カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「修理 」カテゴリ記事一覧


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#76 間仕切りのレバーハンドル交換とか玄関のカギ洗浄とか

LEV_KEY_00_DSC04893a.jpg

【前半】
家族の約1名がどうにも...デジャヴ!! 部屋のモノを無断で持っていってしまう困ったちゃん(認知症)がおりまして、ドアレバーを付け替えた。
戸襖錠レバーハンドル表示錠
おまけにライト付きの鍵の制作も。

【後半】
それと回し難くなった玄関カギの洗浄

以上の2本立てデス!



◆戸襖錠→レバーハンドル表示錠への交換

バックセット

どのレバーハンドル表示錠なら合うのだろう?
確認すべき大事な部分はバックセット。 ココ合わせないと側面のラッチやレバーハンドルの軸が正しい位置にこない。
うちの戸襖錠は60mmだった。
LEV_KEY_05_DSC04855b.jpg



ロック機構

参考に、これは他の部屋のレバーハンドルなのだが、鍵を掛けるとラッチが固定される(引っ込まない)タイプ。つまり、ドアが開いた状態で鍵かけるとドアが閉まらない=ロックが出来ないのだ。 慣れているのでコレと同じ仕様がいいなと思いホームセンターにて相談してみると、そんなモノは一般的には無いと言われた。はぁ??
考え直して鍵かけてもラッチが引っ込む「ロックされるタイプ」で良いことにした。
LEV_KEY_07_20170126_112217a.jpg



ドアの開き、勝手

取り替えようとしているレバーハンドル錠は「チューブラ錠」と言う物なのだが、次のドアの左・右開き、左・右勝手の仕様については製品選択でほぼ考慮する必要は無い様だ

ドア外開き or 内開き
 それぞれラッチの向きが異なる。まれに向き指定(固定)の製品があったりするので要確認。
ドア左勝手 or 右勝手
 レバーの鍵(手で回せる側)が部屋の内側となるよう入れ替え必要だが、可能な製品がほとんど。
 出来ればハンドルの形状が入れ替えても変じゃない直線的なものを選んだほうが無難。

つか扉の「左勝手、右勝手」の定義があいまいでメーカーによって異なるみたい。蝶番の位置の事なのだが、「室外から見て」「扉の開き側から見て」「扉の押す側から見て」様々なのね。おいおい(笑)

2017/1/30 追記・・・「左勝手、右勝手」について
建築用語では「開き勝手」と言われているらしく、扉の開き側から見て蝶番がある方向を指す。これが基本なのかな。
LEV_KEY_08_047_4.jpg



レバーハンドル錠を選ぶ!

購入したレバーハンドル錠はコレ、ハイロジック NP-32M-W-B-60 ドイトで5300円ほどだった。 非常に握りやすく高齢者にやさしいハンドル形状。 チューブラ錠という種類で鍵の機能はおまけ程度のもの。 外側からは硬貨でもあれば解錠可能。 選定ポイントはハンドル形状が両方とも直線的(起伏はあるが)なところ。 曲線だと鍵の位置の都合で交換した場合上下逆になるので違和感となる。
LEV_KEY_10_DSC04845a.jpg
(ドア厚さ30~40mmに対応)



その他のレバー錠表示錠
レバー錠表示錠を検索!




付け替え

ようやく交換作業。
台座はカバーされていたので薄いシール剥がしでこじ開けた。
ハンドルのネジを外すとハンドルが外れ、台座のネジを外す。これでもう一方の片方の台座まで外れる。側面のラッチも外し解体終了。
LEV_KEY_11_DSC04860b.jpg


戸襖錠の固定方法は、2つの台座が”引き足”で引き合ってドアを挟む力で固定されていた。画像の通り中心の大きな穴の上下に開いているコブの様な穴が引き足を通していた空間。 さて、新しいレバーハンドル錠はソレとは異なる「台座を直接木ネジで固定する仕組み」だったのだが、この通り上下のコブみたいな穴のおかげで固定出来ない。 なので、上下の穴をチョット広げ、戸襖錠の引き足2本を利用して同様の固定方法に変更した。(木ネジは使えないので新たに4mm径・長さ20mmのナベネジを購入、4本必要。)
LEV_KEY_12_DSC04869a.jpg


ネジ固定はこの通り6箇所。ラッチも付け替え完了。
LEV_KEY_13_DSC04888a.jpg
(実は、数日経って認知症家族が日々ガチャガチャいじったせいでネジが緩んでいたのでロックタイト243と263を片側ずつそれぞれ塗布して強力に固定した。危ない危ない!)


