カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「修理 」カテゴリ記事一覧


#80 車のエアコン吹き出し口を直したつもり

COL2B_00_20170725_173231b.jpg

愛車カロ2windyのエアコン吹き出し口が上下も左右も言うことを聞かない。

「上・下」角度を上げても重みで下向きにカックン!
「左・右」幾つかのルーバーが上の軸が外れて上手く風向きを変えられない

経年劣化?長年ドリンクホルダーを引っ掛けた負荷がマズかった? ディーラーに修理を相談をしたが、

「もう部品がありません」

ですよね~wwwww 齢20過ぎてますから

「車を数日間預けていただければ、修理にチャレンジして接着とか可能な対応してみますが?」

との事だったのだが、それなら自分でやるわ!って事で自力で直した。
ただ、このルーバー部分の修理にあたって「取り外し・取り付け」が正しいやり方でないと痛い目に会う。 と言うか、会った。 こんな風に無理やり外したり取り付けたりすると無理に変形させてしまい、運が悪いと破損や部品が外れてエアコン側内部に落下するのでお勧めしない。 
ここはお金が掛かっても、

取り外し・取り付けはディーラーや修理工場に頼みませう!

もし例えば2日間合計1万円未満なら痛手ではない。 自力の修理費用は手持ちのプラリペア以外は100均商品しか掛けていないので。



◆送風口の状況、修理まとめ

こんな感じである。ボロボロ。
真ん中のルーバー(横方向)だけ下に軸受が必要なのだが、送風口4個のうち2個が脱落していて無かった。ぐらつき不具合の原因の一因だった。
COL2B_10_DSC05560a.jpg



各修理をまとめると、こう。
a.上下角度の固定には「100均の魚の目パッチ」を横に貼ってスライス(厚さ1/3に)
b.各ルーバーの連動棒は「100均の下敷き」から切断&穴開け加工などでを作る
c.枠の緩み(ルーバー軸グラつき)はクランプ(ダイソー200円?)で圧力かけて加熱
d.破損・紛失の軸受はプラレリペアで作って研磨
COL2B_11_DSC05675a.jpg


あとは、取り付けをディーラーや修理工場へ頼むべし。(金掛けて)
この修理っぷりには恐らく関心されると思う(笑)




◆各修理の詳細
前述のドライヤー以外は分かり難いので詳細をば。


破損・紛失していた真ん中のルーバー(横方向)の軸受はどうしても再現しなきゃならない。 プラリペアの登場である。 運良くほぼ原型を留めていた軸受1個を元に、まず型をとった。 はめ込み部分を下にして。
COL2B_20_DSC05630b.jpg



出来た型に、プラリペアの粉とリキッドを交互に落としていき、微妙に多めに盛る。30~1時間待って取り出し研磨して完成。
COL2B_21_DSC05639b.jpg



次は各ルーバー(横方向)の連動棒。


100均の下敷きを利用。 素材はPVCで丁度いい柔軟性だと感じ選定した。
COL2B_22_DSC05567a.jpg



カッターで切断して(4mm幅だったか?)元の連動棒の穴の間隔をマーキング。 穴開け加工。 φ1.5mmドリルを使い若干穴を広げた。 上手く開けると”プチン”とルーバーの軸にハマる。(若干引っかかる)
COL2B_23_DSC05588a.jpg



補足。
実はこの横方向ルーバーの修理にともない、ルーバー1つ、連動棒に挿し込む突起を折ってしまい、こんなプチ修理もしている。
COL2B_26_DSC05684a.jpg





送風口がカックン!と下向きに落ちてしまうのを解消するには、適当な摩擦が必要。 これは100均の魚の目パッチを利用(笑) 両端の軸にパッチの穴を合わせて貼るのだ。 厚さは色々と試した結果1/3にスライスしていい具合となった。
COL2B_24_DSC05966a.jpg
※魚の目パッチの形状は色々とあるのだが、最終的にはこの長いタイプのモノに落ち着いた。


以上、修理完了!



