スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#79 醤油差しのパッキン修理は他力本願で

seal_00_DSC05871_top.jpg
長年食卓で活躍してきた醤油差し。蓋のゴムパッキンが消耗して漏れてしまう状態だったので、オーダーメイドのシリコンゴム・パッキンへ付け替えて醤油差しを復活させたの巻。 



この醤油差し、容器の素材はガラス。重厚で存在感のある質感。古いけれど良いモノだそうで、悪い部分は修理してモノを生かす自分の主義に従った。一時的な「修理費用>買い替え費用」ではあるものの、モノの延命で帳消しになる思考だから廃棄品にはしない。



◆他力本願修理までの経緯

蓋の内側に合わせ、初めは以前作ったパッキンの例と同様に100均で買ったシリコン素材から作ったのだが、大きさ(外径53mm、内径43mm)は判明したものの薄すぎて水漏れは防げなかった。シリコンは厚さ1mmに満たないもの。
seal_10_DSC05797a1.jpg



そこで、少し厚めの1mm近いシリコン素材を3枚重ねたのだが、合計厚さ2.5mm位でも水漏れは防げず失敗。
seal_11_DSC05808a.jpg





ちょっと待て!
厚さだけでなく「重ねる」にも問題があるやも知れない。圧力がかかると重ねたパッキンがズレて気密性が保てない可能性もある。 簡単に水漏れしてしまったので、厚さ3mm以上は必要と想定して厚さ4mmのパッキンを調達する事にしようか。 厚さの根拠は、蓋の閉め始め(掛かり始め)~締め切った位置までの深さが4mm以上ある様だったから。
さて、厚さ4mmのパッキンを作・・・・これは考えても技術が伴わないので諦めた(笑) その素材が手に入ったとしても、綺麗に「筒状のカット」なんで出来る見込みがない。




結局、薄々答えは決まっていた感じなのだが、「ゴム通の eカット」へオーダーする事にした。
こんな風に、素材・形状選択、サイズ入力(前述で何度も測り確定した寸法で)、数量入力をするだけなので簡単。
シリコーンゴムシート<50>を選択した理由は耐久性が良い事に加えて厚生省告示第85号に適合しているから。人の口に入る醤油を扱うのだからね。
seal_12_WS0008a2.jpg



注文から3日目に届いた。流石にオーダー品は綺麗な仕上がり!早々醤油差しの蓋に取り付けるとサイズはピッタリで、元からこのパッキンだった様な馴染み具合。全く漏れは無くなった。
seal_13_DSC05867a.jpg



パッキンは送料含めて1個1000円と一見お高いけれど、醤油差し自体の質とのバランスを考えれば不満もなく直って満足。





◆感想など

補修部品を作るのにゴム系だと厚さに対応するのがちょっと困難なのね。 その点ゴム通さんは便利だ! オーディオカセットメカのアイドラーなんかも精度良く仕上がるのだから。(一度利用してラジカセ直しているけれど記事にはしていない)
大変な時は、ムリな時は、頑なに生み出そうとせず頼っていいんだよ!(笑)



◆活躍した道具たち

オーダー品に頼ったとは言え、寸法の確定に試行錯誤で使った道具たち。


ノギス、コンパス&シャープペン、カッター、マジック、ハサミ、そしてカッター作業マット
seal_90_DSC05818a.jpg


スポンサーサイト
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#64 カセットテープの切り貼り

DSC02602_00a.jpg

オーディオカセットのテープを繋ぎ合わせるのに急遽補助する治具の様なものを思いつきで作った。 商品の梱包材によく使われるPET(ポリエチレンテレフタレート)を適当にカットした簡易的なもの。 ただし、テープを挟まないように少し扱いに注意が必要。 繋ぎ合わせに使う接着テープは昔買ったビデオテープ用のモノがまだあったので代用した。 つか、カセットテープ用なんかあったっけ? 昔は良くセロテープで代用したけれど特にトラブルはなかったなぁ。

コレ作った発端は、親から頼まれたCDからカセットテープへのダビング。 カセットテープA・B両面に同じ曲を収録することにしたのだが、同じ時間だけ後ろに無音部分が余ってしまう。 その区間をカットして曲が終わるとすぐオートストップが働くよう調整したかったのだ。 学生の頃は視力は遠近どちらもバッチリだったし手作業だけで器用にテープの繋ぎが出来たものだが、今は全く出来る気がしない(笑) 道具無しでテープを真っ直ぐに繋ぎ合わせるのは至難の業なのである。 接合がズレたり真っ直ぐでなかったりすると、その付近はテープの走行が乱れるからヘッドのアジマスが狂ってしまうんだな、これが。

