スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#79 醤油差しのパッキン修理は他力本願で

seal_00_DSC05871_top.jpg
長年食卓で活躍してきた醤油差し。蓋のゴムパッキンが消耗して漏れてしまう状態だったので、オーダーメイドのシリコンゴム・パッキンへ付け替えて醤油差しを復活させたの巻。 



この醤油差し、容器の素材はガラス。重厚で存在感のある質感。古いけれど良いモノだそうで、悪い部分は修理してモノを生かす自分の主義に従った。一時的な「修理費用>買い替え費用」ではあるものの、モノの延命で帳消しになる思考だから廃棄品にはしない。



◆他力本願修理までの経緯

蓋の内側に合わせ、初めは以前作ったパッキンの例と同様に100均で買ったシリコン素材から作ったのだが、大きさ(外径53mm、内径43mm)は判明したものの薄すぎて水漏れは防げなかった。シリコンは厚さ1mmに満たないもの。
seal_10_DSC05797a1.jpg



そこで、少し厚めの1mm近いシリコン素材を3枚重ねたのだが、合計厚さ2.5mm位でも水漏れは防げず失敗。
seal_11_DSC05808a.jpg





ちょっと待て!
厚さだけでなく「重ねる」にも問題があるやも知れない。圧力がかかると重ねたパッキンがズレて気密性が保てない可能性もある。 簡単に水漏れしてしまったので、厚さ3mm以上は必要と想定して厚さ4mmのパッキンを調達する事にしようか。 厚さの根拠は、蓋の閉め始め(掛かり始め)~締め切った位置までの深さが4mm以上ある様だったから。
さて、厚さ4mmのパッキンを作・・・・これは考えても技術が伴わないので諦めた(笑) その素材が手に入ったとしても、綺麗に「筒状のカット」なんで出来る見込みがない。




結局、薄々答えは決まっていた感じなのだが、「ゴム通の eカット」へオーダーする事にした。
こんな風に、素材・形状選択、サイズ入力(前述で何度も測り確定した寸法で)、数量入力をするだけなので簡単。
シリコーンゴムシート<50>を選択した理由は耐久性が良い事に加えて厚生省告示第85号に適合しているから。人の口に入る醤油を扱うのだからね。
seal_12_WS0008a2.jpg



注文から3日目に届いた。流石にオーダー品は綺麗な仕上がり!早々醤油差しの蓋に取り付けるとサイズはピッタリで、元からこのパッキンだった様な馴染み具合。全く漏れは無くなった。
seal_13_DSC05867a.jpg



パッキンは送料含めて1個1000円と一見お高いけれど、醤油差し自体の質とのバランスを考えれば不満もなく直って満足。





◆感想など

補修部品を作るのにゴム系だと厚さに対応するのがちょっと困難なのね。 その点ゴム通さんは便利だ! オーディオカセットメカのアイドラーなんかも精度良く仕上がるのだから。(一度利用してラジカセ直しているけれど記事にはしていない)
大変な時は、ムリな時は、頑なに生み出そうとせず頼っていいんだよ!(笑)



◆活躍した道具たち

オーダー品に頼ったとは言え、寸法の確定に試行錯誤で使った道具たち。


ノギス、コンパス&シャープペン、カッター、マジック、ハサミ、そしてカッター作業マット
seal_90_DSC05818a.jpg


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#75 分別タイプのゴミ箱を作った

trash_00_DSC04735b.jpg
100均商品も使って分別ゴミ箱を作った
今までは1つのゴミ箱の中に2つのビニール袋を入れて分別していたのだが、家族の約1名がどうにも協力的ではなくて、分別どころかビニールの中にすら入れてくれない。と言うのが発端。


◆材料探し

分別ゴミ箱、市販のモノがあるにはあるのだが、開口部が狭かったりフタの作りが凝っている割には隙間があって悪臭が漏れる感じだったり。希望に合うモノが無い。


結局、100均(キャンドゥ)で丁度良い形のゴミ箱を見つけたのでこれを2個利用する事にした。
trash_05_DSC04659a.jpg
※日本製!


フタは下敷き2枚を利用。これもキャンドゥ。
trash_10_DSC04655a.jpg
※これまた日本製!!



