#03 腕時計のクリスタルガラスの研磨

00_WATCH.jpg

腕時計のクリスタルガラスはとても丈夫。のはずなのだが、思い切りキズを付けてしまった。
今回は小細工ではなく修理の部類。
この様なガラスの研磨に関する記事はあまり見かけないので、経験談として折角だから書き出そう。

<はじめに・免責>
当ブログの掲載記事は当管理人の作業環境で自身が行った記録です。
修理技術の説明ではありません。
当記事をもとに行う作業は自己責任として下さい。結果については責任を負いません。

<お気に入りの腕時計が、、、>
安いがデザインがとても気に入っている腕時計、ニクソンConnect(コネクト) A069-000。
色違いA069-015も所有している。

ある時石柱に思い切りぶつけてキズを負ってしまった。ガーン!!
もう、脱力感でいっぱい。
02_WATCH.jpg

時計本体は2万円台のもの。しかしもう販売していない。
ガラスの修理について調査&電話問合せしたところ、最低2万円はかかりそうだと分かった。なんだかなー。

<自分で修理できないのか?>
「腕時計のガラスの研磨って自分でできないの?」、そんな事誰も(どの店も)教えてくれません。
じゃ、とにかくガラス細工の研磨という方向でハンズ渋谷店で探してみた。
ハイ、ありました。
03_TOOL.jpg
クリスタルバー??よくわからん名称だが、ルーターや電動ドリルに取り付けて使用する。
店員さんの説明は「仕上げ用途」との事だけ。キズの修復は?の問いにはNOと言われた。(本当か?の疑問)
とりあえず、この道具の研磨材(なんだか黄色い)は不明だったしその場では買わずに一旦保留した。

帰宅後調査したところ、ガラスの研磨を実現する手段の一つとして「酸化セリウムを水に溶かしたうえでガラスを研磨する」方法がわかった。 研磨と言うよりガラスを溶かすそうだ。
酸化セリウムは「黄色」であり、前述の道具が黄色かった事とつながった。
ハンズで見たものは「酸化セリウム・ポイント」と言う名称らしい。

一方、所有の腕時計のガラス素材は「ハードミネラル クリスタル ガラス」。
「クリスタル ガラス」は酸化セリウムで研磨可能らしいと分かってきたが、さて、、、
電動ドリルはあるので作業としては何とかなりそうだ。 
と言う訳で、こんな事を考えつつ「酸化セリウム・ポイント」の購入に至った。
・探究心
・可能性
・腕時計は値段が安いものだから試したい。自己責任で。

<研磨作業に着手>
まず、研磨したいガラス面以外はキズを付けてはいけない事。
ちょっと無理があったが、マスキングした。 でも違うなー、これは。
05_WATCH_MASK2.jpg

「酸化セリウムポイント」はしっかり水を含ませたうえで研磨した。感覚を研ぎ澄ませて傷周辺を均一に、ゆっくり・・・
作業中は周囲に飛び散るのでビニールで囲んでおく。
06_WATCH_polish.jpg

所要1時間ほどで完了。結果は一見わからないほどガラス面は「滑らか」になった。
しかし、実際は傷があった範囲が微妙に凸凹している。これは想定内と考えていたのでOK!
07_WATCH.jpg

(2012/2/22補足)
この記事、アクセス多いし皆さん修復の手掛かりにしているみたいだ。
がしかし、上の撮影画像が今一つ分かりにくいので誤解無き様図解しよう。撮影って難しい。
想像図になるが、傷周辺を滑らかにしていると思われる。
08_WATCH_PIC1.jpg
ガッカリしちゃったかな?

<感想>
機能的な修理じゃなく美観を修復するものは、その程度を金額とのバランスで自由に選びたいところ。
酸化セリウム・ポイントは予想以上に研磨の効果があった。(店員さんの話以上に)
職人さんにお金をかけて高精度に仕上げてもらう必要もなかったし、今回は想定通りに目立たなく出来てとても満足した。


<活躍した道具達>
・充電式ドライバドリル マキタ DF440DRFX
(DIYな私にとって無いと困る存在!バッテリー共通のクリーナCL140FDZWと一緒に活躍)
・酸化セリウム・ポイント
・マスキング・テープ
90_WATCH_TOOL.jpg
91_WATCH_TOOL.jpg


この作業に特化するなら重量級のドライバドリルよりは軽量のルーターがオヌヌメ。
リョービ ホビールータ HR-100 4010250

これに合わせるなら、バフの軸径はこんなの合う。
プロクソン バフ 3種セット No.28800

もし重量関係なく用途広げるなら現在の売れ筋はこんなのもオヌヌメ。
充電式ドライバドリル 10.8V DF330DWSP バッテリー1個付属 家庭のDIY用途に活躍する。




繰り返し言います!
当記事をもとに行う作業は自己責任として下さい。結果については責任を負いません。



~~~~~ 補足 ~~~~~

酸化セリウムの入手は「キイロビン」が良いかも。 購入者のコメントはちょっと厳しいらしい(汗)
窓ガラスの油膜落としなどに使う液体の研磨剤
ホームセンターの車関連のコーナーや、オートバックス、YellowHatなどに置いてある。
※試していないので効果は??だけど
92_KIIROBIN.jpg

それを、大きめのフェルトバフに付けて研磨するのも一案だ。
こちらは1000円前後かな?
93_FELT_BUF.jpg


2015/11/29追記
この記事を書いた当時から4年以上経つが、今改めてチェックすると酸化セリウム商品のネット販売が充実している。
ネット購入者のコメントから効果のほどを探ると、ヤナセ 研磨剤 ガラセリウム 100g GRS-100が良さげだ。
94_YANASE_GRS-100.jpg
いづれも手作業では困難。ドリルやルーター(軸径は要確認)にパフを付けたうえで塗布して使うべき。


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)