さて、家族の約1名(認知症)の対策で常に鍵をする目的だったので、外側から解錠するための簡単なキーを作った。 初めは樹脂製だったのだがヤワ過ぎてアルミ平棒(ホムセンのドイトで購入)から作り直した。 100均ライトを付けて、これなら夜間も便利に使える。
LEV_KEY_14_DSC04911a.jpg
(自宅の天井の光源だけだと手元が影になってしまうので、どうしても手元に光源が必要なのだ)


先端は約1mm程度(硬貨程度)に研磨した。
100均ライトの固定は最終的にアルミ平棒にブチルゴムを巻いたうえで結束バンドで固定した。結束バンドのズレ防止。
LEV_KEY_15_DSC04951a.jpg


以上、戸襖錠→レバーハンドル表示錠付け替えは完了!






◆回し難くなった玄関カギの洗浄


齢20年以上の我が家の玄関カギが非常に回し難い。 MIWA LIX(TEO)タイプと言うモノらしいのだが、数年前から鍵専用の潤滑剤(スプレー式)は使っていたのだがそれでも効果が持続しないのだ。 ここらで全部解体してパーツクリーナーで洗浄する事にした。 やってみると大したことはないよ、分解なんて。


ウチの玄関ドアの鍵の仕組みはこんな感じ。
ドアを挟む縦長のレバーをまず分解。すると。上下のシリンダー錠が付いている内部の錠ケースが見える。
LEV_KEY_31_P1000125a.jpg


こんな感じ。で、見えてるネジを丁寧に全部外す。
LEV_KEY_32_MIWA_PA-01_TE-01a.jpg
(注)自分の場合、側面の下側のラッチのネジ2個のうち上のネジを止めている土台が中に落ちてしまった。ドアの下は開けられたので無事回収できた。(もしくは100均のピックアップツールで回収するとか)


外した「シリンダー錠」「錠ケース」はこの様にパーツクリーナーを内部にぶっかけ内部の汚れを流すべし!しつこい程にぶっかける!! 終わったら当然乾燥させるのだが、元々パーツクリーナーは早めに乾燥するのでドライヤーを遠目にかけて軽く湿気を飛ばした。
LEV_KEY_33_DSC05015a.jpg
(パーツクリーナーはホームセンターのカー用品で販売している。一番安いもので良い。)


最後に、鍵専用の潤滑剤を穴という穴に吹き付ける。これもパーツクリーナーと同じ要領で行った。
その場でシリンダー錠を錠ケースに仮付けして具合を見たが、非常に軽くなった事がわかり一安心。
LEV_KEY_34_DSC05025a.jpg
(注)汎用のグリスは絶対に使っちゃダメだよん。トラブルの元なので!(ググレカス)


鍵穴に使える潤滑剤の例
KURE(呉工業) ドライファストルブ (300ml) 速乾性潤滑スプレー [ 品番 ] 1039 [HTRC2.1]




以上、元通りに組み立てて玄関カギの洗浄は終了!







◆感想など

基本、どちらの作業もやってみるとなんて事は無いのだが、一番面倒だったのが前半のレバーハンドル表示錠選定時の「ドアの左・右開き、左・右勝手」の対応確認。 初めての事だったので、次の仕様がネット販売のページには全く記されていないために困った事。
 「外と内のハンドルが交換できるのか?」
 「ラッチは向きを変えられるのか?」
ほとんどがどうにでも対応できる製品ばかりだった。 一部の製品ではラッチの向きが記されていたのだが、見た感じ180度反転させれば良い感じだったので何故向きが固定なのか意味が分からなかった。(もしや、ラッチを横に貫通するレバー軸の回転方向が一方向なのかも) ラッチの向きが固定で無いか観察すべし。(固定なら”こちらが上”とかシールが貼ってある)