ウチは親が今だにカセットテープを使うのだが、それも自分がラジカセを直してしまうものだからCD機に買い換えず大事にしちゃうから。 使っているラジカセは1975年製の「NATIONAL RQ-548」(現パナソニック)。 カセットメカの部品交換とメンテナンス、電子パーツもコンデンサーを半分ほど入れ替えてたしバリバリ現役なのだ。



◆治具の制作とテープ切り貼り

原寸大の図を紙に書き、PETの板を貼り付けてカットする。
テープを通す両端の穴はテープの4mm幅より微妙に大きめ。(中央の大きい穴は接合に貼るテープ用の)
tape1_10_DSC02598a.jpg


完成! 全部で所要30分ほどだろうか?
tape1_11_DSC02601a.jpg


テープを裏を上に引き出し穴に通して中央で真っ直ぐ突き合わせ(重ねない)、テープ裏に接着テープを貼り合わせる。
外す際に挟まないよう少々注意が必要。
tape1_20_DSC02602a.jpg


この通り!元通りに。
tape1_21_DSC02607a.jpg


以上!



◆感想など

正直4mm幅のデリケートなテープを扱うのはトテーモ大変。 テープを外す際に挟んでしまいそうな所は改善の余地はあるけれど、でも、とにかくこれで楽に真っ直ぐに繋げられる。(”ら”抜き言葉撲滅運動(笑))

ラジカセ全盛期の1970~80年代は同様にテープの時間短縮目的で切り貼りしている人は少なくなかったはずだが、がしかしカセットテープ用のスプライサー(接合器具)は見たことが無いな。 それ以前の時代、オープンリールテープならば存在していた様だ。
→ 「オーディオテープ スプライサー」でググる!

ちなみに、スプライサーと言うとオーディオよりも映像フィルムの方がメジャー(いや一般的にはマイナーだけれど・汗)だった。  今のように誰もが動画撮影や編集が出来る時代ではなかった1980年台までは、8mmフィルムによる映像作品を物理的な編集=切り貼りするのが当たり前だったし、フィルムの材質が適度に強度があり構造上オーディオテープなんかより編集に向いていた。 元々フィルム自体が物理的にハッキリとコマ割り(24コマ/秒や12コマ/秒)が見てわかる上に各コマに添ってガイド用の穴があるため、穴をスプライサーにセットしてコマ同士を簡単に接合できるのだ。 自分も8mmなら高校生時代の部活動で扱った経験があるので有り難みを知っている。 (どちらかと言うと各コマの確認が簡単なエディターの方を多用していたかも?遠い記憶だ・・・)

これがフィルム接合用のスプライサー。一発カチ!でフィルムが繋がる便利なモノ。
tape1_30_IMGP7267.jpg
(出典:みんな、まとめて面倒みます。 [小型映画ミニミニ博物館]

ひと手間必要なところがアナログ媒体らしいところですなぁ~(笑)



◆活躍した道具たち

言わずと知れたコレらです。
tape1_90_DSC02608a.jpg

(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#60 ビニール素材の二重窓風

2LAY_00_DSC02088a2.jpg
タイトルが何かの料理名みたい(笑)
窓から来る寒さを和らげる試みである。 主にルーバー窓対策。

昨年(2015年)の夏ごろ見つけるやいなや目をつけていた100均のビニール・テーブルクロス。
→ スペック 120x150cm 厚さ0.1mm

我が家の極寒エリアにおあつらえ向きじゃないか!
 「#28 ルーバー窓を密閉されない小細工!」と逆の発想で隙間風を通さない処置(笑)

お金を掛けないヒートショック対策が出来ないだろうか?と考えていたうちの一つである。



◆ただカットして両面テープで貼るだけ

脱衣所でもある洗面所は、トイレと同様ルーバー窓のため微妙な隙間風が冬の時期少々辛いのだ。
このルーバー窓内側には網戸があり、網戸の枠に合わせてカットしたビニール・テーブルクロスを両面テープで止めた。
隙間風の防止に成功!
2LAY_10_DSC02088b1.jpg
(シワにならない様に少し張りながら貼る)


大事なこと!
両面テープは一周切れ目なく貼る
こと。(当然4隅はカットして90度でつなげる)


両面テープは綺麗に剥がせるタイプを選定した。
春、暖かくなったら下半分は剥がして上部で仮止めなどすればいいだろうか?使い捨てにするか?