◆組み立てる

2つのゴミ箱はテープ貼って繋げちゃうのだが、なるべく薄くて強度のあるモノを使う。(でないとフタに隙間が出来てしまう)
自分は強力な3M スコッチ 強力片面テープ #879 25mm×5m巻を使っている。経年劣化が非常に少なく屋外でも威力を発揮するもの。フタの取り付けもこれが最適。
trash_14_DSC04684a.jpg
※その後、100均で強度のありそうなグラスファイバー粘着テープを発見。ただし硬いとフタの取り付けには使えない。
(時間と金に余裕があれば接着部分を少し削ってプラリペアで完全に接合しちゃう方法もあるけれど。ネジ類は突起物だから除外。)


ちょっと悩んだのは底面の固定。ゴミ箱は台形なので前述の様に上部を繋げると下は隙間が出来てしまう。緩衝材に使う発泡素材があったので隙間に合わせてカット(微妙に台形)して接着剤で固定した。
trash_13_DSC04681a.jpg


フタとなる下敷きはプラスチックカッターでカット。ゴミ箱の開口部の幅より微妙に(0.5mmとか)小さくカットする。怪我防止として角をハサミで丸くカットした。
trash_11_DSC04663a.jpg


取り付ける際はこんな感じの位置で。手に引っ掛けて持ち上げる側を少し出す。
trash_16_DSC04668a.jpg


完成!
スケルトンだと量がわかるし良い感じだ。
trash_15_DSC04730a.jpg



市販の分別ゴミ箱は2000円~。
対して今回作っったモノは材料だけなら432円。
テープが100均で調達出来れば(前述のグラスファイバー粘着テープなど)108円。
そして隙間固定用の発泡素材?円と接着剤(セメダインスーパーX2)500円ほど?
合計1040円+?円で恐らく1000強かかる感じだろうか。



◆感想など

何かと困った時の100均さまさま(笑) 本当に助かる。
フタはほぼ密閉構造だし、臭いを気にしてビニール袋を閉じなくとも良くなった。実際に家族に使ってもらっているが、ちゃんと分別もゴミの入れ方も守ってくれているので悩みはおおよそ解決した感じ。 一つ、このままだと低い位置なのでどうしたものかと思ったが、有りモノの台に置いて丁度いい高さになった。
アレコレと、悩んだら作って解決だなぁ(笑)



◆活躍した道具たち

カッターマット(下)、プラスチック・カッター、マジック、ハサミ、セロテープ(マーキング時に一時利用)
trash_90_DSC04841a.jpg



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#69 100均商品を普通に使える様にする~窓用補助錠の巻~

MLOCK_00_DSC04167b.jpg
思い立って、自室の窓を固定すべく100均の窓用補助錠を購入した。 が、全く使えない(笑)
使い方は、クランプの様な2つのアゴ(ツメ?)を窓枠の隙間に入れ、つまみを回すと広がり窓を固定できるハズ。 だがしかし、100均のこれは少しでも負荷がかかるとつまみが回せないのだった。
(o_ _)o ドテッ

100均商品はすぐ交換に応じてくれるが、嫌な予感しかしない。 2個買って両方とも使えなかったし、不良じゃなくて構造上のアルアル問題っぽかったので交換しても無駄足になりそう。 そう、直感的に構造上の問題だと思った。

可動部を観察しグリスを注入したが動かず、更に観察。


こうして手にとってクランプの様な2つのアゴを挟みながらつまみを回そうとしたところ、内部の板が傾いている事が判った。 で、想像したのだが、内部の板が傾くと先端に大きな負荷がかかって(引っ掛かり)動かないのだろうと。
MLOCK_11_DSC04170b.jpg
※何故つまみを回転させるとアゴが動くのか、の仕組みは置いといて。(後述)


ならば、板を水平にする事で摩擦が板全体に分散されるだろう。 て事で、画像の様にペンチで本体4箇所を若干押し付けて変形させ、内部の板になるべく密着させた。 あまり強すぎると動かなくなるので程々に。
すると呆気無く改善。 アゴを挟んで負荷をかけてもつまみを回して動くようになった。
MLOCK_12_DSC04171a.jpg


多少まだ負荷は感じるが、解決としよう!
実用に耐えうる程度に直せたし、時間をかけるのも程々にね(笑)




おまけ
内部の構造が見たくなりついでに開けてみたのだが、おおよそ想像通りだった。 つまみを回すと、つまみ裏のらせん状が板の裏にある複数の突起物を順に捕まえて移動させる仕組みだ。
更なるスムーズさを求めるなら、負荷のあった板の先端辺りを研磨すると良いだろう。
MLOCK_20_DSC04146b.jpg





◆感想など
100均商品の使えないアルアルに引っかかるのはマレにある事。 改善出来ない事もあるけど今回は直せて良かった(笑) いやいやホント頼むよ100均商品!手を抜かないで欲しいね。 100均だから文句が言えない、てのは逆で使えないモノは無駄に売るな!と言いたい。 100均のコストパフォマンスのステータスが台無し。 人が持ってる”モノを愛でる心”が壊されちゃうね。 別に高品質は求めてない。 ブツブツブツ・・・
昭和生まれのオッサンが送ってきた時代には考えられない程100均商品はパラダイスなのだが、モノの命が軽くなった部分はダメなところだな、と思う。