玄関ドアの鍵の分解については、経験しておくと仕組みが解ってくるので後々シリンダー錠や錠ケースの交換で役立つ。 防犯性能を高めるとか比較的容易に自分で安く出来るのでオヌヌメの作業だ。 どう仕様を確認するかと言うと、ドア側面の錠ケースのネジ止め近くに型番があるから(上下の錠ケースそれぞれ)ググると互換性のある商品が判る。 で、買って交換するだけ。 自分も近々やりたい。



◆活躍した道具たち


左から。
ニッパー、ラジオペンチ、棒ヤスリ(木工用)、糸のこ、プラスドライバー、シール剥がし
LEV_KEY_90_DSC05044a.jpg


受け皿(自分はカップ麺の器)
LEV_KEY_91_DSC05015e.jpg


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#74 小型カメラのバッテリー&コネクター交換

Q2CAM_00_DSC04500f.jpg
一般的には知られていない製品限定の話題で御免!
手のひらより小さいビデオカメラのバッテリーとその接続コネクターが壊れてしまい、修理した。 修理は簡単なのだがこれらの部品の規格が判らなくて手配などチョット苦労したお話も含めて。



◆ちょっと惜しい暗視カメラ「TUTA Q2」バッテリー&コネクターが壊れた

 2012年頃にあきばお~で購入したモノなのだが、メーカー不明で生産国は中国。WEBで探してみると「DVR-Q2」や「V90-Q2」が同じ製品っぽいのだが、それぞれ別のメーカーから売られている。
 省電力だしネジ穴がカメラの三脚のネジ対応なので設置には困らなそうだし、5、6千円ほどだっただろうか?これなら手軽に試せると思った。きっかけは自宅の敷地内が荒らされ、監視を思い立った経緯。
Q2CAM_05_DSC04508a.jpg



何が惜しいって、
・能書きだとバッテリーは1週間もつそうなのだが実際は赤外線センサーONの頻度によるので丸1日で切れる場合もある。
・赤外線センサーONで記録スタートまでに数秒遅延するため、人が写っていない場合が多い。
・ファイル名となる記録日時が、毎回日時指定を行った TIMECFG.TXT をmicroSDに書き込まないと反映されない。(らしい)
・スライドスイッチが滑ってON-OFFし難い。
 →これはプラリペアで突起を作って直した。以前書いた記事と同じ方法で。


問題は、自分の扱いが悪くて、動画ファイルをPCへ移すのに、
 「毎回バッテリーを上げmicroSDカードを取り出した結果、配線が疲労しコネクター部分で断線してしまった」
本来は本体USBへ直接PCからアクセスすれば良いのだがそうしなかった。加えて、
 「2、3度ハンダ補修のためコネクターから金具を引き出した結果、コネクターの樹脂部分を壊してしまった」
なので、この通り接点の金具を直接挿して騙し騙し使っていた。
それと、流石に4年目になると
 「バッテリーが消耗してしまい充電されなくなった」
Q2CAM_10_DSC04473a.jpg


さて、代替パーツを手配したいのだが、
・コネクターの規格が分からない!
・バッテリーは062025とあるが日本では売ってない?



◆コネクター、バッテリーの規格調べと購入~修理

先にコネクターが逝ってしまい「ZHコネクター」を買ってみたがピンの間隔が微妙に広くて(1.5mm)合わない事が判明。次にこの「1.25mmピッチの配線付き」を購入、これは合っていた。電動RCモノの配線に良く使われているらしい。
→Molex社の製品で51021-0300ハウジング+51021シリーズ用コンタクトピン、それと配線の組み合わせ
Q2CAM_12_DSC04472b.jpg