カックン!と下向きに落ちなくなったし、左右方向のルーバーも軸が外れずに連動する。
COL2B_30_20170804_144517a.jpg


以上、終了~♪



◆感想など

 事前に同様の不具合についてネット検索したところ、似た形状のルーバーだと意外に少なくないと感じた。 お馴染み「みんカラ」でも自力で外して上下角の固定は他の方法で直している様だ。 ただ、見ていて全然良い処置では無いと思ったので魚の目パッチに辿り着いたのね。 ってゆーか「みんカラ」の記事はどれ見ても写真画像一枚とか修理の詳細が全く無いのであまり参考にはならなかった。 「みんカラ」の投稿システムがやり難いのかズボラなユーザーが多いのか。
 中古を購入して20年以上経っているからなぁ。 これからも部品が調達できない事が多々あるだろう。 今回はダッシュボード周辺の分解が解らず無理やり直したけれど、そこも課題だなぁ。



◆活躍した道具たち

ルーバー外しに使ったのはこのピン抜き。
ベッセル(VESSEL) ドライバーセット ファミドラ8 TD-800
(車ならコチラがお勧め→ 内張り外し工具 自動車整備工具 車メンテナンス 5本セット 樹脂製の家具パネルにも対応 
COL2B_90_DSC05708a.jpg



カッター、油性マジック、30cm定規(下敷き切断で背の部分を利用)、ミニドリル、マット
COL2B_91_DSC06101a.jpg



1.5mmドリル刃、極細ドリル用六角軸精密チャック、電動ドリル
COL2B_92_DSC05587a.jpg



ノギス
(最低限しっかりしたものが欲しい ミツトヨ 530シリーズ M型標準ノギス N15 530-101
COL2B_93_DSC05592a.jpg



細工用ヤスリ(プラスチック対応)
COL2B_94_DSC05662a.jpg




スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#79 醤油差しのパッキン修理は他力本願で

seal_00_DSC05871_top.jpg
長年食卓で活躍してきた醤油差し。蓋のゴムパッキンが消耗して漏れてしまう状態だったので、オーダーメイドのシリコンゴム・パッキンへ付け替えて醤油差しを復活させたの巻。 



この醤油差し、容器の素材はガラス。重厚で存在感のある質感。古いけれど良いモノだそうで、悪い部分は修理してモノを生かす自分の主義に従った。一時的な「修理費用>買い替え費用」ではあるものの、モノの延命で帳消しになる思考だから廃棄品にはしない。



◆他力本願修理までの経緯

蓋の内側に合わせ、初めは以前作ったパッキンの例と同様に100均で買ったシリコン素材から作ったのだが、大きさ(外径53mm、内径43mm)は判明したものの薄すぎて水漏れは防げなかった。シリコンは厚さ1mmに満たないもの。
seal_10_DSC05797a1.jpg



そこで、少し厚めの1mm近いシリコン素材を3枚重ねたのだが、合計厚さ2.5mm位でも水漏れは防げず失敗。
seal_11_DSC05808a.jpg





ちょっと待て!
厚さだけでなく「重ねる」にも問題があるやも知れない。圧力がかかると重ねたパッキンがズレて気密性が保てない可能性もある。 簡単に水漏れしてしまったので、厚さ3mm以上は必要と想定して厚さ4mmのパッキンを調達する事にしようか。 厚さの根拠は、蓋の閉め始め(掛かり始め)~締め切った位置までの深さが4mm以上ある様だったから。
さて、厚さ4mmのパッキンを作・・・・これは考えても技術が伴わないので諦めた(笑) その素材が手に入ったとしても、綺麗に「筒状のカット」なんで出来る見込みがない。




結局、薄々答えは決まっていた感じなのだが、「ゴム通の eカット」へオーダーする事にした。
こんな風に、素材・形状選択、サイズ入力(前述で何度も測り確定した寸法で)、数量入力をするだけなので簡単。
シリコーンゴムシート<50>を選択した理由は耐久性が良い事に加えて厚生省告示第85号に適合しているから。人の口に入る醤油を扱うのだからね。
seal_12_WS0008a2.jpg



