでこれだけでオケ。 これならリフト借りても依頼するよりは安くなったのだな(笑)

今回流用した吊りゴム(マフラーサポートクッション、マフラーハンガー、マフラーブッシュなど色んな呼び方がある。)は、在庫不明だが、「2穴の距離が同じ、弾力性無視」なら互換品はある事がわかっている。 たぶん交換対応は出来る。

交換作業については、単純な構成だしリフトを借りて一緒に借りられる道具を利用すれば素人でも十分可能だと思う。
この件はこれにて、ちゃんちゃん!

スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。