次にバッテリーが逝ってしまい、どうやら国内には皆無。1個単位で売ってるAliexpressへクレジットカードで注文。なんと納品まで1ヶ月かかった(笑)いいよいいよ!(ebayならPaypal支払い対応だし良いかも)
サイズが「25 x 20 x 6mm」らしいのだが実測「25 x 19.5 x 6mm」より微妙に大きいのが不安だったのだが。。。。。
Q2CAM_16_DSC04478a.jpg
※てゆーか、シールの型番間違ってるよおい!不安。。。。。
※自分が注文した商品頁はここなのだが、2016/11/1現在販売停止している。
※同じ仕様を改めて探すとこんな商品が1個単位で買える。店舗の評価もダイヤ2つ+100%なので悪くない。


コネクターをバッテリーの配線とハンダ付け。そう言えばシールに隠れているがちゃんと回路が付いているので保護されているのだろう。
Q2CAM_17_DSC04494a.jpg



バッテリーをカメラへセットするが微妙に大きく(前述の短い辺のサイズ19.5→20mm)ちょっと浮くのでフタが閉まらない。フタの内側の突起を削って調整。(ウレタン?も剥がした)
Q2CAM_18_DSC04486a.jpg



ケーブルの折りたたみ方はこんな感じで無理なくバッテリーを収納できている。
Q2CAM_19_DSC04500a.jpg



早速カメラのスイッチを入れると機能している事が確認できた。とりあえず充電!
実はバッテリーが微妙に大きい点に問題があった様で、バッテリー横のmicroSDカードを押してしまい(バッテリーを外すとmicroSDカードのロックが外れていて出てきた)一度書き込みがされていなかった。なので、バッテリーを包んでる銀の素材に圧力をかけバッテリーへ微妙に密着させた。(本来火事の元でよくないのだが)
現在はmicroSDカードへの記録は問題ない。



◆感想など

 海外の安物を買うとこんなところで苦労する。いや、それよりもバッテリー注文した海外サイトAliexpressではPaypal決済が使えなくてクレジットカードの番号を入力したのがとても不安。念のため、注文頁の画面で最後に「クレカの情報を記憶するか?」の質問は拒否した。後で知ったのだが、こんな時に有効なのが、自分が決めた額しか利用できない「Vプリカ」の利用がオヌヌメ。もしくはebayならPaypal決済が使えて安心なのでそちらで商品を探しまくればよかったかも。以前自転車パーツを買っているし。まあ、でもAliexpressもebayも店舗の評価を見れば信用度もわかるのでそこを見極めればいいかな。
 注文・決済・納品連絡の一連の対応に関しては、英語が出来ない自分でも経験者のブログを参照させていただきつつ、Google翻訳程度が出来れば簡単に利用できるのでどちらも抵抗は無い。

 このビデオカメラについては、小まめに録画映像をチェックするか、毎回日時指定を行った TIMECFG.TXT をmicroSDに書き込まないと反映されないので記録としての用途には向いていない。何となく、何があったのかを知るには手頃でいいかも。後継モデルも同じみたい。
 良いところは後ろのネジ穴。100均の三脚を分解してネジ部分を塩ビ管の先に付けてやれば、ベランダから下げて外の様子を捉える事も可能。塩ビ管内に電源配線も出来る。 



◆活躍した道具たち

ハンダゴテセット・・・参考:はんだこてセット
Q2CAM_90_IMG_2449b.jpg



ニッパー
Q2CAM_91_IMG_4987.jpg



ヤスリ
Q2CAM_92_IMG_5817.jpg




(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#71 N社製 ハイブリッド除湿機の中身をお掃除

DRY_00_DSC04317a.jpg

 9年前(2007年)に買った National ハイブリッド方式除湿機 F-YHC100 の中身を分解し、長年こびりついていた汚れを駆逐した。 長い間室内干しの洗濯物の悪臭の原因が判らず室内干し用洗剤を使ったのだがそれも効果が無く、ようやく行き着いたのが除湿機内部の清掃だった。 除湿機の送風とか部屋に充満した臭いが何となく変だったしね。 内部清掃の結果、今のところ乾燥した洗濯物には悪臭が無い。ビンゴだろう。

ところで、ああ、2007年のこの製品はまだ「ナショナル」ブランドだったんだね。

あ・か・るーいナショナール♪あ・か・るーいナショナール♪( ´θ`)ノ (Youtubeに飛びます)