脱衣所は、記事「#58 あったらいいな!電源ランプ」で触れた極寒エリアで、設置した650wヒーターとの相乗効果で比較にならないくらい暖かくなった♪
2LAY_15_DSC01954a.jpg
(ヒーターは脱衣の30分前などに点けるなどしている。以前の刺すような寒さが嘘みたいだ。)


他の部屋にも展開!

ルーバー窓ではなくとも壁一面に広大な窓があれば外気温がヒタヒタと襲ってくるワケで、同様にキッチン側もビニール・テーブルクロスをカットして貼り付けた。 この場所は窓4枚。 壁に対し窓の面積の割合が大きい。
1枚の窓の中に格子状の仕切り(内側)があって、二重化でそこに空間が出来る感じ。 効果は確実にあるが、しかしまだどこからか冷気が流れ込んでくる。 おそらくアルミサッシから冷気が伝わってくる様だ。(ここ重要!→"感想"で述べる)
2LAY_17_DSC02130a.jpg


更に展開!

で、調子に乗って他の極寒エリアにも手を伸ばしている最中なのだ。 一概に寒さの原因は窓だけでは無く更なる解決策が必要だけれども。 一歩一歩だ!
2LAY_18_DSC02095a.jpg


◆注意!

着手しようとすると事前のこんな作業に時間を要すので、家族が使う空間の場合は前もって知らせておこう。

・窓と周辺(サッシなど)が結構汚れていて清掃にハマる。
・一旦窓を外して下についている車(滑車)のグリス塗布でメンテナンスにハマる。
・網戸の掃除にハマる。(「Seiei あみ戸びっクリーン」での水洗いが非常に簡単&効率的でずっとコレを使っている)

もう一つ大事なこと。
暖房止めて部屋が冷えた状態で作業する必要があるため、それも家族の了解をとって余裕を持って作業すべし!
暖房でアルミサッシの接着面が結露してしまうのだ。



◆感想など

素材そのものほど用途があるという100均素材の有り難みを感じた。(両面テープはホームセンターだけれど)
昔から窓に貼り付けるタイプの市販の断熱系の素材があるけれど、高価な割に寒さを防ぐ効果が全く無かった痛い経験をしていたから。 例えばプチプチシートの類は窓4辺に貼るのだが両面テープは部分的。 これでは気密性が全く確保できない。 他のタイプでフィルム一枚仕様の直接窓に貼るものも試したがまるで効果は無かった。 もう騙されない。
ちなみに今回使った商品はダイソーの厚さ0.1mmのもの。 他でも同類のものを見かけるがそれより薄いものもあり効果が落ちるので止めとこう。 出来る限り厚めのモノを選ぶべし。

アルミサッシについて
そう、アルミサッシから冷気がヒタヒタと漂ってくるのだ。(サッシって?窓枠のアレですよ。)
昨年(2015年)ニュースで知ったのだが日本でお馴染みの「アルミサッシ」はダメダメらしい(笑) (゜ロ゜;)エェッ!?
世界的にその道の業界ではアルミ素材は駆逐される方向なのだと。 樹脂素材に切り替えるなどして断熱性能を確保するのが主流になっているらしい。
何故気が付かなかったのだろう? 日本の住宅は今までヒートシンクをサッシに付けてたのか?って事でしょ(笑) 外気温をガンガン室内へ導いていたワケだね。 これは夏でも問題。
考えればわかる事だった...((((ノ^^)ノ ウヒョヒョヒョ(o_ _)o ドテッ

畳の下にアルミシート!
その他、和室ならそんな手もあるでしょう。 冬限定だけれど機会あれば100均のアルミシート(1畳サイズ)で試したい。



◆活躍した道具

特筆すべきものでもなく、、、

メジャー、定規、油性マジック、ハサミ ・・・ビニールを窓枠サイズに合わせてカット
カッター ・・・ハサミでも良いが両面テープや貼ったビニールの微妙な余りをカット



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#56 コードレス電話のトラブルの顛末~電話機のボタン隠し

