スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#08 針金ハンガーを半分に

00_IMG_3448.jpg


エレクトロニクスや日曜大工だけじゃーない。
日常の小細工だから、日頃手を付けたモノなら何でもアリ。
今度のブツは針金ハンガーだ!

「コレを半分にして欲しい」

ある日親から手渡されたのは針金ハンガー。1個や2個じゃなく20個とか!
クリーニングの仕上がりで一緒にいただいた、よく見かけるものだ。
手芸で出来上がったモノを掛けるのに(タオルだったか?)、普通のハンガーでは大きすぎるのだと。

”切って曲げればいいでしょ?”と言われたが、いーやそんな安易じゃないでしょう!
投げかけられた宿題にちょっとだけクラっとしながら方向性を探るべく考えた。

・なるべく道具は使わない。(未使用に越したことはない)
・針金は切断したくない。強度が下がるし怪我の基。(末端処理は工数もかかる)
・短時間に量産したい。

要は、こう言うことかなー。

「曲げ加工は無理無く簡単に出来る」
「余計な部分は内側に曲げる」

あとは完成形を決めなきゃいけないが、数日考えているうちに形が見えてきた。
この針金、無茶苦茶に曲げるのは簡単だけれども、切断せずに思い通りに曲げるのは簡単じゃない。
思考錯誤の結果、始めはペンチを使い10分とかでようやく1個出来たものが、
最終的に手作業のみで3分以内で1個、60分で20個ほど量産可能となった。
もしペンチで曲げた場合、噛んだ所の被膜が破れて針金がむき出しになるのでカッコ悪い。

と言う事で手順だ!
(1)
01_IMG_3448.jpg
(2)
02_IMG_3449.jpg
(3)
03_IMG_3450.jpg
(4)
04_IMG_3451.jpg
(5)
05_IMG_3452.jpg
(6)
06_IMG_3453.jpg
(7)
07_IMG_3454.jpg
(8)
08_IMG_3455.jpg
(9)
09_IMG_3456.jpg

女性の手でやるとなると、ちょっと無理があるかな?
近くの男に頼むべし!!

コレ、毎年ある時期になると頼まれるのだが、久々にやってみると上手くいかなかったりする。
コツは、余計な針金を中にしまい込む(8)の曲げ加工は、ちゃんと①→②の順にやらないとダメ。
先に①の曲げ加工で完成形にしてから②の曲げ加工を行う。
慣れるとTV見ながら1時間で20個はイケルと思う。

こんなの掲載しちゃったけど需要無いかな? いや、需要は考えてないのだが。
スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。