 やはり昭和生まれにはこのブランド名の響きの方が馴染んでいるな。 パナソニックの文字を見たのは1990年前後の携帯カセットプレーヤーのPanasonicロゴが初めてで、まさかこのブランド名に統一されちゃうなど思いもしなかった。 1980年代後半にパナソニックブランド統一が提案された時は松下幸之助さんの反応が悪く(それを聞いた幸之助はしばらく言葉を失い顔をぶるぶると震わせた、という表現で伝えられている)、統一が保留となっていた時期がある。 うちにはまだ現役のNATIONALラジカセ RQ-548 (通称マック18)があり、このブランドの電気製品は2つ所有している訳だ。
と言う話は置いといて。



◆除湿機の分解・清掃


内部に残っている水が漏れ出る事も考えて作業はお風呂場にした。 狭かったなぁ。
新聞紙をひき排水口には適当な大きさのダンボールでフタをした。 ネジが落ちたら悲劇だ。
DRY_10_DSC04246a.jpg


まずは説明書通りフィルターの清掃から。・・・て、説明書にはメンテナンスに関連する記述がこれしか無いのだが、内部がメンテナンス・フリーだなんてあり得ない。
DRY_12_DSC04248a.jpg




説明書には内部のメンテナンスについて記述が無い。これは恐らく次の説明に該当するのだろう。
→ 「それでも直らないときは、お買上げの販売店に修理を依頼して下さい。」

はぁ、、、やなこった!



フィルター外して更に奥を良く見ると、ほらほら!ラジエーターのフィンらしき全体にビッシリとホコリが詰まっているのがわかる。
DRY_13_DSC04251a.jpg



分解に着手する。
側面から、ネジを外し上にずらすと外れる。 見えている他のネジ(青い矢印)も外しておく。
DRY_14_DSC04256a.jpg


吸気面のネジ全てを取ると、この様に外れる。
DRY_15_DSC04253a.jpg


放熱器のフィンに9年間溜まったホコリ。 フィンは非常に柔らかく曲がりやすいのでブラシ・ノズルで気をつけて吸い取った。
後ほど別の方法で綺麗に掃除をするので、ここではある程度で良い。
DRY_16_DSC04265a.jpg


次は反対側。
冷風ルーバーを外して奥のネジ2本を取ると外れる。
DRY_18_DSC04276a.jpg


カバーがあるので左右のネジを取って外すと、冷却器が現れる。
カビっぽい黒いモノがフィンとカバー内側に こびりついていた。コレだよコレ!まずカバー側を無水エタノールで清掃。(樹脂部分はマジックリンなどでも良い)
DRY_19_DSC04281a.jpg


冷却器の方は湿っていて掃除機では対応できない。
無水エタノール(エアコン洗浄スプレーなど)をフィン全体に吹き付け、歯ブラシで汚れを掃き出した。
DRY_20_DSC04290a.jpg



先程の放熱器もこの方法で清掃すべきだが、
冷却器も含めて裏側も露出させて全てやんないきゃダメだな!って事で更に分解を進めた。
中心の大きなファンの構造物を外す。


タンク側のこのネジ1本を外す。
放熱器、冷却器とも外側にちょっと開いて少し外す。すると中心にあるファンがタンクと反対側に90度倒せた。
ファンはケーブルに負荷がかからない様、ちょうど良い高さの椅子に乗せた。(ダイソー200円の踏み台の高さ18cmが丁度良かった。)
DRY_21_DSC04298a.jpg


放熱器、冷却器を露出できたのでフィン全体に無水エタノールをぶっ掛けて歯ブラシで清掃。
一つの汚れも逃さず時間を掛けて掃き出した。
DRY_22_DSC04304a.jpg
※反対側からライトを当てると残っている汚れがわかる。


まだよ!まだ!
冷却器の下、落ちた水滴をタンクへ流す受け皿的なモノが汚れていたので、冷却器を若干持ち上げて汚れを除去した。 無水エタノール、ウエットティッシュなどを使ったり、狭い場所にドライバーにウエットティッシュ絡めたり。
DRY_23_DSC04305a.jpg