TEL1_00_DSC00910a2.jpg

TEL2_14_DSC00904b.jpg

お題は2つなのだ ||:3ミ
「コードレス電話機のトラブルの顛末」
「購入したコードレス電話機の未使用ボタン隠し」


きっかけは、
ある日家の固定電話機が「うるさくなった!見て欲しい」と母からのS.O.S.。
確認したところ、

症状a・・・親機の呼出音のパターンが変わってしまった!→音量ではなくパターンの問題だった
症状b・・・3台の子機のうち1台だけ通話不能

説明書では解決せず再設定は一時断念。 結局、新品を買った後にトラブルを解決したお話。
そして新たに買った電話機は高齢の両親が使えるようにちょっと工夫したお話。

なのだ ||:3ミ


◆コードレス電話のトラブル~復旧

一夜にして何故こうなったのかは不明。
「親機の呼出音パターン異常」
「子機1台のみ通話不能」

長らくお世話になっている電話機はコレ。
TEL1_06_DSC00910b3.jpg

パイオニア 省電力コードレス電話【システム名 TF-KJ704】 ・・・製品名
親機 TF-LU43
子機 TF-FK51 x3台

2003年6月ヤフオクで手に入れたのだが、説明書をざっと見たところ 1997年という記述があるから恐らくその年の製品なのだろう。 インターネット黎明期だ。 なんと齢18年くらいと判明(笑)


~ [症状a]呼出音のパターン異常について ~

前述の通り呼出音のパターンが変わっただけだった...のだが。

今まで設定していた呼出音パターン(説明書より)
 ルルルルル(1秒ちょっと) ~2秒無音~ ルルルルル(1秒ちょっと) ~2秒無音~

変わってしまった呼出音パターン(鳴っている時間が異様に長い)
 ルルルルルルルルルルル(5秒ほど?) ~2秒無音~ ルルルルルルルルルルル(5秒ほど?) ~2秒無音~

母の耳に合わせて音を最大にしていたため、鳴る時間が長い=「うるさくなった!」という表現は間違ってはいなかった。例えばもし「アララギ」さんが「アラララララララララララギ」さんと呼ばれたら耳障りなのと似ている...かも。

説明書P.77ではその症状のパターンは無い。
TEL1_10_77a.jpg


試したこと!

[呼出音のパターンを一度他へ変え、元へ戻してみた]
→ 正しい呼出音に戻らず

[リセットボタンで工場出荷状態へ戻してみた]
説明書P69によると、背面のリセットボタンにより、「呼出音などの設定はお買い上げ時の状態へ戻ります」とあるが。
→ 正しい呼出音に戻らず

万策尽きたと思ったのだが・・・
ところが後日勝手に直っていた!

新品のコードレス電話機を購入し入れ替えた事により、
電源&電話線を外し放置した結果
→ 呼出音は元に戻った!

丸一日以上放置していたのだが、どうやら約2時間過ぎていればいいようだ。(以下説明)
リセット効果になるらしい。

ここに惜しい説明があるのだが、
  P.69 「停電のときは」
  → 「約2時間以上停電し電話機コードもはずれていたときは」

様々な設定し直しの手順のみ。「リセット」のキーワードも無いし実行に至らなかったのだ。
(子機側はバッテリー外し=リセット法としては載っているのにね)

古いPioneerコードレス電話をお持ちの皆さん、試してみては?


~ [症状b] 子機1台の通話不能について ~

親機が子機の認識をしなくなったと言う事らしい。
再設定をしたいのだが、増設子機設定の説明がどこにも無い! 古すぎてメーカーサイトにも情報は無い!
ググってみると、該当していそうな手順を2つ見つける事ができた。 これは!

北の電話男
 子機増設登録操作方法(パイオニア アナログコードレス)
Yahoo知恵袋:
 固定電話機(パイオニア製)の親機と子機を連結させる... (テキスト抜粋)

主な操作はこの2つらしい
・増設登録 ・・・親機へ子機1台づつ登録
・増設取り消し ・・・親機から全ての子機登録を解除

上記リンク手順をもとに、

[増設登録] を実行
→ 何故か親機が操作を受付ない・・・参考しつつ作った説明書では 1-3.”番号が使用できません”のところ

こうなると「増設取り消し」~「増設登録」で3台とも再登録をやるべきなのだが、その拒否された原因が分からないし出来る保証が無い。私自信の暇もあまりないし、結局新たな電話機を購入する事になった!

もう再設定はどうでも良くなった訳だが(笑)
気が収まらないので、新しいコードレス電話機が納品された後に改めて処置を再開する事にした。 すると、

「増設取り消し」~「増設登録」を実行
→ 3台ともあっさりと再登録できてしまった!3台とも通話OKである。



以上、トラブルはスッキリ解決。 まぁ、新品買っちゃったけどね(笑)

折角なので、増設子機の設定操作を色々と試して編集した別版を作ったので、取扱説明書(スキャンした自炊版)と一緒に作成したPDFファイルをここへ置いておこう。
TF-K70 取扱説明書(自炊版) ・・・TF-K70, TF-K703, TF-KJ704
TF-KJ704 増設子機の登録・取り消し操作 (まだ説明不完全)
 ※メーカーから警告されたら公開やめます(笑)
 ※製品マニュアルを無断で印刷物として販売するおバカなHPを見かけますがこのファイルをその様なところへ渡さないで下さい。