注文から3日目に届いた。流石にオーダー品は綺麗な仕上がり!早々醤油差しの蓋に取り付けるとサイズはピッタリで、元からこのパッキンだった様な馴染み具合。全く漏れは無くなった。
seal_13_DSC05867a.jpg



パッキンは送料含めて1個1000円と一見お高いけれど、醤油差し自体の質とのバランスを考えれば不満もなく直って満足。





◆感想など

補修部品を作るのにゴム系だと厚さに対応するのがちょっと困難なのね。 その点ゴム通さんは便利だ! オーディオカセットメカのアイドラーなんかも精度良く仕上がるのだから。(一度利用してラジカセ直しているけれど記事にはしていない)
大変な時は、ムリな時は、頑なに生み出そうとせず頼っていいんだよ!(笑)



◆活躍した道具たち

オーダー品に頼ったとは言え、寸法の確定に試行錯誤で使った道具たち。


ノギス、コンパス&シャープペン、カッター、マジック、ハサミ、そしてカッター作業マット
seal_90_DSC05818a.jpg


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#78 今更だけどB-CASカードの接点復活

bcas_00_DSC03995a.jpg
blog更新がなかなか出来なくて、生きている証拠に小ネタでも書き込む(笑)
これは昨年2016年に小ネタ集として用意していたもので、今更感だけれど。


親父の寝室のテレビ、東芝 REGZA 32S5 が何度となくmini B-CASカードの不具合が出て、困った親父に呼ばれて毎回カードを挿し直ししていた。 こんな物理的対応、、、アナログテレビかよこれ!! いや、昔のブラウン管テレビの有る有るだったの、衝撃を与えてダイヤル式チャンネルの接点を直す技ね(笑) あれは、ダイアルの中にチャンネル分のコイルが入っていて、回して物理的に繋ぎ変えていたのね。(コイルのインダクタンスを変えて局ごとの共振周波数に切替えていた) 毎日チャンネル切り替えしていれば接点も痛むワケです。


この類の症状を検索してみると、地上デジタルTVではある時期東芝製品に多かった様だ。
マジやめてよね、高齢者はホント小さな不具合でも困るんだからメーカーさん。


とにかく症状改善のため”カード挿し直し”の頻度が高かったので、次の処置をしてみた。
→ mini B-CASカードに微妙な厚みを加え(接点じゃない面)、スロットの接点により密着させる
→ B-CASスロットの接点を少し磨いて接点復活剤を塗布し、接触を改善
  (mini B-CASカードに塗布したものが間接的に移る)



◆接点復活の処置

mini B-CASカードの接点じゃない面に、この様にセロテープを貼り余分な部分をカッターで切る。
→ より接点に密着
反対側の接点の面には接点復活剤を綿棒で塗布する。
→ 接触を改善
bcas_10_DSC03998a.jpg



サンドペーパー#1200をボール紙に重ねスロットへ挿入、B-CAS接点側の面を2、3度出し入れ往復。
→ スロット側の接触を改善
bcas_11_DSC04005a.jpg



以上、最後にmini B-CASカードを挿して作業は終了!
→この時、カード接点に塗布されている接点復活剤がスロット内の接点に微量に移り処置完了となる


「B-CAS厚み増し」「接点復活処置」の効果があって、不具合は出なくなった。
bcas_12_DSC04003a.jpg



◆感想など

そもそもだな、こんな意味のないB-CASカードなんてものは要らないんだよ!!
B-CASカードについて言いたい事はそれだけ(笑)


ところで話はNHK受信料に逸れるけれど、
TVに電話線やLANを繋げて各家庭のB-CASカードをNHKが識別できれば、受信料払っている家庭だけ視聴出来る仕組みは作れるんじゃないのかおい??(いわゆるスクランブル化)