◆活躍した道具たち

小型のマイナスドライバー、ペンチ(大)
MLOCK_91_DSC04164a.jpg


(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#68 ロールペーパーホルダーの石膏ボード固定を補強

BOARD2_00_DSC01696a.jpg

直接のネジ留めで露呈する石膏ボードの脆(もろ)さ。 これは、2つ前の記事「#66 階段3箇所に手すりを取り付けたの巻!」より前に、今回のロールペーパー・ホルダーの補強で再認識していた。 この家に住んで20年もの間にロールペーパーホルダーのネジの穴が何度か”ネジ馬鹿”状態になり、位置を変えて騙し騙し取り付け直していたのだが、ここらでしっかり固定する事にした。 何かの拍子に「手をぶつけたり」「体重掛けちゃったり」ホルダーに力を掛けてしまい石膏ボードのネジが広がって緩んでしまっていたので、それを想定しての補強がこの画像の「補強板」&「石膏ボード用ネジ」。



◆補強作業


状況はこんな感じ。 ネジ馬鹿になり何度もずらして留めた跡。
このままだと留める所が無くなってしまう(笑)
BOARD2_10_DSC01693a.jpg



恒久処置として、5mm圧の補強板で土台を作る事。
ホームセンターで朴の木(ほおのき)が安かったのでこれを購入し、ホルダーに合わせて加工。 
・取り付け面の大きさに合わせてノコギリでカット。 
・角をヤスリで削り曲面にする。
・ホルダーの色に合わせスプレーで着色。(壁の色でも良い)
ネジ穴は予めネジより細めの下穴を開け、ネジ頭が埋没する程度の深さをフリードリルで削った。
BOARD2_12_DSC01691b.jpg
(板、カラースプレーは100均でも販売されている。ただし100均スプレーは臭いがキツイ。)



補強板を石膏ボード用ネジ4箇所で固定。 さらにロールペーパー・ホルダーも同じネジ3箇所で固定。
BOARD2_15_DSC01696c.jpg
※ホルダーのネジ位置は以前の穴と若干ずらしてある。
※ホムセンで見比べた石膏ボード用ネジとコーススレッドのねじ山の形状・高さなど違いが分からないので代用可能っぽい。



石膏ボード用ネジ合計7箇所で圧力分散しているので、以前と比較にならない程丈夫に固定された。

以上、作業完了!



◆感想など

ポイントは、補強板をホルダーの大きさと同じにするならネジ頭をしっかり埋める事。 ぶつかってしまうので。
補強は板を使わずアンカーを使う方法もある。 この時はまだアンカー使った経験が無かったので補強板の方法にしただけ。
→ 参考:#66 階段3箇所に手すりを取り付けたの巻!

位置をずらしたくなかったら今回の様に補強板の方法が有効だと思う。(ホルダー固定の壁の穴が以前と同じでも)
もっと強者は、ネジ馬鹿になった穴周辺の石膏ボードを切り外し、付け替え、完全補修したうえで取り付け直すかも知れない(笑) Youtubeの石膏ボード補修は一見の価値アリ。 でも石膏ボードって車でなければ運べない大きなサイズしか売ってないんだよなぁ。 工務店かどこかで端材みたいなの頂けないかな?(笑)

こういう物がグラグラしていると精神衛生上ストレスの元になるのね。 だから一つづつ問題は潰していく。 家にはまだまだストレスの元はあると思う(笑) あ、あったあった!! 雨樋(あまどい)の傾きとか直さなきゃな・・・・


◆活躍した道具たち



ノコギリ(30年以上前、中学時代の技術家庭で購入したもの)
BOARD2_91_DSC02566a.jpg


木工ヤスリ
BOARD2_92_DSC02570a.jpg


電動ドリルドライバー
(2016/8 現在の売れ筋は充電式ドライバドリル 10.8V DF330DWSP 家庭のDIY用途に活躍する)
BOARD2_93_E_DRILL.jpg


ドライバーセット(今回はプラスのみ使用)
BOARD2_94_DSC02971a.jpg



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#60 ビニール素材の二重窓風

2LAY_00_DSC02088a2.jpg
タイトルが何かの料理名みたい(笑)
窓から来る寒さを和らげる試みである。 主にルーバー窓対策。

昨年(2015年)の夏ごろ見つけるやいなや目をつけていた100均のビニール・テーブルクロス。
→ スペック 120x150cm 厚さ0.1mm

我が家の極寒エリアにおあつらえ向きじゃないか!
 「#28 ルーバー窓を密閉されない小細工!」と逆の発想で隙間風を通さない処置(笑)