フィンの清掃が終わり、ドライヤーをフィン全体に当てて乾かした。
DRY_24_DSC04307a.jpg



時間がかかりすぎた。そろそろ時間切れ。
実際は確認しながら手探りで作業していて、ここまで3時間以上かかっていた。


冷却器より内側のファン側にはこんな構造があって、黒いモノが付着していたので掃除機のブラシ・ノズルで軽く吸い取った。 もろく出来ているのでぶつけないように注意しながら。
DRY_26_DSC04301a.jpg
※後から判ったが「除湿ローター」と言う物



時間的に内部清掃はここで終了!
中央のファンまで分解・清掃するには、もっと広い場所で、ケーブル類にも配慮しなければならない。 ただ、上部の排気口からファンを覗くとファンの羽根にはホコリが着いていなかったので一安心?!?!

元通りに組み立てる。上述の逆を辿って。

最後に「貯水タンク」の中も黒ずんで汚れていたので、こちらはお風呂用の洗剤(カビ取り剤)とブラシで洗浄した。


そしてそして!
今後少しでもホコリの侵入を防ぐべく、100均エアコン用フィルターを吸気面に取り付けた。 風量は落ちないし出来ることはやっておこう。
DRY_32_DSC04323a.jpg



後でパナソニック製品HPを調べると参考になるハイブリッド機構の図があった。 そうそう、こんな感じの構造。
DRY_30_F-YHC100_jn070226-1-2a.jpg
出典:パナソニック F-YHC100プレスリリースの頁より




◆感想など

その後、この除湿機で洗濯物を乾燥させたが悪臭は全く無い。 何より除湿機の吹き出し口の臭いが良い感じである。

それにしても、除湿機の説明書に何も書かれていないのだが、エアコンでもファン・ブレードや熱交換器のフィンを清掃する事は常識なので、空調機器の類が内部メンテフリーって事は無いだろう。 
 「(乾燥した洗濯物含め)悪臭=メーカーへ内部清掃の依頼」
の判断とか認識は盛り込むべきだろう。 それ含めちゃうと「手間がかかる」「金食い虫」とか思われるのがメーカーにとってはマズイのかな? 他社のはどうなのだろう?
と言うか、エアコンの様に「フィルター開けて熱交換器のフィンに洗浄スプレーぶっ掛けて掃除」が出来ないなんて製品としてどうなのだろう??と疑問に思った。

作業の注意としては、放熱器と冷却器のフィンは薄く刃物の様に鋭利なため、肌がこすると切れる。 自分はソレで知らずに手を傷つけて血だらけになっていた。(笑) また、薄いフィンは簡単に曲がってしまうので、そうなったら極力元通りに直すこと。



◆活躍した道具たち


これです(笑)

LEDライト、ウェットティッシュ、ドライバーセット、無水エタノール、ハケ類(歯ブラシだけ使った)、
掃除機(ブラシノズルも)、ドライヤー、踏み台(高さ18cm、ダイソー)、新聞紙
DRY_90_DSC04246b.jpg


清掃に無水エタノールを選んだ理由は金属類には最適で手元にあったから。 ただし無水なので除菌にはならないので、消臭・除菌を兼ねるなら良くある「エアコン洗浄スプレー」で良いと思う。


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#70 キッチンタイマーの電池室修理、音量UPなど

TMR_00_DSC00595c.jpg

お題は上の画像の通り。
a.電池室修理
b.ボタン文字復元
c.音量UP改造

10キータイプのキッチンタイマーは1000円前後でしょうし、この3つに手を付けると新たな道具やなどを用意するだけでタイマー2つは買えちゃう、なんてお方にはオヌヌメしません(笑) 自分はその準備がほぼ出来ているのと、少々の事では廃棄物を増やさない、それと音量UPに関しては新品買っても満たさない、て事で実行した。 音量UP改造は効果的なので、穴あけ+ホットメルトの道具があるのなら是非オヌヌメである。


◆まずは清掃

可能な限り分解
TMR_10_DSC00615a.jpg


台所で10年以上使ったのでそれなりに汚れていたし、スキマに溜まった汚れで10キーボタンが固着寸前だった。
手持ちで効果的なシール剥がし剤を使って長年の汚れを落とした。 エタノールやマジックリンでも良いだろう。
TMR_11_DSC00619a.jpg