受信料徴収についてあくまで僕の見解。
NHKには、確信犯的に「各家庭の契約で視聴出来るシステム」(いわゆるスクランブル)を作らない理由がある。
それが出来てしまうと、受信料の徴収が壊滅的に減ってしまい、これまでのNHKの年度予算が維持できなくなるからだ。 逆に徴収は減らない意見もあるが、視聴契約しない=払わない事が可能になると契約しない国民が今よりも絶対出てくる。 ウチは契約やめるよ! だってNHKは電通に侵されちゃってるし公共放送の役割なんて今は妄想だもん。 要らないもん。 他でもアレコレ指摘されている事だよねこれら。 
てなワケで、スクランブルの仕組みは絶対に作らないよNHKは。 物凄く不健全な体質だ。



◆活躍した道具たち

カッター、ハサミ、綿棒、紙ヤスリ、接点復活剤


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#76 間仕切りのレバーハンドル交換とか玄関のカギ洗浄とか

LEV_KEY_00_DSC04893a.jpg

【前半】
家族の約1名がどうにも...デジャヴ!! 部屋のモノを無断で持っていってしまう困ったちゃん(認知症)がおりまして、ドアレバーを付け替えた。
戸襖錠レバーハンドル表示錠
おまけにライト付きの鍵の制作も。

【後半】
それと回し難くなった玄関カギの洗浄

以上の2本立てデス!



◆戸襖錠→レバーハンドル表示錠への交換

バックセット

どのレバーハンドル表示錠なら合うのだろう?
確認すべき大事な部分はバックセット。 ココ合わせないと側面のラッチやレバーハンドルの軸が正しい位置にこない。
うちの戸襖錠は60mmだった。
LEV_KEY_05_DSC04855b.jpg



ロック機構

参考に、これは他の部屋のレバーハンドルなのだが、鍵を掛けるとラッチが固定される(引っ込まない)タイプ。つまり、ドアが開いた状態で鍵かけるとドアが閉まらない=ロックが出来ないのだ。 慣れているのでコレと同じ仕様がいいなと思いホームセンターにて相談してみると、そんなモノは一般的には無いと言われた。はぁ??
考え直して鍵かけてもラッチが引っ込む「ロックされるタイプ」で良いことにした。
LEV_KEY_07_20170126_112217a.jpg



ドアの開き、勝手

取り替えようとしているレバーハンドル錠は「チューブラ錠」と言う物なのだが、次のドアの左・右開き、左・右勝手の仕様については製品選択でほぼ考慮する必要は無い様だ

ドア外開き or 内開き
 それぞれラッチの向きが異なる。まれに向き指定(固定)の製品があったりするので要確認。
ドア左勝手 or 右勝手
 レバーの鍵(手で回せる側)が部屋の内側となるよう入れ替え必要だが、可能な製品がほとんど。
 出来ればハンドルの形状が入れ替えても変じゃない直線的なものを選んだほうが無難。

つか扉の「左勝手、右勝手」の定義があいまいでメーカーによって異なるみたい。蝶番の位置の事なのだが、「室外から見て」「扉の開き側から見て」「扉の押す側から見て」様々なのね。おいおい(笑)

2017/1/30 追記・・・「左勝手、右勝手」について
建築用語では「開き勝手」と言われているらしく、扉の開き側から見て蝶番がある方向を指す。これが基本なのかな。
LEV_KEY_08_047_4.jpg



レバーハンドル錠を選ぶ!

購入したレバーハンドル錠はコレ、ハイロジック NP-32M-W-B-60 ドイトで5300円ほどだった。 非常に握りやすく高齢者にやさしいハンドル形状。 チューブラ錠という種類で鍵の機能はおまけ程度のもの。 外側からは硬貨でもあれば解錠可能。 選定ポイントはハンドル形状が両方とも直線的(起伏はあるが)なところ。 曲線だと鍵の位置の都合で交換した場合上下逆になるので違和感となる。
LEV_KEY_10_DSC04845a.jpg
(ドア厚さ30~40mmに対応)



その他のレバー錠表示錠
レバー錠表示錠を検索!