ちなみに、新品を買った後の事なので直った事は親に言っていない(笑)





◆新しい電話機を購入、ボタン隠し


前述の通り、トラブル対応の合間で結局は新品のPioneer デジタルコードレス電話機 TF-SA70T-N (子機3台付き )を買った。

今まで使い易かったこの「子機ボタン3つ」
こういう直感的なものが良いのだが、、、
TEL1_15_DSC00910b2.jpg

それが今どきの電話機には見当たらず、ほとんどが「内線」+「数字ボタン」の2段階が主流。
そして、我が家では日常使わないボタンがいっぱい。
高齢の両親には説明できないし、誤っていじってしまうと面倒なのだ。
TEL2_00_DSC00886a.jpg

それらを何とか隠してしまおう、てな訳である。まず紙で範囲を決める。
TEL2_10_DSC00888a.jpg

材料は、、、CD・DVD用の薄いプラケース(上)が適当だ。
TEL2_11_DSC00889a.jpg

こんな風にカット&研磨する
TEL2_12_DSC00892a.jpg

開閉したいので、3Mのこのテープを左側に貼り付ける。
屋外でも使える耐候性のもので、何年たっても粘着力が落ちない素晴らしいテープ。
TEL2_13_DSC00900a.jpg

これこの通り! 押してほしくないボタンをガードする。
TEL2_14_DSC00904a.jpg

最後に、テプラで子機通話の説明を貼って終了!
2ステップになった事は理解してもらえた(汗)
TEL2_15_DSC00907a.jpg


以上!


◆感想など

最近、家の色んなモノが使命を全うしてしまい買い替えが続いている。
テレビ、アルカリイオン整水器、今回の電話機。 なんと、テレビも電話機も新品を買った後で復活に成功してしまっている。
S.O.S.を受けて一刻の猶予も許してくれないのが困るんだな。
今回の電話機につては増設子機の説明書が無くて、オークションで入手したリスクが出てしまった感じだ。 
それにしても、増設子機の設定手順をまとめ公開されてた方がいて本当にありがたかった。
ニッチな情報ほどお宝だ。

後日談。
一週間以上が経ち、親はいまだに子機の通話「切」を覚えない。こんな感じですから(笑)


2015/7/1 記事追加
親機は普段家族が使いやすい場所にあるものだから、その場所だとアレコレ落ち着いて試す事が出来ない。 なので上述のトラブル対応については改めて自室に持ち込み、接続元のISDN対応ルーターYAMAHA RT58iの開いてる2番目のポートへ繋げ直し、落ち着いて思う存分いじっている。 電話番号2つ目のIP電話の方を一時的に2番目に切り換えて新品の1番目に影響しないでアレコレ試せて便利だった。 という環境を持っていたのでした。
TEL2_20_DSC01120a.jpg
(デジタルISDNだけじゃなくてアナログ入力もできる。2015/9時点、中古価格5000円(送料含め)くらいで販売中。)

西暦90年代後半、アナログ回線のADSLが出始める前にISDNに切り替えていて電話&ネットの2回線同時使用の恩恵を受けていた流れがあって(アナログ回線だとネット利用は通話と切り換えて使うしかない)、そこからYAMAHAルーターにお世話になっている。
ISDN対応ルーターは、契約無くとも電話番号表示に対応したり、着信拒否の番号登録をブラウザ画面からガンガン入力できたり、電話機の設定をせず(電話機を交換しても機能を維持できる)とても便利なのだ。
今はこの光通信FTTH対応のRT58iを2008年から7年間使っていて、非常に安定している。(バックアップ様に3000円で中古をもう1台買ってあるが壊れる気配もなく・・・)

ISDNは今更どうなのだろう?と思われるかも知れないが、当然のことながらマイライン(NTT Communicationのプラチナ・ライン)契約済だから電話料金の負担は感じない。 加えて、ネット側のNTT光「Bフレッツ」&プロバイダー「ぷらら」の組み合わせで可能なIP電話「ぷららフォン」契約。 このVoIP対応ルーターお約束の裏ワザでIP電話設定もしているから、県外の通話はコチラで安く済む。(ルーターでは頭に0#付けて掛けるとIP電話番号で通話となる設定) こんな事が出来るYAMAHAのルーターは手放せない。