お金を掛けないヒートショック対策が出来ないだろうか?と考えていたうちの一つである。



◆ただカットして両面テープで貼るだけ

脱衣所でもある洗面所は、トイレと同様ルーバー窓のため微妙な隙間風が冬の時期少々辛いのだ。
このルーバー窓内側には網戸があり、網戸の枠に合わせてカットしたビニール・テーブルクロスを両面テープで止めた。
隙間風の防止に成功!
2LAY_10_DSC02088b1.jpg
(シワにならない様に少し張りながら貼る)


大事なこと!
両面テープは一周切れ目なく貼る
こと。(当然4隅はカットして90度でつなげる)


両面テープは綺麗に剥がせるタイプを選定した。
春、暖かくなったら下半分は剥がして上部で仮止めなどすればいいだろうか?使い捨てにするか?


脱衣所は、記事「#58 あったらいいな!電源ランプ」で触れた極寒エリアで、設置した650wヒーターとの相乗効果で比較にならないくらい暖かくなった♪
2LAY_15_DSC01954a.jpg
(ヒーターは脱衣の30分前などに点けるなどしている。以前の刺すような寒さが嘘みたいだ。)


他の部屋にも展開!

ルーバー窓ではなくとも壁一面に広大な窓があれば外気温がヒタヒタと襲ってくるワケで、同様にキッチン側もビニール・テーブルクロスをカットして貼り付けた。 この場所は窓4枚。 壁に対し窓の面積の割合が大きい。
1枚の窓の中に格子状の仕切り(内側)があって、二重化でそこに空間が出来る感じ。 効果は確実にあるが、しかしまだどこからか冷気が流れ込んでくる。 おそらくアルミサッシから冷気が伝わってくる様だ。(ここ重要!→"感想"で述べる)
2LAY_17_DSC02130a.jpg


更に展開!

で、調子に乗って他の極寒エリアにも手を伸ばしている最中なのだ。 一概に寒さの原因は窓だけでは無く更なる解決策が必要だけれども。 一歩一歩だ!
2LAY_18_DSC02095a.jpg


◆注意!

着手しようとすると事前のこんな作業に時間を要すので、家族が使う空間の場合は前もって知らせておこう。

・窓と周辺(サッシなど)が結構汚れていて清掃にハマる。
・一旦窓を外して下についている車(滑車)のグリス塗布でメンテナンスにハマる。
・網戸の掃除にハマる。(「Seiei あみ戸びっクリーン」での水洗いが非常に簡単&効率的でずっとコレを使っている)

もう一つ大事なこと。
暖房止めて部屋が冷えた状態で作業する必要があるため、それも家族の了解をとって余裕を持って作業すべし!
暖房でアルミサッシの接着面が結露してしまうのだ。



◆感想など

素材そのものほど用途があるという100均素材の有り難みを感じた。(両面テープはホームセンターだけれど)
昔から窓に貼り付けるタイプの市販の断熱系の素材があるけれど、高価な割に寒さを防ぐ効果が全く無かった痛い経験をしていたから。 例えばプチプチシートの類は窓4辺に貼るのだが両面テープは部分的。 これでは気密性が全く確保できない。 他のタイプでフィルム一枚仕様の直接窓に貼るものも試したがまるで効果は無かった。 もう騙されない。
ちなみに今回使った商品はダイソーの厚さ0.1mmのもの。 他でも同類のものを見かけるがそれより薄いものもあり効果が落ちるので止めとこう。 出来る限り厚めのモノを選ぶべし。

アルミサッシについて
そう、アルミサッシから冷気がヒタヒタと漂ってくるのだ。(サッシって?窓枠のアレですよ。)
昨年(2015年)ニュースで知ったのだが日本でお馴染みの「アルミサッシ」はダメダメらしい(笑) (゜ロ゜;)エェッ!?
世界的にその道の業界ではアルミ素材は駆逐される方向なのだと。 樹脂素材に切り替えるなどして断熱性能を確保するのが主流になっているらしい。
何故気が付かなかったのだろう? 日本の住宅は今までヒートシンクをサッシに付けてたのか?って事でしょ(笑) 外気温をガンガン室内へ導いていたワケだね。 これは夏でも問題。
考えればわかる事だった...((((ノ^^)ノ ウヒョヒョヒョ(o_ _)o ドテッ

畳の下にアルミシート!
その他、和室ならそんな手もあるでしょう。 冬限定だけれど機会あれば100均のアルミシート(1畳サイズ)で試したい。



◆活躍した道具

特筆すべきものでもなく、、、

メジャー、定規、油性マジック、ハサミ ・・・ビニールを窓枠サイズに合わせてカット
カッター ・・・ハサミでも良いが両面テープや貼ったビニールの微妙な余りをカット



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。