付け替え

ようやく交換作業。
台座はカバーされていたので薄いシール剥がしでこじ開けた。
ハンドルのネジを外すとハンドルが外れ、台座のネジを外す。これでもう一方の片方の台座まで外れる。側面のラッチも外し解体終了。
LEV_KEY_11_DSC04860b.jpg


戸襖錠の固定方法は、2つの台座が”引き足”で引き合ってドアを挟む力で固定されていた。画像の通り中心の大きな穴の上下に開いているコブの様な穴が引き足を通していた空間。 さて、新しいレバーハンドル錠はソレとは異なる「台座を直接木ネジで固定する仕組み」だったのだが、この通り上下のコブみたいな穴のおかげで固定出来ない。 なので、上下の穴をチョット広げ、戸襖錠の引き足2本を利用して同様の固定方法に変更した。(木ネジは使えないので新たに4mm径・長さ20mmのナベネジを購入、4本必要。)
LEV_KEY_12_DSC04869a.jpg


ネジ固定はこの通り6箇所。ラッチも付け替え完了。
LEV_KEY_13_DSC04888a.jpg
(実は、数日経って認知症家族が日々ガチャガチャいじったせいでネジが緩んでいたのでロックタイト243と263を片側ずつそれぞれ塗布して強力に固定した。危ない危ない!)


さて、家族の約1名(認知症)の対策で常に鍵をする目的だったので、外側から解錠するための簡単なキーを作った。 初めは樹脂製だったのだがヤワ過ぎてアルミ平棒(ホムセンのドイトで購入)から作り直した。 100均ライトを付けて、これなら夜間も便利に使える。
LEV_KEY_14_DSC04911a.jpg
(自宅の天井の光源だけだと手元が影になってしまうので、どうしても手元に光源が必要なのだ)


先端は約1mm程度(硬貨程度)に研磨した。
100均ライトの固定は最終的にアルミ平棒にブチルゴムを巻いたうえで結束バンドで固定した。結束バンドのズレ防止。
LEV_KEY_15_DSC04951a.jpg


以上、戸襖錠→レバーハンドル表示錠付け替えは完了!






◆回し難くなった玄関カギの洗浄


齢20年以上の我が家の玄関カギが非常に回し難い。 MIWA LIX(TEO)タイプと言うモノらしいのだが、数年前から鍵専用の潤滑剤(スプレー式)は使っていたのだがそれでも効果が持続しないのだ。 ここらで全部解体してパーツクリーナーで洗浄する事にした。 やってみると大したことはないよ、分解なんて。


ウチの玄関ドアの鍵の仕組みはこんな感じ。
ドアを挟む縦長のレバーをまず分解。すると。上下のシリンダー錠が付いている内部の錠ケースが見える。
LEV_KEY_31_P1000125a.jpg


こんな感じ。で、見えてるネジを丁寧に全部外す。
LEV_KEY_32_MIWA_PA-01_TE-01a.jpg
(注)自分の場合、側面の下側のラッチのネジ2個のうち上のネジを止めている土台が中に落ちてしまった。ドアの下は開けられたので無事回収できた。(もしくは100均のピックアップツールで回収するとか)


外した「シリンダー錠」「錠ケース」はこの様にパーツクリーナーを内部にぶっかけ内部の汚れを流すべし!しつこい程にぶっかける!! 終わったら当然乾燥させるのだが、元々パーツクリーナーは早めに乾燥するのでドライヤーを遠目にかけて軽く湿気を飛ばした。
LEV_KEY_33_DSC05015a.jpg
(パーツクリーナーはホームセンターのカー用品で販売している。一番安いもので良い。)


最後に、鍵専用の潤滑剤を穴という穴に吹き付ける。これもパーツクリーナーと同じ要領で行った。
その場でシリンダー錠を錠ケースに仮付けして具合を見たが、非常に軽くなった事がわかり一安心。
LEV_KEY_34_DSC05025a.jpg
(注)汎用のグリスは絶対に使っちゃダメだよん。トラブルの元なので!(ググレカス)


鍵穴に使える潤滑剤の例
KURE(呉工業) ドライファストルブ (300ml) 速乾性潤滑スプレー [ 品番 ] 1039 [HTRC2.1]




以上、元通りに組み立てて玄関カギの洗浄は終了!