◆活躍した道具たち

OLFA ホビーのこ 167B 、プラスチックカッター
TEL2_90_DSC00901a.jpg

紙ヤスリ(#120を使った)
TEL2_92_DSC00905a.jpg





(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

#40 風呂場の床タイルの目地を修復

meji_00_IMG_6970a.jpg
2014/8/20 記事追加

風呂場のタイルの目地を3日がかりで修復! 最後の丸1日は乾燥だけね。
広さは 80cm x 110cmの決して広くはない面積だけれど、経験が無いから「大胆かつ繊細に」の大胆が出来なかった。 それと、古い目地を削る道具の選択を誤ったため時間が掛かってしまった。
慣れれば作業1日、乾燥1日の2日間で済むかも知れない。

今回の修復作業の肝はタイルのマスキング。
普通は目地材をそのまま(マスキングせず)溝に埋め、タイルに残った目地材を手早く拭き取る。
がしかし、WEB上の経験者談を調べると、タイルにハミ出た目地材の拭き取りに苦労している様子をみかける。
うちはタイルが正方形かつ一定で大きめ(約10cm x 10cm)だったので、綺麗に仕上げるマスキングを選んだ。
引き換えに4時間も要してしまった。
プロには笑われるけれど、いいのだ!早さを追求する必要は無いのだ。

作業を終えて先に感想を述べると、小学生の図画工作の様だった。
目地塗りをじっくりと綺麗に仕上げていく感覚は、造形物の作品の出来栄えに満足するかのよう。
楽しく作業が出来ればいいと思う。


◆気がつけば横ハマ・・・横縦の方向にたくさん欠けが!!
ある日何の気無しに風呂の床に目を凝らして見たところ、異常に気が付いてびっくり! 目地がボロボロだ!!
どこかで部分的には気がついていたが、その症状が広がっていたなんて。

しばし思案し詰んだ。
早急かつ自力でやらねばならない!

・こんなの放置しちゃまずいでしょう。(タイルの下地が心配だ。その修復はやりたくない。)
 ↓
・プロに依頼したら万札が飛ぶでしょ?(相場は知らないけれど。)
 ↓
・こんなモノ自分で出来ない事は無いでしょ?
 ↓
・間もなく猛暑がやってクルーーーー!! 作業が大変。
 ↓
・直すなら今でしょ!!

修復方法をネットで調べ、材料・道具の調達に走った。


具体的にタイルの目地を直すとは?
WEBで確認したところ、おおよそこんな段取りだった。

・古い目地は削る・・・状態の悪いまま埋めても剥がれる可能性が大きい
・湿った状態で目地材を埋める・・・目地材をしっかり付着させる
・修復した目地は十分感想させる・・・使用に耐える状態にする


目地材を買う
目地材は近所のホームセンターに訊いた。思い立ったら吉日!
風呂場なら壁でも床でもこれで良いらしい。(セメダイン㈱にも確認済み)
一箱500gで1~1.5平方メートルが目安のため、現場の0.8x1.1mなら一個で十分と判断。
「施工後12時間で硬化」とある。素人には速乾よりこの位余裕があった方が失敗しないだろう。
価格は348円(税抜き)だ、安い!!
meji_01_IMG_6969a.jpg


準備として重要なのがタイル目地削り。古い目地を削る道具。
ただし今回は使わず。
meji_06_IMG_7095a.jpg
この存在に気付くのが遅く、目地修復後にホームセンターにて購入した。(次回のために)
WEBで調査したDIYの例ではドライバーなど有りモノで対応していたものばかりだったため、自分も真似したのだった。
ドライバーの先が削れて原型を留めなくなるので真似しないこと! ああ失敗!



◆目地の修復(1日目)

準備(前夜)
・最後の風呂上がりで床&目地をシッカリ清掃。自分はカビ取りスプレーを使った。
・そして、バスタオルで床の水分を拭き取る。 ・・・マスキング目的
・朝まで換気扇をかけっぱなしにして終了! ・・・マスキング目的


当日
目地全体を削る。完全でなくともとにかく全体を削る。
meji_04_IMG_6976a.jpg


専用の工具でないとこういう事になるのだ。元マイナスドライバー(笑)
meji_08_IMG_7001a.jpg


そしてタイル全てをマスキング。
(カッターはテープを浮かせて切る。ハサミの方がキズ付ける心配はないかも。)
マスキングテープは「粗面用 得々シーリングテープ4本入り」を購入し、2本目ちょっとを使用した。
meji_09_IMG_6998a.jpg
実は、タイル全体を囲むマスキングテープを貼り忘れている(笑)
翌日気がついて貼った。