清掃完了!スッキリ。



◆電池室の修理

+-両方の端子が外側に曲がっており、電池が外れてしまう状態。
分解したところ片方がほぼ折れていた。
TMR_12_DSC00597a.jpg


片方ずつプラリペアで垂直に直す。一方は針金を用いて内側にテンションをかけ、プラリペアを塗布。
(塗布する場所はエタノール清掃&紙ヤスリなどで傷つけ馴染む様にした)
TMR_13_DSC00637a.jpg
※プラリペア、画像では少量だがこの後しっかり重ねて頑丈に固めている。
※代わりにホットメルトなら安く済むが、硬さが無い分大量に使えばイケるかも知れない。


もう一方の折れてる方は、折れ口両側を研磨。セロテープで垂直に固定しプラリペアを塗布。
TMR_15_DSC00628a.jpg


組み立てて接点となるスプリングが強すぎる事が判明。先端を少しカットした。(切り口が鋭利でないか確認)
→外側に曲がってしまったのはこれが原因だろう
TMR_16_DSC00690a.jpg


電池室修理完了!



◆ボタンの文字を復元

文字復元は「スプレー」「テプラ貼り」の2通り行うが、まずはボタンの文字部分を平に研磨する必要がある。
TMR_17_DSC00654a.jpg
※手持ちが豊富だったのでこんな段階でツルツルに仕上げたが、#400、#3000近辺の2種類あれば良いと思う。


スプレーで文字を復元
元に近い書体でテプラの印刷。ボタンに貼り付けてカッターで文字部分を切り抜く。
マスキングしたうえで白のスプレーで着色、しばらく乾燥。第一段階オワタ!
TMR_18_DSC00644a.jpg


テプラを貼って復元、そして透明スプレーで仕上げ
もう一つは、テプラの印刷をそのままボタンに貼り付けるだけ。(適当に切って)
そして、前述のスプレーで文字を着色したボタンと一緒に透明スプレーを吹き付け保護する。
TMR_19_DSC00671a.jpg


この2段階の作業で文字修復は終了!
着色&保護のスプレーは、100均のアクリル・スプレー白と透明がコスパ高くて良い。
(着色=アクリル、透明=ラッカーの組み合わせはダメ。両方合わせよう。)



◆音量を上げる

方法は、背面向きの圧電スピーカーを横に開けた穴に移動するだけ。これは効果的。
(画像には無いが、元の穴は適当に塞いだ)
TMR_20_DSC03863a.jpg


他のキッチンタイマーでも同様の改造をしていて、こちらもしっかり音量が上がっている。
TMR_21_DSC04175a.jpg



これで、壁に遮られていた音が直接空間へ伝わる。
音量UPの改造完了!



◆その他~磁石の交換~

ついでに磁力が弱くていつも落ちそうだったので100均マグネット(ちゃんとネオジウムの強力なやつ)に交換した。


なんと、元の磁石のうち1つが全く磁力が無い。良く観察すると裏表逆になっており磁力がある面+無い面のモノだった。 そんなの人生初めて見た(笑) つか貼り付け面を間違えた製造ミスだろう。
TMR_25_DSC00724a.jpg
(3箇所のうち下の1個だけ元のまま残した)



◆感想など

きっかけは、お袋さんの耳が遠くなりアラームに気が付かなくなったため、どういう方向で手を付けようかと思案した結果。 毎回ガムテープで電池を留めていたのでよく見ると電池室がボロボロ、ボタンの文字もボロボロ。 10年以上使い込んで随分と酷使しちゃったなぁと思い、全部丸ごと解消するに至った。 
たかが物、たかが1000円位、て思わないのね自分は。 回路が壊れた訳ではないし、ひと手間かけて直してやりたい。
これからもお世話になります。



◆活躍した道具たち

プラスドライバー(小)、シール剥がし(汚れ落とし)、カッター、ラジオペンチ、ニッパー
TMR_90_DSC04234a.jpg


紙ヤスリ#400、#3000、ラッピングフィルム #6000(仕上げ用)
TMR_91_DSC00656a.jpg


電動ドリルドライバー
(2016/8 現在の売れ筋は充電式ドライバドリル 10.8V DF330DWSP 家庭のDIY用途に活躍する)
BOARD2_93_E_DRILL.jpg