◆感想など

基本、どちらの作業もやってみるとなんて事は無いのだが、一番面倒だったのが前半のレバーハンドル表示錠選定時の「ドアの左・右開き、左・右勝手」の対応確認。 初めての事だったので、次の仕様がネット販売のページには全く記されていないために困った事。
 「外と内のハンドルが交換できるのか?」
 「ラッチは向きを変えられるのか?」
ほとんどがどうにでも対応できる製品ばかりだった。 一部の製品ではラッチの向きが記されていたのだが、見た感じ180度反転させれば良い感じだったので何故向きが固定なのか意味が分からなかった。(もしや、ラッチを横に貫通するレバー軸の回転方向が一方向なのかも) ラッチの向きが固定で無いか観察すべし。(固定なら”こちらが上”とかシールが貼ってある)

玄関ドアの鍵の分解については、経験しておくと仕組みが解ってくるので後々シリンダー錠や錠ケースの交換で役立つ。 防犯性能を高めるとか比較的容易に自分で安く出来るのでオヌヌメの作業だ。 どう仕様を確認するかと言うと、ドア側面の錠ケースのネジ止め近くに型番があるから(上下の錠ケースそれぞれ)ググると互換性のある商品が判る。 で、買って交換するだけ。 自分も近々やりたい。



◆活躍した道具たち


左から。
ニッパー、ラジオペンチ、棒ヤスリ(木工用)、糸のこ、プラスドライバー、シール剥がし
LEV_KEY_90_DSC05044a.jpg


受け皿(自分はカップ麺の器)
LEV_KEY_91_DSC05015e.jpg


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#74 小型カメラのバッテリー&コネクター交換

Q2CAM_00_DSC04500f.jpg
一般的には知られていない製品限定の話題で御免!
手のひらより小さいビデオカメラのバッテリーとその接続コネクターが壊れてしまい、修理した。 修理は簡単なのだがこれらの部品の規格が判らなくて手配などチョット苦労したお話も含めて。



◆ちょっと惜しい暗視カメラ「TUTA Q2」バッテリー&コネクターが壊れた

 2012年頃にあきばお~で購入したモノなのだが、メーカー不明で生産国は中国。WEBで探してみると「DVR-Q2」や「V90-Q2」が同じ製品っぽいのだが、それぞれ別のメーカーから売られている。
 省電力だしネジ穴がカメラの三脚のネジ対応なので設置には困らなそうだし、5、6千円ほどだっただろうか?これなら手軽に試せると思った。きっかけは自宅の敷地内が荒らされ、監視を思い立った経緯。
Q2CAM_05_DSC04508a.jpg



何が惜しいって、
・能書きだとバッテリーは1週間もつそうなのだが実際は赤外線センサーONの頻度によるので丸1日で切れる場合もある。
・赤外線センサーONで記録スタートまでに数秒遅延するため、人が写っていない場合が多い。
・ファイル名となる記録日時が、毎回日時指定を行った TIMECFG.TXT をmicroSDに書き込まないと反映されない。(らしい)
・スライドスイッチが滑ってON-OFFし難い。
 →これはプラリペアで突起を作って直した。以前書いた記事と同じ方法で。


問題は、自分の扱いが悪くて、動画ファイルをPCへ移すのに、
 「毎回バッテリーを上げmicroSDカードを取り出した結果、配線が疲労しコネクター部分で断線してしまった」
本来は本体USBへ直接PCからアクセスすれば良いのだがそうしなかった。加えて、
 「2、3度ハンダ補修のためコネクターから金具を引き出した結果、コネクターの樹脂部分を壊してしまった」
なので、この通り接点の金具を直接挿して騙し騙し使っていた。
それと、流石に4年目になると
 「バッテリーが消耗してしまい充電されなくなった」
Q2CAM_10_DSC04473a.jpg


さて、代替パーツを手配したいのだが、
・コネクターの規格が分からない!
・バッテリーは062025とあるが日本では売ってない?