普通はこんな事しませんよー(笑)目地材を塗り込んでタイルを拭きまくるのがセオリー


朝9時から始めてすでに夕方!家族が風呂に入るために保護の処置をしなければ。
マスキングテープを維持したいので100均のレジャーシートで覆った。
ビニールテープで周囲の壁に貼り付け、排水口だけに水が落ちる様にセット。
(ビニールテープは透明のやつ。新しいものが良いでしょう。他はノリが残るものがあるので要注意。)
meji_10_IMG_7010a.jpg


風呂を使い終わったら
・レジャーシートの水分は拭き取り、シートは取り除く
・床の水気を拭き取る。
・換気扇を朝までかけっぱなし・・・マスキング保持のため

1日目、終了~!
目地削りに4時間、マスキングに4時間もかかってしまった。
工具が悪かったのと、不慣れが原因。



◆目地の修復(2日目)

床は乾燥している。
前日、マスキングテープが若干剥がれているところを貼り直し2日目の作業を開始。

目地材の調合は「目地材500gに対して水150~106cc」とある。
具合を確認のため、半分以下の「目地材150gに対し水50cc」で練り合わせた。
あまり水っぽいよりも「粘土」に近い感じに調整 2015/12/4追記
目地材を運ぶのに使用するのはちょっと大きめのスポイト。100均の灯油関連コーナーにあったもの。
当時はこうしたが小さいヘラで取って塗る方法で良い 2015/12/4追記
meji_15_IMG_7026a.jpg



先に目地材を埋める範囲の溝に水分を微量吹き付けておき、それから目地材を埋める作業を行う。
・スポイトで目地材を埋めていく。・・・当時はこうしたがヘラに盛り埋めていく方法で良い 2015/12/4追記
・目地材をしっかり埋めるためにヘラを突っ込み気泡を追い出す。
 ↓
・ならして整える。
meji_17_IMG_7035a.jpg


十字部分は四方が盛り上がってしまうので、交差点から四方に押し出す感じでならしてみた。
注)普通こんな小さなヘラは使わないが、マスキングから外さず細かく補修する事を選んだ。
meji_18_IMG_7040a.jpg


全体を埋めたら、一時的に乾燥を早めるために扇風機を利用した。
meji_19_IMG_7053a.jpg


2時間経過した頃、乾燥途上だがマスキングは取ってしまう。
大量に出るクズは速やかに掃除機で吸い取る。(ノズルは溝に当たらぬ様注意。)
meji_20_IMG_7056a.jpg


ダンボールに乗りながらの作業(笑)
meji_21_IMG_7062a.jpg


微妙にタイルに飛び散った目地材を濡れタオルで拭き取る。
meji_22_IMG_7066a.jpg


よく全体を見ると、目地材を塗りこんだ際に気泡が残り穴が出来てしまった箇所があった。
meji_23_IMG_7074a.jpg


速やかに穴に目地材を入れ込み(軽くたたき)、ならす。
そして扇風機で修復場所へ風を当てる。
meji_24_IMG_7082a.jpg


ここで2日目の作業終わり。
床いっぱいにダンボールを敷き直接目地に圧力を掛けない工夫をしたうえでカバーを掛ける
試しに100均のバイクカバーを使ってみた。(昨晩の様にビニールテープ止め)
meji_25_IMG_7085a.jpg


2日目、終了~!
この通り、風呂場はいつも通りに使えるのだ♪
風呂を使い終わったら、昨夜同様に床を乾燥させる。
・カバーの水分は拭き取り、ダンボールと一緒に除去する
・床の水気を拭き取る。
・換気扇を朝までかけっぱなし




◆目地の修復(3日目)

昨夜から6時間は経過しただろうか。
換気扇に加え、朝から扇風機で床の空気を流し乾燥を早める。夕方までこのまま放置!
meji_28_IMG_7087a.jpg


 ~夕方まで放置!~


夕方、昨夜からの乾燥を含めて18時間以上はかけた。もう実用に耐えるだろう。
念のため、使用前に目地全体にロウを塗った。 →今はコレ続けていない。中途半端に残ると汚れが付くみたい。
事後処理でブラシで清掃するより、事前に汚れを回避できればベターだと思う。
meji_29_IMG_7141a.jpg
修復によって一旦綺麗にすると、ずっと綺麗でいて欲しいという思いがとても強くなるものだ。