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#68 ロールペーパーホルダーの石膏ボード固定を補強

BOARD2_00_DSC01696a.jpg

直接のネジ留めで露呈する石膏ボードの脆(もろ)さ。 これは、2つ前の記事「#66 階段3箇所に手すりを取り付けたの巻!」より前に、今回のロールペーパー・ホルダーの補強で再認識していた。 この家に住んで20年もの間にロールペーパーホルダーのネジの穴が何度か”ネジ馬鹿”状態になり、位置を変えて騙し騙し取り付け直していたのだが、ここらでしっかり固定する事にした。 何かの拍子に「手をぶつけたり」「体重掛けちゃったり」ホルダーに力を掛けてしまい石膏ボードのネジが広がって緩んでしまっていたので、それを想定しての補強がこの画像の「補強板」&「石膏ボード用ネジ」。



◆補強作業


状況はこんな感じ。 ネジ馬鹿になり何度もずらして留めた跡。
このままだと留める所が無くなってしまう(笑)
BOARD2_10_DSC01693a.jpg



恒久処置として、5mm圧の補強板で土台を作る事。
ホームセンターで朴の木(ほおのき)が安かったのでこれを購入し、ホルダーに合わせて加工。 
・取り付け面の大きさに合わせてノコギリでカット。 
・角をヤスリで削り曲面にする。
・ホルダーの色に合わせスプレーで着色。(壁の色でも良い)
ネジ穴は予めネジより細めの下穴を開け、ネジ頭が埋没する程度の深さをフリードリルで削った。
BOARD2_12_DSC01691b.jpg
(板、カラースプレーは100均でも販売されている。ただし100均スプレーは臭いがキツイ。)



補強板を石膏ボード用ネジ4箇所で固定。 さらにロールペーパー・ホルダーも同じネジ3箇所で固定。
BOARD2_15_DSC01696c.jpg
※ホルダーのネジ位置は以前の穴と若干ずらしてある。
※ホムセンで見比べた石膏ボード用ネジとコーススレッドのねじ山の形状・高さなど違いが分からないので代用可能っぽい。



石膏ボード用ネジ合計7箇所で圧力分散しているので、以前と比較にならない程丈夫に固定された。

以上、作業完了!



◆感想など

ポイントは、補強板をホルダーの大きさと同じにするならネジ頭をしっかり埋める事。 ぶつかってしまうので。
補強は板を使わずアンカーを使う方法もある。 この時はまだアンカー使った経験が無かったので補強板の方法にしただけ。
→ 参考:#66 階段3箇所に手すりを取り付けたの巻!

位置をずらしたくなかったら今回の様に補強板の方法が有効だと思う。(ホルダー固定の壁の穴が以前と同じでも)
もっと強者は、ネジ馬鹿になった穴周辺の石膏ボードを切り外し、付け替え、完全補修したうえで取り付け直すかも知れない(笑) Youtubeの石膏ボード補修は一見の価値アリ。 でも石膏ボードって車でなければ運べない大きなサイズしか売ってないんだよなぁ。 工務店かどこかで端材みたいなの頂けないかな?(笑)

こういう物がグラグラしていると精神衛生上ストレスの元になるのね。 だから一つづつ問題は潰していく。 家にはまだまだストレスの元はあると思う(笑) あ、あったあった!! 雨樋(あまどい)の傾きとか直さなきゃな・・・・


◆活躍した道具たち



ノコギリ(30年以上前、中学時代の技術家庭で購入したもの)
BOARD2_91_DSC02566a.jpg


木工ヤスリ
BOARD2_92_DSC02570a.jpg


電動ドリルドライバー
(2016/8 現在の売れ筋は充電式ドライバドリル 10.8V DF330DWSP 家庭のDIY用途に活躍する)
BOARD2_93_E_DRILL.jpg


ドライバーセット(今回はプラスのみ使用)
BOARD2_94_DSC02971a.jpg



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。