◆コネクター、バッテリーの規格調べと購入~修理

先にコネクターが逝ってしまい「ZHコネクター」を買ってみたがピンの間隔が微妙に広くて(1.5mm)合わない事が判明。次にこの「1.25mmピッチの配線付き」を購入、これは合っていた。電動RCモノの配線に良く使われているらしい。
→Molex社の製品で51021-0300ハウジング+51021シリーズ用コンタクトピン、それと配線の組み合わせ
Q2CAM_12_DSC04472b.jpg


次にバッテリーが逝ってしまい、どうやら国内には皆無。1個単位で売ってるAliexpressへクレジットカードで注文。なんと納品まで1ヶ月かかった(笑)いいよいいよ!(ebayならPaypal支払い対応だし良いかも)
サイズが「25 x 20 x 6mm」らしいのだが実測「25 x 19.5 x 6mm」より微妙に大きいのが不安だったのだが。。。。。
Q2CAM_16_DSC04478a.jpg
※てゆーか、シールの型番間違ってるよおい!不安。。。。。
※自分が注文した商品頁はここなのだが、2016/11/1現在販売停止している。
※同じ仕様を改めて探すとこんな商品が1個単位で買える。店舗の評価もダイヤ2つ+100%なので悪くない。


コネクターをバッテリーの配線とハンダ付け。そう言えばシールに隠れているがちゃんと回路が付いているので保護されているのだろう。
Q2CAM_17_DSC04494a.jpg



バッテリーをカメラへセットするが微妙に大きく(前述の短い辺のサイズ19.5→20mm)ちょっと浮くのでフタが閉まらない。フタの内側の突起を削って調整。(ウレタン?も剥がした)
Q2CAM_18_DSC04486a.jpg



ケーブルの折りたたみ方はこんな感じで無理なくバッテリーを収納できている。
Q2CAM_19_DSC04500a.jpg



早速カメラのスイッチを入れると機能している事が確認できた。とりあえず充電!
実はバッテリーが微妙に大きい点に問題があった様で、バッテリー横のmicroSDカードを押してしまい(バッテリーを外すとmicroSDカードのロックが外れていて出てきた)一度書き込みがされていなかった。なので、バッテリーを包んでる銀の素材に圧力をかけバッテリーへ微妙に密着させた。(本来火事の元でよくないのだが)
現在はmicroSDカードへの記録は問題ない。



◆感想など

 海外の安物を買うとこんなところで苦労する。いや、それよりもバッテリー注文した海外サイトAliexpressではPaypal決済が使えなくてクレジットカードの番号を入力したのがとても不安。念のため、注文頁の画面で最後に「クレカの情報を記憶するか?」の質問は拒否した。後で知ったのだが、こんな時に有効なのが、自分が決めた額しか利用できない「Vプリカ」の利用がオヌヌメ。もしくはebayならPaypal決済が使えて安心なのでそちらで商品を探しまくればよかったかも。以前自転車パーツを買っているし。まあ、でもAliexpressもebayも店舗の評価を見れば信用度もわかるのでそこを見極めればいいかな。
 注文・決済・納品連絡の一連の対応に関しては、英語が出来ない自分でも経験者のブログを参照させていただきつつ、Google翻訳程度が出来れば簡単に利用できるのでどちらも抵抗は無い。

 このビデオカメラについては、小まめに録画映像をチェックするか、毎回日時指定を行った TIMECFG.TXT をmicroSDに書き込まないと反映されないので記録としての用途には向いていない。何となく、何があったのかを知るには手頃でいいかも。後継モデルも同じみたい。
 良いところは後ろのネジ穴。100均の三脚を分解してネジ部分を塩ビ管の先に付けてやれば、ベランダから下げて外の様子を捉える事も可能。塩ビ管内に電源配線も出来る。 



◆活躍した道具たち

ハンダゴテセット・・・参考:はんだこてセット
Q2CAM_90_IMG_2449b.jpg



ニッパー
Q2CAM_91_IMG_4987.jpg



ヤスリ
Q2CAM_92_IMG_5817.jpg




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)