3日目の夕方、作業完了である♪


◆ところで、何故目地がボロボロに欠けていたのか

タイルの目地は扱いに注意せねばならないそうだ。
・セメント系目地は酸性洗剤に弱い。もし洗浄に使う場合はしっかり流さねばならない。
・頻繁にブラシで力をかけて洗うと摩耗が早い。→これが一番マズイらしい

そんな事、全く知りませんでしたよ。
ここ数ヶ月は頻繁にゴシゴシ洗っていました。私が悪うございました(泣)
そして、セメダイン㈱に目地材の話を訊いたときにヒントをいただいた。

目地材はわざと強度の弱いものにしているらしい

理由、
僅かな家のゆがみなどの時に、タイルに大きな力がかからない為にはタイルと同じ硬さではダメなんだと。
つまり、モロさゆえに掃除には気を使うし消耗品と考えるべきだと理解した。
なるほど!


◆感想

1日で終わらない作業であるし、未経験の事だから、
事前に段取りをしっかり想定して材料と道具は漏れなく用意したつもり。
心身のためにミネラルウォーターとラジオも用意した。
初日の作業が手間取り焦ってしまったが、最後、想像以上に綺麗に仕上がったので安堵した。
目地材は長時間で硬化するタイプを選択して良かったと思う。
かかった費用は3000円程度だろうか?
さて、どの程度費用が浮いたのだろう?
これも満足度の1つね(笑)


◆材料、道具

1日目
・タイル目地削り
・ハケ(目地削り後の掃除)
・掃除機(目地削り後の掃除)
・マスキングテープ(うちはタイルが細かい凹凸のため粗面用にした)
・カッター
・レジャーシート
・ビニールテープ

2日目
・目地材(セメダイン タイル目地材 箱 500g 白 HJ-114
・計量カップ(メモリの数値は、目地材の量を考慮して)
・スポイト(大)(100均の灯油関連コーナー) ・・・適当な大きさのヘラで良い 2015/12/4追記
・スプーン(プラスチック製、100均)
・スプレー(目地材を塗布する箇所へ水を吹き付ける、100均)
・ヘラ(大きさは作業方法に合わせる。自分は接着剤添付品を利用)
・扇風機
・ゴミ袋(乾燥した目地材のゴミの掃除)
・ダンボール(目地を痛めないため床に敷く)
・濡れタオル、またはウェットティッシュ(タイルの余分な目地材を拭き取る)
・レジャーシート
・ビニールテープ
・タオル(床の水気を拭き取る)

3日目
・扇風機
・ロウソク(これはお好み。目地に塗る)


◆その後のタイルのお掃除 ・・・2014/8/20 記事追加

何しろタイルの目地は消耗品。
小まめにブラシでこすらず、たまにカビ取り剤の力でガツン!と汚れを落とすのがベター。ブラシは優しく。
自分はダイソーのこれだが、意外にも強力。(詰め替え用は400ml)
他の製品同様、酸性の製品と混ぜて揮発する気体を吸い込まない様注意が必要だ。
meji_30_20140820_115621a.jpg
2014-9-20 記事追加
ダイソーのソレが製造終了してしまったらしく(店員さんの話)販売していない。
100均ならセリア、その他のスーパならトップバリュで400mlの税抜き価格が119円だった。
2014-10-01 記事追加
ローソンストア100でも販売中だった。


こんなローテーションになりつつある。
<毎日>
○入浴最後に温水シャワーを強めにタイルに当てつつ、手でなでて流す。・・・効果大
 (夏、熱気が気になるなら冷水シャワーをかける)
○タイル全体の水気を、手で(ヘラの様に)排水口へ流し出す。・・・早めに乾く!
○換気扇をかける。(スイッチはタイマー式に換えてあり2時間かけ、あとは窓で自然換気。)

<週一>
○入浴最後、カビ取りスプレーをタイル全体にかけ5分ほど待ち(風呂に浸かりつつ)、軽くブラシでこすり洗い流す。
 (ブラシの重みx2で洗う感覚)
○タイル全体の水気を、手で(ヘラの様に)ワイパーで排水口へ流し出す。・・・早めに乾く!
○換気扇をかける。

<月一>
”週一” 同様の掃除を行った翌日、目地全体にロウを塗る。・・・今は様子見でやめている 2015/12/4


<毎日> ・・・2017/10/15 記事追加(改定)
段々と、最小限で効率的なやり方に変わってきて、最近では入浴最後に温水シャワーを当てながらスポンジで洗浄。(四方の壁も目線の高さまで洗う)
カビ取りスプレーはほとんど使用しなくなった。半年に一度くらいだろうか。


せっかく綺麗になった目地だから、綺麗な状態は維持していきたい。
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。